ITコラム

column_main_26978

スキルアップ

2021.06.24

Webエンジニアへの転職におすすめの資格を教えます【未経験者必見】

この記事の監修者
山口 良
山口 良

人材紹介事業部のRA(Recruting Advisor)として、クライアントの採用コンサルや、CA(Career Advisor)として、求職者の支援も行っております。就職・転職は人生の分岐点だと思いますので、皆様の挑戦・第一歩の後押しができればと思っています。

Webエンジニアになるために資格は持っていた方が有利?どんな資格がおすすめ?といった疑問にお答えします!HTML5プロフェッショナル認定試験や基本情報技術者など、プログラミングに必要なスキルを身につけられる資格やその勉強方法を解説。キャリアアドバイザー直伝のコメントは未経験者必見です。ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2021年6月24日

目次

1. Webエンジニアとは
2. 【キャリアアドバイザーが直伝】未経験からWebエンジニアへの転職には資格が有効
 2-1. 知識・技術を満遍なく学習したことを証明できる
 2-2. 地道に学習をコツコツ続ける能力を示せる
 2-3. スキルを体系的に身につけられる
3. Webエンジニアの就職に有利な資格6選
 3-1. 選定基準
  3-1-1. 中長期的に役立つスタンダードな知識が身につくかどうか
  3-1-2. 企業から資格手当が支給されるケースが多い資格かどうか
  3-1-3. 国家資格を重視
 3-2. 基本情報技術者試験
 3-3. 応用情報技術者試験
 3-4. HTML5プロフェッショナル認定試験
 3-5. Oracle認定Javaプログラマ
 3-6. Ruby技術者認定試験
 3-7. PHP技術者認定試験
4. 【初心者・未経験者向け】最初に学習するならどの資格取得を目指すべき?
 4-1. 【前提】公的機関や金融機関の開発案件に興味があれば「国家資格」
 4-2. HTML5プロフェッショナル認定試験
  4-2-1. HTML・CSS・JavaScriptの基礎を網羅的に学べる
  4-2-2. JavaScriptを学ぶことでNode.jsの学習にも活かせる
  4-2-3. HTML5プロフェッショナル認定試験の勉強方法
5. Webエンジニアになるには資格よりまずはスキルが必要
 5-1. 即戦力として働けるかどうかがポイント
 5-2. 学習とポートフォリオ作成の優先度が高い
6. 未経験からWebエンジニアになるにはプログラミングスクールがおすすめ
7. まとめ

1. Webエンジニアとは

Webエンジニアとは、主にWeb上で利用されるサービスに携わる技術職のこと。
スマホやWebサイトなどで利用されるシステムやアプリの開発や設計、プログラミングなどが主な仕事内容になります。

設計、プログラミング、保守など、その業務内容は多岐に渡り、範囲によってフロントエンジニア、バックエンドエンジニア、インフラエンジニアに分かれています。

 
フロントエンドエンジニア
ユーザが目にする表の部分(フロントエンド)を、HTMLやCSSを駆使して作るWebエンジニア。

バックエンドエンジニア
情報が格納された「データベース」から情報を取得し、フロントの裏側で動くロジックを開発するWebエンジニア。

インフラエンジニア
Webシステムを動かすためのインフラ(基盤)を設計、構築、運用するWebエンジニア。
 
さらにくわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

▲目次へ戻る

2. 【キャリアアドバイザーが直伝】未経験からWebエンジニアへの転職には資格が有効

未経験からWebエンジニアになるためには、やはり資格が必須なのでしょうか?
いいえ、必ずしも資格が必要というわけではありません。やはりWebエンジニアにはまずはスキルが必須です。ですが、資格を有していると書類選考などの場面で有利であることも事実なんですよ!

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

ここではなぜ、未経験者の就活において資格取得が有効であるかをご紹介していきたいと思います。

▲目次へ戻る

2-1. 知識・技術を満遍なく学習したことを証明できる

資格を保有していると、採用担当者に知識・技術を満遍なく学習したことを証明することができます。
プログラミングスクール卒業などの経歴は、スクールによってレベルに差が出てしまいがちなため、評価に繋がりにくいケースもあります。
その点、資格取得は合格していることで一定の基準を満たしていることを証明しやすく、採用担当者にスキルを有していることをアピールしやすいのです。

例えばスクールでの学習と合わせて資格を取得していると、「他の人より頑張っていて資格をとれる知識も備えている人」という印象にもなるため、書類選考が通りやすくなることもありますね!

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

▲目次へ戻る

2-2. 地道に学習をコツコツ続ける能力を示せる

IT業界はトレンドの変化が早く、就職や転職をしたあとも継続的に学習することが求められる業界です。
資格を取得していると、スキルの証明とともに、目標の達成に向けて地道に学習をコツコツ続けられる能力があることを示すことが可能に。
採用の場では、資格の難易度よりも資格取得までの一連のプロセスを評価してもらえることも多いため、資格取得は転職にとても有効なのです。

スクールの勉強と並行して資格取得をしていれば、「この人はスクール以外でも頑張ったんだ」という姿勢を採用担当者にアピールできます。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

▲目次へ戻る

2-3. スキルを体系的に身につけられる

そもそも資格取得のための学びは、Webエンジニアに必要とされる知識の習得に繋がっているため、スキルを体系的に身につけられるというメリットがあります。
実務経験ゼロからWebエンジニアを目指すのであれば、基礎的な知識をしっかり身につけることができるでしょう。

資格取得のための勉強を進める中で、自身の知識不足な分野を知ることもできますよ!

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

▲目次へ戻る

3. Webエンジニアの就職に有利な資格6選

では、具体的にはどのような資格がWebエンジニアの就職に有利な資格なのでしょう。選定基準と共に以下にまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

3-1. 選定基準

WebやITに関する技術を示す資格はたくさんあります。
その中からおすすめの資格を選定するにあたり、どんなことを基準としたかを下記にてご紹介します。
おすすめした資格以外の受験を検討する際も、下記の基準を参考に資格の内容を確認すると、自分にとって有益かどうか判断しやすくなりますよ。

▲目次へ戻る

3-1-1. 中長期的に役立つスタンダードな知識が身につくかどうか

資格取得は、すでに確立されたスタンダードな知識を学ぶため、中長期的に役立つスタンダードな知識を身につけることができるものを選定しましょう。

IT業界はトレンドの変化が早く、特にAIやブロックチェーン、VRなどの分野ではデファクトスタンダードと言える技術が必ずしも確立されていません。
そのため、市場環境や開発環境の変化が激しい傾向があります。

TensorFlowを活用した機械学習や、イーサリアムにおけるスマートコントラクト開発に関心があるならば、資格取得よりもまずはコードに触れて簡単なアウトプットを作ることを目指すと良いでしょう。

▲目次へ戻る

3-1-2. 企業から資格手当が支給されるケースが多い資格かどうか

企業によっては、資格を取得することで資格手当が支給される場合があります。
資格手当とは、企業が指定した資格を持っている人に対して、毎月の給料にプラスして支払われる金銭のことです。
例えば、応用情報技術者試験の合格者には企業から資格手当が出るケースがあります。

企業は資格手当を支給することで従業員に学習を促すとともに、たくさんの資格所有者がいる企業として、信頼感を得られるメリットがあります。

資格手当が支払われるということは、企業がその資格を持っている人を求めていることの現れでもありますから、採用段階で企業の推進する資格を有していると、就職や転職に有利になるでしょう。

▲目次へ戻る

3-1-3. 国家資格を重視

出典:試験区分一覧|IPA

IT関連の試験は、大きく分けて「ITを利活用する人向けの試験」「情報処理技術者向けの試験」「サイバーセキュリティを推進する人材向けの試験」という3種類があります。

上記の画像で紹介されている資格はいずれも国家試験または国家資格であり、合格することで高度IT人材として客観的な評価を得られます。

また、公共機関のIT関連職種や警察機関のサイバー犯罪関連職種などの人材募集では、応募資格の1つとして扱われるケースも。

そのため、国家資格レベルでの高度IT人材としての評価を得たい場合や、公共機関のIT職種に申し込みたい方は取得しておくとよいでしょう。
国家試験となっているIT関連の試験はたくさんありますが、本記事では主な資格である「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」をご紹介します。

▲目次へ戻る

3-2. 基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITエンジニアのスタート地点とも言えるような試験で、ITについて幅広く学ぶことができるためおすすめです。
期待される技術水準としては、試験対象となる業種や業務に関する基本的な事項を理解した上で担当業務に活用できることや、上位者の指導の下にソフトウェアを設計し、方針を理解したうえで自らソフトウェアを開発できることなどが求められています。
情報処理試験の中ではレベル2に該当する試験で、情報系未経験者にとってはやや難しいものの、独学で合格できる難易度となっています。

午前 午後
試験時間 9:30~12:00(150分) 13:00~15:30(150分)
問題数 出題数:80問
解答数:80問
出題数:11問
解答数:5問
出題形式 多肢選択式(四肢択一) 多肢選択式
申し込み受付日程 春期:1月半ば~2月半ば
秋期:7月半ば~8月半ば
試験日程 春期:4月第3日曜日
秋期:10月第3日曜日
受験料 5700円

出典:基本情報技術者試験|IPA

▸参考記事:
基本情報技術者試験の合格率は?難易度と勉強時間の目安まとめ|プロエンジニア
基本情報技術者試験は就職に有利?配点から午前免除方法まで徹底解説【2019年版】|プロエンジニア

▲目次へ戻る

3-3. 応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、かつてあった「ソフトウェア開発技術者」の後継資格であり、「AP」と表示されることもあります。
期待されるスキルとしては、情報技術を活用した戦略立案に関して、経営戦略・情報戦略の評価に関して定められたモニタリング指標に基づいて差異分析などを行えること、運用管理チームやオペレーションチーム、サービスデスクチームなどのメンバーとして担当分野におけるサービス提供と安定稼働の確保が行えることなどが挙げられます。
情報処理試験の中では、基本情報技術者試験より1つ上のレベル3に該当する試験です。
レベル4以上は分野別の試験となっているので、IT技術の総合力を問う試験の中では最高難度の試験でもあります。

午前 午後
試験時間 9:30~12:00(150分) 13:00~15:30(150分)
問題数 出題数:80問
解答数:80問
出題数:11問
解答数:5問
出題形式 多肢選択式(四肢択一) 記述式
申し込み受付日程 春期:1月半ば~2月半ば
秋期:7月半ば~8月半ば
試験日程 春期:4月第3日曜日
秋期:10月第3日曜日
受験料 5700円

出典:応用情報技術者試験|IPA

▸参考記事:
応用情報技術者試験の合格率は?難易度と勉強時間の目安まとめ【2018年版】|プロエンジニア
就職・転職に有利な資格?応用情報技術者試験とは【2018年版】|プロエンジニア

▲目次へ戻る

3-4. HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験は、「Level1」と「Level2」の2種類にわかれています。
Level1ではWebコンテンツ制作における基礎が、Level2ではシステム間連携や最新のマルチメディア技術に対応したWebアプリケーションや動的Webコンテンツの開発・設計ができる知識と技術が求められます。
どちらも認定の有意性の期限は5年で、Level2に認定されるためには優位なLevel1認定を保有していることが条件です。

Level1 Level2
試験時間 90分 90分
問題数 60問 40~45問
出題形式 マウスによる選択方式とキーボード入力問題
申し込み受付日程 随時受付
試験日程 随時受験可能(日程は会場により異なる)
受験料 16,500円(税込)

出典:HTML5プロフェッショナル認定試験|LPI-Japan

▲目次へ戻る

3-5. Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定Javaプログラマ(Oracle Certified Java Programmer:OCJP)とは、日本オラクル社が主催するJavaプログラマ向けのベンダー資格*1。Javaのバージョンアップに合わせて、数年ごとに認定試験のバージョンも改定されるのが特徴です。
業界標準に準ずる高度なスキルを証明できるので、未経験からWevエンジニアを目指している方やスキルアップ転職を目指す方にとってメリットのある資格です。
初学者向けのBronze(ブロンズ)から、初級のSilver(シルバー)、中級~上級向けのGold(ゴールド)と難易度別にグレードが分かれていることも特徴的。
下記にWebエンジニアを志すみなさんにおすすめのBronzeとSilverの試験概要を明記します。

*1:ベンダー資格とは、コンピュータやソフトウェア、ネットワーク機器といったIT関連製品を製造・販売する企業が、自社で開発した製品をユーザーが適切な知識や技術で扱えるかどうかを評価するための民間資格のこと

Bronze Silver
試験時間 65分 180分
問題数 60問 80問
出題形式 CBT形式の選択問題
申し込み受付日程 随時受付
試験日程 随時(受験方法によって異なる)
受験料 16,500円(税込) 32,340円(税込)

出典:Java SE 11 認定資格|Oracle University

▲目次へ戻る

3-6. Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Ruby技術者としての技術力を問う試験です。
SilverとGoldの2段階にわかれていて、SliverではRubyのクラスとオブジェクト、ライブラリの知識について基本的な技術レベルが、GoldではSilverで求められる範囲をさらに掘り下げた知識に加えて標準添付ライブラリ知識やアプリケーション設計に必要となるクラスやオブジェクトに関する知識が求められます。

Sliver Gold
試験時間 90分 90分
問題数 50問 50問
出題形式 選択式
申し込み受付日程 随時受付
試験日程 随時受験可能(日程は会場により異なる)
受験料 16,500円 16,200円

出典:Ruby技術者認定試験|Ruby Association

▸参考記事:Ruby技術者認定試験とはどんな資格?難易度から受験方法までまとめました|プロエンジニア

▲目次へ戻る

3-7. PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、一般的な試験であるPHP5初級試験、PHP7初級試験、PHP5上級試験に加えて、研究論文またはコードを提出して他の有資格者から審査を受けるスタイルの「認定ウィザード」があります。
また、PHP5上級試験で5割以上7割未満の点数を取得すると準上級試験合格として扱われます。
PHP5初級試験とPHP7初級試験は、どちらもPHPプログラミングの基本知識が問われます。
ITスキル標準ではレベル1に該当します。
PHP5上級試験ではPHPの言語仕様から実用的なプログラミングテクニックまでの知識が問われます。
ITスキル標準では、準上級がレベル2、上級がレベル3に該当します。

PHP5・PHP7初級試験 PHP5上級試験
試験時間 1時間 2時間
問題数 40問 60問
出題形式 選択式
申し込み受付日程 随時受付
試験日程 随時受験可能(日程は会場により異なる)
受験料 13,200円(税込) 16,500円(税込)

出典:試験概要|PHP技術者認定機構

▸参考記事:【PHP資格】PHP技術者認定試験の難易度と勉強時間の目安|プロエンジニア

▲目次へ戻る

4. 【初心者・未経験者向け】最初に学習するならどの資格取得を目指すべき?

たくさんの資格をご紹介しましたが、プログラミング初心者や未経験者が最初に学習しようと思った時にはどの資格取得を目指せば良いのでしょうか。目指したい業界や関心のある分野別に、おすすめの試験をご紹介します。どんな資格を目指したいか、自分の希望も考えながらチェックしてみてください。

▲目次へ戻る

4-1. 【前提】公的機関や金融機関の開発案件に興味があれば「国家資格」

公的機関や金融機関など、インフラに近い開発案件や、大手企業での開発では、応募資格に基本情報技術者試験や応用情報技術者試験への合格が定められているケースがあります。

こうした案件に興味がある、求人に応募したいと考えている方は、まず基本情報技術者試験または応用情報技術者試験を受験しましょう。

公的機関や金融機関、大手企業がこれらの資格を重視するのは、1つのエラーが重大なセキュリティホールとなり、ひいては社会的なリスクになるケースの案件を手がけることがあるためです。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

▲目次へ戻る

4-2. HTML5プロフェッショナル認定試験

公的機関や大手への就職や転職にこだわりがなく、スピード感を持った開発や新規事業の立ち上げに関心がある方で、資格取得に興味があるのならばHTML5プロフェッショナル認定試験の受験がおすすめです。

HTML5プロフェッショナル認定試験に向けての学習をすることで、Web開発に関する知識の基礎固めができます。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

▲目次へ戻る

4-2-1. HTML・CSS・JavaScriptの基礎を網羅的に学べる

HTML5プロフェッショナル試験に向けての学習では、HTML・CSS・JavaScriptをレベル別に網羅的に学べます。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

HTML5プロフェッショナル試験の内容はそれぞれ以下の通りです。

◆ Level1

• Webの基礎知識
• CSS
• 要素
• レスポンシブWebデザイン
• APIの基礎知識

◆ Level2

• JavaScript
• WebブラウザにおけるJavaScript API
• グラフィックス・アニメーション
• マルチメディア
• ストレージ
• 通信
• デバイスアクセス
• パフォーマンスとオフライン
• セキュリティモデル

HTML・CSS・JavaScriptはWeb開発の基礎的な技術ですが、ブラウザの性能向上やHTML、JavaScriptでリッチな開発ができるようになってきたこともあってSPAが人気になり始めています。
SPAとはSingle Page Applicationの略で、HTMLやCSS、JavaScriptを使ってWebアプリケーションのような操作性を実現する技術のことです。

既存のweb技術だけで、デスクトップアプリケーションのようなリッチなアプリ開発が可能になっているため、モダンな開発現場の視点から見ても、HTML・CSS・JavaScriptを網羅的かつ深く学ぶ意味が大きくなっています。

▲目次へ戻る

4-2-2. JavaScriptを学ぶことでNode.jsの学習にも活かせる

JavaScriptを深く理解することは、サーバーサイドの学習を始めるきっかけにもなります。
JavaScriptは通常クライアントサイドで動かすものですが、Node.jsの登場によってサーバーサイドのコードもJavaScriptで書くことが可能になりました。

Node.jsとは、JavaScriptをサーバーサイドで動かすことを可能にしたもので、HTTPサーバーやファイルサーバーなどの作成にも使われます。

一般的なプログラミング学習では、HTML・CSS・JavaScriptなどのフロントエンドを覚えた後でサーバーサイドの学習に移ってJavaやPHPを覚え直すという工数が発生しますが、Node.jsはサーバーサイドをJavaScriptで書けるため別言語を覚え直す工数が削れます。

Node.jsは同期通信を行いやすいという特徴があり、チャットアプリ開発などに向いている技術です。

特にチャットやライブ配信系のアプリに興味があるならば、Node.jsの学習も視野に入れて、まずはJavaScriptを徹底的に学ぶのがおすすめです。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

▲目次へ戻る

4-2-3. HTML5プロフェッショナル認定試験の勉強方法

HTML5プロフェッショナル認定試験の公式サイトには、HTML5道場と呼ばれる初心者のための基本がまとめられたページや、サンプル問題が掲載されています。
まずは、これらを使って学習を始めてみると良いでしょう。

同時に、例題解説やHTML5関連ニュースが配信される公式のメールマガジンに登録するのもおすすめです。
Webコンテンツの作成やプログラミングの経験がない方は、イベントやセミナーに参加したり、スクールに通ったりするとより理解が深まりやすくなります。

経験があれば、認定教材や過去に開催された講義資料による独学でも合格は可能です。

HTML5プロフェッショナル認定試験の詳細な合格点は公表されていませんが、7割程度の正答率で合格となるよう設計されているので、問題集を利用したりサンプル問題を解いたりすることを繰り返し、安定して7割程度の正答率を出せるくらいまで理解を深めましょう。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

▲目次へ戻る

5. Webエンジニアになるには資格よりまずはスキルが必要

未経験からWebエンジニアを目指すのであれば、資格取得ももちろん有効的ではありますが、まずはしっかりとしたスキルを身につけることが大切です。知識だけでなく、実践力を鍛えておくと、採用後もスムーズに仕事に取り組むことができるでしょう。
以下でスキルが必要とされる理由を2つご紹介します。

▲目次へ戻る

5-1. 即戦力として働けるかどうかがポイント

IT業界では、入社後すぐに即戦力として働けるかどうかが、採用の場面で非常に重要となってきます。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

資格そのものが医師や弁護士のように必須ではない職業のため、資格を有していることよりも、実際に現場で使えるスキルを身につけることが求められます。

まずはプログラミング言語をしっかりマスターし、スキルアップや経験を積んでからでも資格取得は遅くありません。Webサイトやアプリの制作にチャンレンジするなど、まずはプログラミングを自分のものにすることを優先させるとよいでしょう。

▲目次へ戻る

5-2. 学習とポートフォリオ作成の優先度が高い

Webエンジニアとしての就職・転職の際に重要なのは、どれだけのスキルを持っているかです。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

プログラミングスキルは面接で話をしただけではわかりにくいものですが、ポートフォリオがあれば過去の実績やコードの品質を正確に評価できます。

特に、採用担当者が重視するポイントを踏まえたポートフォリオは選考の際に高く評価されます。

高い評価を得るためのポートフォリオの例は以下の記事をご覧ください。

▲目次へ戻る

6. 未経験からWebエンジニアになるにはプログラミングスクールがおすすめ

未経験からWebエンジニアを目指すのであれば、効率よくスキルアップでき、即戦力を身につけられるプログラミングスクールをおすすめします。

プログラミングスクールでは、基本的な知識からスキルアップ・即戦力に繋がる内容まで、あなたをしっかりサポートしてくれます。
プログラマカレッジのような就職支援付きのスクールを選択すれば、プログラミングスキルを身につけると同時に、就活サポートもしてもらうことが可能です。資格取得も推進しているため、在学中に資格試験の相談をすることもでき、資格取得も同時に目指したい方にぴったりです。

未経験者を採用するIT企業も多くありますが、プログラミングスキルがある人材は企業にとっても研修などの手間を減らせるため、採用されやすくなります。自身が目指すキャリアに必要な知識が学べ、なおかつ資格取得の勉強もできるスクールを選ぶようにしましょう。

(プログラマカレッジキャリアアドバイザー 山口 良)

 

▲目次へ戻る

7. まとめ

Webエンジニアを目指す未経験者にとって資格取得はとても有効です。資格取得にはある程度の受講料も必要とされますが、それだけ本気でエンジニアを目指しているという現れにもなります。

あなたがもしも「プログラミングも未経験」ということであれば、まずはプログラミングスキルの習得を最優先に学んでいくことをおすすめします。プログラミングスクールを利用して計画的に学習すれば、即戦力としてのスキルを身につけることはもちろん、資格取得の勉強も合わせて進めることができるでしょう。

自分にあったプログラミングスクールを選び、効率良く最短ルートで資格取得を目指し、Webエンジニアへの転職を成功させてください。応援しています。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.