ITコラム

column_main21967

スキルアップ

2020.03.10

文系卒がエンジニアになる方法は3つ!年収・適正・海外の就職事情も解説

実力次第で評価されるITエンジニアは、給与も高く自由な職場が多い魅力的な仕事。子供がなりたい職業ランキングでも、近年注目されていますよね。とはいえ文系出身者の中には「数学が苦手でも、本当にエンジニアになれるの?」と不安を抱く方も多いのでは?そこで今回は、未経験からエンジニアを目指す文系出身の新卒&転職者に向けて、文系出身がITエンジニアにおすすめな理由となる3つの方法を徹底解説。ITエンジニア職種別の平均年収や適正、海外の採用事情も必見です!

最終更新日:2020年3月18日

目次

1.文系出身者がITエンジニアにおすすめな理由とは?
2.文系大学の新卒・転職者必見!未経験からエンジニアになる方法3つ
 2-1.プログラミングスクールに通う
 2-2.オンラインスクールで学ぶ
 2-3.独学で習得する
3.文系出身エンジニアの平均年収っていくら?
 3-1.文系出身エンジニアの職種別平均年収
 3-2.IT系企業で働く人たちの年代別平均年収
4.文系女子でもエンジニアの適性はある?向いてる人とは?
5.そもそもITエンジニアとは?7つの人気職種と仕事内容をご紹介
6.日本とは違う!?海外における文系卒エンジニアの採用事情
7.IT業界は文理不問!グローバルに活躍できるエンジニアを目指そう
 

1.文系出身者がITエンジニアにおすすめな理由とは?


文系出身者がITエンジニアにおすすめな理由、それは「ITエンジニアには、文系的スキルが求められるから」。

たとえば、システムを作るためにはお客様の意向を正確にヒアリングしなければなりませんし、プロジェクトを円滑にすすめるには交渉スキルも必要です。

それに自ら開発したシステムの価値をプレゼンテーションする機会もありますし、システムの設計書やソースコードには当然読みやすさも求められます。

また実力さえあれば20代からチームリーダーに選ばれる場合もあるので、人によっては若くしてマネジメントを任されるケースもあるでしょう。

こんなときこそ、文系出身エンジニアが有利。
筋道を立てて相手にわかりやすく説明するスキルや柔軟なコミュニケーション能力は、文系出身者最大の強みです。

実際にエンジニアとして働く文系出身者からは、次のような声が上がっています。

私はバリバリ文系でしたが、理系の人向きというイメージのシステム開発も実際働いてみると、むしろ文系の方が向いているんじゃないかなと思いました。
プログラミングもセンスのあるものを書いている人センスのあるプログラミングを書いている人は、実際文書もシンプルでわかりやすい文章です。
また、相手のやりたいことがあまりにも漠然としていても、忍耐強くじっくり話をきき、本当の要望はこういうことかというのを聞き取る力があるとよいですね。

出典:むしろ文系の方が向いているかも | システムエンジニアの仕事・なり方・給料・資格を紹介 | キャリアガーデン(Career Garden)

このことからも、ITエンジニアという仕事は、いかに文系的なコミュニケーションスキルが重要であるかがわかるでしょう。

それよりもエンジニアを目指すうえで最も大事なことは、出身学部ではなくプログラミング自体を楽しいと思えるかどうか。

先ほどの体験談にもあるとおり、お客様やチームメンバーと良好な人間関係を築くためには、相手の立場に立って考えられる想像力や思いやりも大切な要素です。

▲目次へ戻る

 

2.文系大学の新卒・転職者必見!未経験からエンジニアになる方法3つ

このように文系的なスキルを持つITエンジニアは、実際の現場でも重宝される人材となります。

とはいえ、プロのエンジニアとして働くためには、当然ながらプログラミングスキルが必須。

というわけで、ここからは未経験からITエンジニアになる方法を3つご紹介。

未経験でも就職できる企業はたくさんありますが、入職前にプログラミングを学んで少しでも自分の適性を理解しておくと、入社後のミスマッチを事前に防ぐことができますよ。

2-1.プログラミングスクールに通う


まず1つめは、プログラミングスクールに通う方法です。
通学型のオフラインスクールで学ぶメリットは、以下の4つ。

・定期的にスクールに通うため学習を習慣化しやすい
・基礎から応用まで学べるので総合的な知識が身につく
・就職サポート付きのスクールを選ぶと仕事を見つけやすい
・資格取得も同時に目指せば達成感や自信もUPする

ただし急な事情で当日キャンセルすると1回分の講座が消化扱いとなるスクールもあるので、働きながら通学を検討している方などは授業の振替制度があるかどうかも事前にチェックしておきましょう。

このように一般的なプログラミングスクールのほとんどは有料ですが、中にはプログラマカレッジのように、無料で学べるプログラミングスクールもあります。

通常の有料スクールでプログラミングを学ぶとなると20~30万かかってしまう授業料も、プログラマカレッジならすべて無料。

オリジナル教材を元に、指導経験豊富な一流の講師陣がやさしく基礎からレクチャーしてくれるので、未経験から確かなスキルを身に付けられます。

ITエンジニア専門の就職支援企業が主催しているだけあり、就職実績も96.2%と高い実績を誇っているのも注目すべきポイントです。

面接対策やマナー研修も充実しているので、「ちゃんと就職できるか不安…」という方でも安心して通学できますよ。

▲目次へ戻る

 

2-2.オンラインスクールで学ぶ


ご自宅の近くにプログラミングスクールがない方は、学習場所や受講時間を気にせず学べるオンラインスクールもおすすめです。

動画とテキストを使って学ぶオンライン型プログラミングスクールのメリットは、次の4つ。

・交通費や授業料を節約して学べる
・通学時間がかからないので時間を有効活用できる
・躓きやすいポイントも繰り返し見ながら反復できる
・教材が充実しているので効率よく学習できる

いざスクールに通うとなると、思った以上に交通費や通学時間がかかってしまうもの。

その点オンラインプログラミングスクールなら、Wifi環境さえあれば、お好きな時間にお好きな場所で学習できるので、地理的な条件や天候に左右されることなくご自分のペースでじっくりと学ぶことが可能です。

「今は地方在住だけど、プログラミングのスキルを身に付けて、将来的には東京のIT企業で社会人デビューしたい」という方には、プログラマカレッジ オンラインプラスもおすすめです。

気になる料金は、こちらもすべて無料!
未経験から無償でプログラミングを学べるだけでなく、就活期間は首都圏の物件を無料で貸し出し。

さらに業界に精通したアドバイザーや経験豊富なプロの講師陣が上京就活生の就職をしっかりとサポートしてくれるので、これからプログラマーを目指す10代~20代の方にとって嬉しいメリットがいっぱいです。

実際の受講方法や使用する教材については、ぜひこちらのページをチェックしてくださいね!

▲目次へ戻る

 

2-3.独学で習得する


これまで紹介したようなプログラミングスクールを利用せず、本や参考書といった市販の教材を使って独学で習得するという方法もあります。

実際に、自分でアプリケーションやWebサービスを作り、ポートフォリオとして企業に提示し就職した人もいるので、常に新しい技術を自力でキャッチアップしなければいけないITエンジニアにとっては、より実践的な学習方法であるといえるかもしれません。

この方法のメリットは、スクールの授業を一から十まで受けなくて良いため、要領の良い方にとっては大変スムーズに就職できる可能性があるという点です。

しかし、スキルや知識に偏りが出て就職後に苦労したり、分からないことについて誰にも聞けず挫折してしまったりするリスクも当然あります。

一説には、独学でプログラミングを学び始めた人の9割が挫折してしまうとも言われているので、できるだけコストをかけずにプログラミングスキルを身に付けたい方は、就職支援付きの無料スクールを上手に活用したほうが、目標達成への最短ルートであると言えるでしょう。

▲目次へ戻る

 

3.文系出身エンジニアの平均年収っていくら?

ここまで文系出身者がITエンジニアになるための方法について解説しましたが、やはりみなさんが一番気になるのは、「ITエンジニアになったら、将来的にいくらのお給料がもらえるのか?」ではないでしょうか。

3-1.文系出身エンジニアの職種別平均年収

株式会社リクルートが提供するエンジニア向けのポータルサイト「Tech総研」の調査によると、文系出身エンジニアの職種別平均年収は、以下のような結果となりました。

職種 年収
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系) 375.0万円
システム開発(汎用機系) 424.1万円
パッケージソフト・ミドルウェア開発 446.4万円
技術系(ソフトウェア、ネットワーク) 480.4万円
運用、監視、テクニカルサポート、保守 491.4万円
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) 494.4万円
研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか 494.4万円
システム開発(Web・オープン系) 523.2万円
通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系) 542.9万円

出典:“理系vs文系” 出身学部で比較!ホントの給与格差|【Tech総研】」

 
また同じ職種における理系出身エンジニアの平均年収と比較したところ、20万~40万円程度の差ではありますが、理系出身者の平均年収が文系出身者の年収額を上回る結果に。

一方、労働や人材育成について数多くの研究論文を発表している大阪大学大学院・松繁寿和助教授(現・教授)の調査によると、「年齢を重ねるにつれて、文系のほうが徐々に年収が高くなる」とのこと。

同氏のシュミレーションによると、大学卒業直後は理系出身者の年収が上回るけれど、生涯賃金に換算すると文系出身者の収入額が5,000万円ほど多くなるという結果になりました。

エンジニアという職業柄、一般的に理系出身者の方が高年収であると思われがちですが、長期的にみると文系出身者の方が有利となる場合もあるようです。

参考:理系白書 この国を静かに支える人たち 毎日新聞社科学環境部 ~文理の生涯賃金格差が5000万円。そして若者の理系離れを2003年に指摘 | 企業ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

▲目次へ戻る

 

3-2.IT系企業で働く人たちの年代別平均年収

続いては、IT系企業で働く人たちの年代別による平均年収を見てみましょう。

出典:平均年収ランキング 最新版(96業種の平均年収/生涯賃金)|転職ならdoda(デューダ)

 
こちらのグラフを見ると、年齢が上がるにつれ、平均年収も大きく伸びていることがわかりますね。

その理由は実務経験を重ねることで、1人のプログラマーやエンジニアとしてではなく、チームを束ねるプロジェクトリーダーやマネージャーとしての仕事を担うようになっていくからです。

そしてプロジェクトの管理やマネジメントの仕事では、エンジニアとしての技術力よりも、調整力やコミュニケーション能力がより一層必要とされる傾向にあります。

このように職場でのポジションがUPすればするほど文系的なスキルが求められるので、文系出身者の生涯賃金が高くなるという専門家のシュミレーション結果も頷けますよね。

いずれにせよ、エンジニア業界は技術者としてのスキルや経験が物を言う世界。

文系出身エンジニアが年収を上げるために重要なのは、出身学部がどこかではなく就職後の「やる気」です。

そのためには、あなたが持つ能力や適性を存分に発揮できる職場や仕事内容を選び、常に新しい技術を身に付けブラッシュアップし続けることが、将来的に年収を上げる秘訣と言えそうです。

▲目次へ戻る

 

4.文系女子でもエンジニアの適性はある?向いてる人とは?


結論から言えば、文系女子でもエンジニアとしての適性は十分にあります。

では性別の違いや、理系科目や数学が得意かどうかよりも大切な要素とは一体何でしょうか?

ITエンジニアに向いている人の特徴は、以下の5つです。

・パソコンを操作することが苦にならない方
・自分の手で何かを作り出すことが好きな方
・好きなことに集中して地道にコツコツ作業できる方
・相手の求めていることがしっかりわかる聞き上手な方
・知的好奇心が旺盛で肉体的にも精神的にもタフな方

エンジニアの仕事は基本的にパソコンを使った長時間作業となるので、1日中パソコンを操作するのが苦にならないことが最重要ポイントです。

またエンジニアの業務とは、言わば「モノづくり」の現場を支える仕事。そのためゼロから新しいものを生み出すことが好きな方や、好きなことに没頭して集中しながら地道に作業できる方も適正があると言えるでしょう。

繰り返しになりますが、エンジニアにとって大切な要素は「柔軟なコミュニケーション能力」。

そんなエンジニアの仕事はチームで協力し、さまざまな分野のメンバーと話し合いながら進めるので、相手の求めている内容をしっかり聞ける力も必要です。

変化の速度が速いIT業界で働くエンジニアには、最新技術やトレンドを把握するスキルも同時に求められます。

したがって好奇心旺盛であることはもちろん、仕事の合間に新しい技術を身に付けながら長時間勤務に対応できるタフさも重要といえるでしょう。

他にも、わからないことを素直に質問できる柔軟性のある方や、「こうしたらもっと良くなるかも?」と効率化を考えられる方がエンジニアに向いていることからも、理系的な要素よりも向き不向きが重要であることがお分かりいただけたはず。

このような特性に当てはまる女子は意外と多いので、1つでも「私にも当てはまるかも!」思われたら、ぜひ思い切ってチャレンジしてみてくださいね。

▲目次へ戻る

 

5.そもそもITエンジニアとは?7つの人気職種と仕事内容をご紹介


ところで、そもそもITエンジニアとは一体どんな職業なのでしょうか?

エンジニアを簡単に説明すると、「技術者」という意味。

とはいえ一口にIT技術者といっても、その種類や分野、使用する言語はさまざま。
そんなITエンジニアの人気職種は、主に次の7つです。

・システムエンジニア(SE)
お客様のニーズに合った情報システムを分析・設計・運用・管理するエンジニア

・Webエンジニア
WebサイトやECサイトのシステムを設計・開発・運用・保守するエンジニア

・テストエンジニア
デジタル製品やゲームにバグや設計ミスがないかをチェックするエンジニア

・フロントエンジニア
Webデザイナーの指示のもと、Webサイトを構築・コーディングするエンジニア

・インフラエンジニア
サーバーやネットワークとったインフラ*1を設計・運用・保守するエンジニア

・セキュリティエンジニア
業務システムやネットワークの情報セキュリティを設計・運用・管理するエンジニア

・データサイエンティスト
統計学の数式やAIを駆使してデータを分析・予測する科学分野の専門家

*1:インフラストラクチャーの略語。もともとは「下部構造」という意味ですが、IT業界では通信設備や通信網を作り上げることを意味します。

これからITエンジニアを目指す方は、まずは興味のある職種についてネットで検索してみましょう。

実際の求人情報や必要なスキルもあわせて調べてみると、より具体的なイメージが沸くはずですよ。

▲目次へ戻る

 

6.日本とは違う!?海外における文系卒エンジニアの採用事情

ところで、海外の企業の採用事情を見てみると、文系大学卒でもITエンジニアになれる日本の環境は、かなり特別であることがわかります。
そんなアメリカと日本における採用事情の違いは、次のとおりです。

アメリカ 日本
雇用形態 ジョブ型雇用 メンバーシップ型雇用
内容 その求人の条件を満たすスキルを持つ人だけが応募できる 業種未経験者でも応募でき、入社してからじっくりと人材を育成する
メリット 採用後のミスマッチを防げる
スペシャリストが育成されやすい
未経験の若い世代でも就職しやすい
仕事が安定するので働きやすい

 
たとえばアメリカは、その求人の条件を満たすスキルを持つ人だけが応募するという「ジョブ型雇用」が行われています。

業種未経験者でも応募でき、入社してからじっくりと人材を育成する「メンバーシップ型雇用」が主流の日本とは大きく異なるのです。

そのため新卒でエンジニアとして就職できるのは、基本的にはIT関連の学部を専攻する学生だけ

さらに、大学の専攻だけでは不十分であることも多く、IT系企業のインターンシップ経験が求められることも一般的です。

このように、ジョブ型雇用が主流の欧米では、文系新卒者がITエンジニアになることは難しいのです。

そう考えると、日本は文系出身者がITエンジニアを目指すには非常に適している国なのかもしれませんね。

▲目次へ戻る

 

7.IT業界は文理不問!グローバルに活躍できるエンジニアを目指そう


このように海外企業では業界知識を持たない未経験の新卒者には厳しい環境ではありますが、ITエンジニアとしての転職であれば、文系出身者であっても欧米企業は十分狙えます。

ITエンジニアは実力主義の仕事。エンジニアとしてのキャリアをスタートさせてしまえば、出身学部が文系か理系かは関係ありません。

ただし、コミュニケーションやマネジメントスキル、コラボレーションスキルといった文系的な能力は、ITエンジニアの仕事において非常に役に立ちます。

文系出身だからと諦めることなく将来的にプログラミングが書ける人になれるよう日々スキルを磨けば、日本のみならず海外で活躍できるグローバルなエンジニアになることも夢ではありませんよ。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

000

企業インタビュー

2020.03.19

【企業の声:株式会社デリバリーコンサルティング】求める人材は、プログラマーをゴールではなくスタートだと捉えられる人

本日は株式会社デリバリーコンサルティング第1サービス本部へお邪魔し、取締役 第1サービス本部本部長木村さん、第1グループ マネージャ三浦さん、プログラマカレッジから入社した栢分さんへお話を伺いました! ▲(左から順に)第 […]

続きを見る

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.