ITコラム

column_main32326

スキルアップ

2021.04.14

IT業界とは?特徴や分類~将来性までわかりやすく解説!【初心者向け】

この記事の監修者
藤岡 弘大
藤岡 弘大

キャリアアドバイザーと求職者の面談や就職支援をおこなっています。
お互いの趣味など雑談しながら、本人も気が付いていない強みを把握し、面接本番でどうアピールしていくか一緒に考えることを心がけています。

IT業界やエンジニアという職種に対してなんとなくイメージは持っているものの、具体的にどんな仕事をしているのか詳しく知らないという方もいらっしゃるでしょう。本記事では、IT業界とはどんな業界なのかをわかりやすく解説。各業種における代表的な企業や、主要な職種も紹介します。就職や転職を考えている方の業界研究にお役立ていただければ幸いです!

最終更新日:2021年8月4日

目次

1. IT業界の特徴・基礎知識
 1-1. IT業界とは?
 1-2. IT業界の市場規模
 1-3. IT業界では人材不足が深刻な問題点
2. IT業界の分類
 2-1. 企業は【BtoC】と【BtoB】に分類される
 2-2. IT業界地図で知る5つの分類
 2-3. インターネット/Web業界
 2-4. 情報処理サービス業界
 2-5. ソフトウェア業界
 2-6. ハードウェア業界
 2-7. 通信業界
3. IT業界の職種と仕事内容
 3-1. IT業界の職種一覧
4. IT業界の就職・転職事情
 4-1. ITエンジニアに多い就業形態
 4-2. IT業界の年収
 4-3. IT業界に向いている人・向いていない人
5. IT業界の動向と将来性
 5-1. 世界のトップ企業はIT企業が占めている
 5-2. DXの加速に期待
 5-3. IT業界におけるコロナ禍の影響
6. 未経験からIT業界への転職を目指すには
 6-1. 未経験者はポテンシャル採用が有効
 6-2. プログラミングスキルはエンジニアへの転職に有利
7. まとめ

1. IT業界の特徴・基礎知識

まずは、IT業界とはどんな業界か、市場規模やIT業界が抱える問題などIT業界の特徴や基礎知識について解説します。

▲目次へ戻る

1-1. IT業界とは?


ITとは、情報技術(Information Technology)のこと。IT業界とは、情報技術(IT)を利用した商品やサービスの提供、ITを利用するための環境整備などを行う業界です。以下で、IT業界が取り扱う具体的な内容の例を紹介します。

【IT業界が取り扱う内容の例】

ITを利用した商品 ・パソコン本体や周辺機器
・ロボット家電
・オフィスソフトウェア など
ITを利用したサービス ・動画配信
・オンラインゲーム
・SNS
・インターネット広告
・ショッピングサイト など
ITを利用するための環境整備 ・通信インフラの整備
・サーバーの構築・保守・運用
・セキュリティシステムの構築・保守・運用 など

▲目次へ戻る

1-2. IT業界の市場規模

国内における民間企業のIT市場規模は、2019年度が前年比3.2%増となる12兆8,900億円と推計されています。市場規模が堅調な推移となった要因として考えられるのが、Windows7のサポート終了や消費増税に伴う税率変更対応と駆け込み需要、元号改正対応などへの需要が高まったこと。

2021年度は新型コロナウイルスの影響で一時的に市場規模が縮小するものの、今後IT市場は緩やかに成長していくと推測されています。

出典:国内企業のIT投資に関する調査を実施(2020年)|矢野経済研究所

▲目次へ戻る

1-3. IT業界では人材不足が深刻な問題点

IT業界において、深刻な問題となっているのが人材不足です。今後人材の需要は増えていくと考えられている一方で、供給が大幅に増加する見込みはありません。経済産業省による試算では、2030年には最大で約79万人の人材が不足すると考えられています。

出典:IT人材需給に関する調査|経済産業省

▲目次へ戻る

2. IT業界の分類

IT業界は、一般的な企業とも共通した【BtoC】と【BtoB】というビジネスモデルによる分類のほかに、提供する商品やサービスによって5つの分類があります。IT業界はどのように分類されているのか、それぞれの特徴について解説します。

▲目次へ戻る

2-1. 企業は【BtoC】と【BtoB】に分類される


IT業界に限らず、企業が展開する事業は大きくBtoBBtoCの2種類に分けられます。BはBusinessの略で企業のことを、CはConsumerの略で消費者となる個人のことを指しています。

BtoBとは企業が主に企業向けに展開する事業のこと。一方BtoCとは企業が主に個人向けに展開する事業のことです。IT業界の場合、この2種類に加えてBtoBtoCと呼ばれる企業もあり、3種類のビジネスモデルを持った企業が共存しています。

BtoBtoCとは、企業と消費者の取引の間に立ち、取引を円滑に進められるよう支援するようなビジネスモデルのこと。例えばAmazonた楽天などのインターネット上のショッピングモールを運営する会社は、ネットショップを運営する企業と商品を購入する消費者の仲介役となるBtoBtoC企業です。

▲目次へ戻る

2-2. IT業界地図で知る5つの分類


IT業界は、大きく以下の5つに分類されます。

  • インターネット/Web業界
  • 情報処理サービス業界
  • ソフトウェア業界
  • ハードウェア業界
  • 通信業界

以上のように分類されていますが、ひとつの企業が必ずしもひとつの分類に属するとは限りません。

例えば、HITACHIはハードウェアとソフトウェアどちらも作っているとともに、情報処理サービスも提供していますし、Zoomはミーティング用のソフトウェアとブラウザから利用できるWeb版の両方を提供しています。

このように、ひとつの企業がいくつもの分野を手がけていることもあります。

▲目次へ戻る

2-3. インターネット/Web業界


インターネット/WEB業界は、WebサイトやWebアプリなどインターネットを通じて商品やサービスを提供する業界です。
ビジネスモデルはBtoB、BtoC、BtoBtoCなど企業によってさまざま。代表的な企業としては楽天、Google、Yahoo、サイバーエージェント、LINEなどがあります。

インターネット/Web業界のサービスの代表的な分類について紹介します。

サービス名 概要 サービス例
ポータル インターネットを使うときに最初に訪れる検索サイト Google、Yahoo!Japan
SNS インターネットを介した社会的ネットワークの構築やコミュニケーションを支援するサービス Twitter、Instagram、LINE
eコマース インターネットを利用したショッピングサービス Amazon、楽天市場
Web広告 インターネット上に掲載される広告 リスティング広告、SNS広告、バナー広告
キュレーション Web上に点在する情報をテーマごとにまとめて発信するサービス Gunosy、SmartNews
ソーシャルゲーム SNSをプラットフォームとしてオンライン上で楽しめるゲーム パズドラ、モンスト
eラーニング 通信教育など、インターネットを活用した学習サービス 4each、スタディサプリ、DMM英会話
電子書籍 書籍をモバイル端末やPCなどで読むことができるサービス kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア

4eachはインターノウスが運営するオンラインプログラミング学習サイトです

▲目次へ戻る

2-4. 情報処理サービス業界


情報処理サービス業界はSI(システムインテグレーション)業界とも呼ばれます。
クライアントから依頼を受けたシステムに関して企画から保守・運用までを行うのが主な仕事で、BtoBのビジネスモデルがメイン。

代表的な企業としてはNTT DATA、野村総合研究所、東芝、オービック、アクセンチュアなどがあります。

SIを提供する企業はSIerと呼ばれ、ユーザー系、メーカー系、独立系、外資系の4種類に分類されます。SIerと混同されやすい言葉としてSESがあります。SES(システムエンジニアリングサービス)とは、エンジニアの技術力や労働力をクライアントに提供する契約形態のこと。

まったく違う2つの言葉ですが、SIerがSESを利用してエンジニアを確保することが多いため混同されがちです。

SIerについての詳細や、SIerとSESの違いに関しては以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。
▸参考記事:
SIerとは何か|プロエンジニア
これでバッチリ!SIerとSESの違いを解説|プロエンジニア

▲目次へ戻る

2-5. ソフトウェア業界


コンピューター上でさまざまな処理を行う、ソフトウェアの設計・開発・保守を行う業界です。
BtoB、BtoCどちらのビジネスモデルも展開。代表的な企業としてはオラクル、アドビシステムズ、トレンドマイクロ、マイクロソフトなどがあります。

ソフトウェアは以下の5つに分類されます。

• OS(オペレーティングシステム)
コンピューターを作動させアプリケーションソフトウェアを動かすための土台となる基本的なソフトウェアのこと。WindowsやiOSなどがこれに該当します。

• アプリケーションソフトウェア
コンピューターを使用する目的に応じて作られたソフトウェアのこと。表計算ソフトやペイントソフト、プレゼンテーションソフトなどがこれに該当します。

• ミドルウェア
OSとアプリケーションの中間に位置し、それぞれの機能をサポートするソフトウェアのこと。データベース管理システムやウェブサーバー、ファイル転送などがこれに該当します。

• デバイスドライバ
周辺機器やコンピューター内部の装置をOSが制御できるようにするためのソフトウェアのこと。ハードウェアとソフトウェアの橋渡しを行います。

• ファームウェア
コンピューターに内蔵された、そのコンピューターを起動・動作させるためのソフトウェアのこと。BIOSなどがこれに該当します。

▲目次へ戻る

2-6. ハードウェア業界


パソコンやその周辺機器などのハードウェアを製造・販売する業界です。
インターネット接続可能な家電などもハードウェアに含まれます。BtoCのイメージが強い業界ですが、企業向けのプリンターや複合機などBtoBに該当する部分も。

代表的な企業としては、Apple、Dell、Sony、HITACHIなどがあります。

ハードウェアとソフトウェアの違いは、ハードウェアが目に見える物体であるのに対して、ソフトウェアそのものは目に見えないという点が挙げられます。

▲目次へ戻る

2-7. 通信業界


固定電話やパソコン、携帯電話に関する通信やインターネットへの接続などさまざまな通信インフラを提供する業界です。
BtoB、BtoCどちらのビジネスモデルも展開。代表的な企業としては、ソフトバンク、NTTドコモ、KDDI、J:COMなどがあります。

近年では、次世代の通信システムである5Gがスタートし期待が高まっている業界でもあります。5Gは通信速度の速さと遅延の少なさ、4Gと比べて接続できる機器の数が増えることが特徴。

総務省によれば自動車、産業機器、ホームセキュリティ、スマートメーターなどの分野でも5Gの活用が期待されています。

参照:第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望|総務省

▲目次へ戻る

3. IT業界の職種と仕事内容

次に、IT業界の主な職種を8つの分野に分けて27種類紹介します。IT業界への就職を希望する方は、どの職種を選べば自分の希望通りの仕事ができるのか把握しておく必要があります。

▲目次へ戻る

3-1. IT業界の職種一覧

各職種ごとの詳細では、仕事内容や必要とされるスキル、持っておくと役立つ資格や年収を紹介しています。(※職種をクリックで確認出来ます。)

開発系 プログラマ クリエイティブ系 Webデザイナー
システムエンジニア UI・UXデザイナー
Webエンジニア マネジメント系 プロジェクトリーダー
フロントエンドエンジニア プロジェクトマネージャー
バックエンドエンジニア
制御・組み込みエンジニア Webディレクター
テストエンジニア ブリッジシステムエンジニア
ネットワークエンジニア 営業系 営業
サーバーエンジニア セールスエンジニア
セキュリティエンジニア コンサルティング系 ITコンサルタント
データベースエンジニア マーケティング系 データアナリスト
サポートエンジニア Webマーケター
フィールドエンジニア 事務系 ITサポート事務
社内システムエンジニア(社内SE) 経理・人事・その他

出典: IT業界の職種一覧表/【未経験者必見】IT業界の職種を一挙ご紹介!仕事内容や年収も解説

 

▲目次へ戻る

4. IT業界の就職・転職事情

IT業界は、転職が盛んな業界でもあります。ここではIT業界の就職・転職事情について解説します。

以下の記事でもIT業界の転職事情を解説していますので、詳しく知りたい就活生はぜひ併せてご覧ください。

▲目次へ戻る

4-1. ITエンジニアに多い就業形態

IT業界で働くエンジニアの業態としては、客先常駐が多くなっています。客先常駐とは、自社ではなくクライアント先の企業で業務を行う働き方のこと。

厚生労働省の調査によれば、客先常駐している企業の割合は全体の9割、客先常駐しているITエンジニアの比率が7割を超えている企業は28.8%となっていて、いずれも客先常駐の需要が高いことを示しています。

2-4. 情報処理サービス業界」の項目でも紹介したSESのサービスを利用することで、必要なときだけエンジニアの技術力や労働力の提供を受けられます。

SESを行っている企業は、受託開発会社や自社開発の会社と比較すると未経験者を積極的に採用する傾向があります。つまり、未経験者にとって入社しやすいタイプの企業だと言えるでしょう。

出典:ITエンジニアが働く職場の現状|厚生労働省

客先常駐の契約形態や働く側にとってのメリット・デメリットなど、詳細は以下の記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

▲目次へ戻る

4.2 IT業界の年収

dodaの調査によればIT業界全体の平均年収は444万円で、業種分類別に見るとメーカー、金融、総合商社に次いで第4位です。

ただし、IT業界の中でもITコンサルティングやシステムインテグレーターの平均年収は455万円である一方で、通信・ISP・データセンターの平均年収は403万円であるなど職種によって年収には差が出ます。

また、例えば同じプログラマという職種であっても会社の規模や年齢、経験年数、男女などの要素によっても平均年収に差があります。

出典:平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】|doda

同じ職種であるにも関わらず年収に差が出る理由については以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

▲目次へ戻る

4-3. IT業界に向いている人・向いていない人


IT業界に就職・転職したいと考えたとき、自分がIT業界に向いているか向いていないか気になるという方は多いでしょう。

IT業界に向いている人、向いていない人の詳細については以下の記事で紹介していますので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

▲目次へ戻る

5. IT業界の動向と将来性

IT業界の動向や将来性は気になるところでしょう。ここでは、IT業界の現状や今後期待されること、さらに新型コロナウイルス感染症の影響についても解説します。

▲目次へ戻る

5-1. 世界のトップ企業はIT企業が占めている

出典:GAFA+Microsoftの時価総額、東証1部超え 560兆円に|日本経済新聞

世界のトップ企業20社の上位はIT企業が独占しており、非常に将来性の高い業界です。IT業界の中でトップに位置するGAFA+Mと呼ばれる5つの企業(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)は2020年5月に時価総額の合計で東証1部約2170社の合計を上回りました。

さらに、新型コロナウイルスで経済が世界的に大きな打撃を受ける中、IT企業はテレワークやインターネット通販などの伸びによって新しい生活様式で恩恵を受ける側にあることも、現状においてはプラスの要素だと言えるでしょう。

参照:Best Global Brands|Interbrand

 

▲目次へ戻る

5-2. DXの加速に期待

IT業界は様々なテクノロジーの発展や変化の中にあります。中でも特に注目されているのがDX(デジタルトランスフォーメーション)という概念です。

経済産業省の「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」によると、DXの定義は

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。
出典:デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン|経済産業省

とされています。

つまり、IT技術を活用した商品やサービスの提供を行うだけでなく、組織や企業文化まで変えてしまおうというのがDXの考え方です。

例えばZOZOTOWNでは、アプリ上でアパレル商品を購入するシステムを構築しただけでなく、自分の身長と体重から計算した推奨サイズが提示される「マルチサイズプラットフォーム」を導入しました。

これによって、試着ができないことから通販には向かないとされていたアパレル業界の常識を覆し、ZOZOTOWNの急成長につながりました。

出典:「IT人材白書2020」のサブタイトル、メッセージ/IT人材白書2020|IPA

DXに関してIT人材白書では「今こそDXを加速せよ~選ばれる”企業”、選べる”人”になる~」とのメッセージを打ち出しています。

サブタイトルに込められた意味は次のようなものです。
新型コロナウイルス感染症の流行によりビジネスにはITがますます不可欠となり、感染症収束後も世界への対応や国際競争力の低下、少子高齢化などの問題に対応するためにはDXへの本気の取り組みが必要です。
企業が経営革新のために適材適所の人材配置を行う一方で、IT人材自身は新しいスキルを身につけ、その力を発揮できる企業を見つける必要があります。

参照:デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン|経済産業省

 

▲目次へ戻る

5-3. IT業界におけるコロナ禍の影響

新型コロナウイルスの影響で、2021年卒の採用は縮小しました。2022年3月卒業予定者の採用見込みも2021年卒と同程度となっていて、就職活動中の方にとっては厳しい環境だと言えるでしょう。

そんな中、IT業界ではエンジニア不足を背景に採用予定数は安定的な推移となっています。新卒だけでなく既卒の採用も7割の企業が受け入れるとしていて、エンジニアを目指す方にとっては良い環境だと言えます。

先に解説したDXやRPA(Robotic Process Automation/ロボットによる業務自動化)のためのエンジニア採用も増加傾向です。

一方で未経験からITエンジニアを目指して転職活動をしている人のうち、3分の1を超える人が「コロナ以前と比べて積極的に転職活動をするようになった」という調査結果もあります。テレワークに対応できることやITサービスの価値が上がるとの推測から、IT業界の人気は高まっています。

参照:
•【調査結果】コロナ禍でもITエンジニア未経験者は活発に転職活動、計7割が「以前よりも積極的」「変わらず活動」と回答|PR TIMES
• ITサービス企業の採用意欲は旺盛/2022年新卒採用に異状あり、「売り手市場」一転で学生の目はどこに向くのか|日経 xTECH
• 2021年、転職市場の動向と、コロナ影響による活動のタイミング|doda



 
IT業界での未経験者採用に関する新型コロナウイルスの影響については、以下の記事でも解説していますのでぜひ併せてご覧ください。

▲目次へ戻る

6. 未経験からIT業界への転職を目指すには


ここでは、未経験からIT業界への転職を考える際に活用したい制度や、身につけておくと有利になるスキルについて解説します。

▲目次へ戻る

6-1. 未経験者はポテンシャル採用が有効

IT業界は他の業界と比べて転職に前向きな業界です。特に未経験者に有効とされているのがポテンシャル採用。ポテンシャル採用とは、これまでの実績や現在持っているスキルではなく、その人が持っている潜在能力を重視する採用方法です。

ポテンシャル採用では、成長意欲や社会人としての基礎、将来のキャリア志向などが問われます。ポテンシャル採用を有効に使ってIT業界を目指すためには、業界研究を丁寧に行い、志望動機を明確にすることが大切です。
 

▲目次へ戻る

6-2. プログラミングスキルはエンジニアへの転職に有利

IT業界においてエンジニア職への転職を考えるなら、プログラミングスキルを身に付けると有利です。
まったくの未経験でエンジニアとして就職した場合、企業は1からプログラミングの研修を行う必要がありますが、すでにプログラミングスキルを身につけている人を採用すれば研修にかかる時間や費用などのコストを削減できる、というのも理由のひとつ。

さらに、自身のプログラミングスキルを示す手段として資格の取得も有効です。IT人材白書によれば、IT企業はIT人材のスキル把握のために資格を利用しているとも。また、その比率は従業員規模が大きな会社ほど高くなっています。

未経験からIT業界を目指すのであれば、まずはITパスポート、基本情報技術者試験からチャレンジしていただき、Oracle認定Javaプログラマ、HTML5プロフェッショナル認定資格など、代表的な資格の中から自分が目指すべきものを選んでみることをおすすめいたします。

参照:IT人材のスキル把握で利用しているもの/IT人材白書2020|IPA

 

▲目次へ戻る

6.3 就職支援があるプログラミングスクールを活用しよう

一言でIT業界と言っても、その中にはさまざまな企業があります。企業の入れ替わりが激しい業界でもあり、現状は順調に見えても将来的にずっと安泰だという保証は無いでしょう。そのためIT業界に就職するためには、業務内容だけでなく財務状況や将来性についての知識や研究も必要なのです。
とはいえ、未経験の業界に関する情報はなかなか入手しにくいのが実情です。

就職支援があるプログラミングスクールでは、プログラミングスキルを身につけられるだけでなく、企業とダイレクトに情報を交わしているプロのキャリアアドバイザーから直接IT業界の情報も入手できるため、その点は特に未経験者にはうれしいサービスとも言えるでしょう。

弊社のプログラミングスクール「プログラマカレッジ」の就活支援を受けて卒業した方の就職先や体験談を以下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

▲目次へ戻る

7. まとめ


IT業界は今後市場規模の緩やかな成長が予測され、将来性も高い業界です。エンジニア不足は深刻な問題となっていて、DXへの取り組みが強化されることによってその傾向が加速する可能性もあります。

新型コロナウイルスの影響によって、ITサービスの価値の高まりが予想されることやリモートワークに対応可能なことからIT業界の人気は高まりを見せています。

IT業界への就職や転職を考えているのであれば、プログラミングスキルを身につけておくと有利。特に就職支援付きのプログラミングスクールでは、IT業界に関する正確な情報も入手できるため未経験からの就職の際には活用することを検討してみてはいかがでしょうか。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

zoom_mv_07

卒業生インタビュー

2021.10.13

【卒業生の声:ツヅクさん】不動産からIT業界へ。業務の電子化をきっかけに、エンジニアへの転職を決意しました

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 昼間コース(2020年1月生) 料金 無料 就職先 株式会社クリアス・テクノロジー プログラマカレッジ卒業生のツヅクさんにお話しをお伺いしました! 目次 職場でのシステムトラブ […]

続きを見る

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.