ITコラム

column_main18810

スキルアップ

2020.05.29

無料プログラミグスクールを選ぶ時のポイントと厳選スクール3選

「エンジニアは未経験からでも就職先に困らない。」こんな話を聞いてプログラミングスクールに通いエンジニアを目指す人が多くなってきました。プログラミングスクールには有料もあれば無料プログラミングスクールもあります。
有料プログラミングスクールの受講料は数十万円するものも少なくなく、できれば無料で質の良いスクールに通いたいのが本音のところ。そこで今回は

  • ・無料でプログラミングスクールを経営していける理由
  • ・有料プログラミングスクールのメリット
  • ・無料プログラミングスクールの選び方のポイント
  • ・おすすめ無料プログラミングスクール3選

 
などについて解説していきます。
この記事を見ていただければ、きっとあなたに最適な無料プログラミングスクールが見つかるでしょう。ぜひ最後までチェックしてくださいね。

最終更新日:2020年5月29日

目次

1. 無料プログラミングスクールのメリットとは
 1-1. 無料プログラミングスクールが成り立つ理由
2. 無料プログラミングスクールの就職先にSESが多い?
3. 有料プログラミングスクールのメリットも知っておこう
 3-1. 就職先を制限されない
 3-2. 必死で学習する受講者が多くモチベーションを保ちやすい
4. 無料プログラミングスクールを選ぶ時に知っておきたいポイント
 4-1. 条件付きの無料ではないか
 4-2. どのような企業に就職可能か
5. おすすめの無料プログラミングスクール
 5-1. GEEKJOB(ギークジョブ)
 5-2. 0円スクール(ゼロスク)
 5-3. プログラマカレッジ
6. まとめ
 

1. 無料プログラミングスクールのメリットとは


無料で学習できるプログラミングスクールのメリットは、なんといっても通常数十万円かかってくる受講料が無料という点です。就職や転職を考え、退職した状態でプログラミングスクールに通う方も多いので、数十万円の負担が無料になるのは大きなメリットと言えるでしょう。

▲目次へ戻る

 

1-1. 無料プログラミングスクールが成り立つ理由

どうして有料プログラミングスクールの様に数十万円の料金を取らずに運営していけるの?という質問への答えは、無料で成り立つ仕組みがしっかりあるからです。

その仕組みとは、受講生が受講後に就職する企業にあります。無料プログラミングスクールは受講生を育て上げ、企業に就職してもらうことで企業から紹介料を貰いビジネスを成り立たせています。

この仕組みがある前提なので、無料プログラミングスクールを受講する際は就職することが1つの条件となることが多いです。

このように、受講生は無料で受講ができ、無料プログラミングスクールは収入を得ることができ、企業は自社で研修を行わずともある程度育て上げられた人材を雇用することができる。まさに三者が嬉しい仕組みで成り立っているんです。

▲目次へ戻る

 

2. 無料プログラミングスクールの就職先にSESが多い?


就職先が限られている無料プログラミングスクールでは、主にSESとして就職することが多いです。SESとは「システムエンジニアリングサービス契約」の略称でエンジニアの派遣サービスのことを指します。

様々な現場へ派遣されることになるSESは、現場ごとの経験を踏めるメリットの一方、プロジェクトに最初から最後まで関わることが出来ない場合も多いというデメリットもあります。

SESという業界はIT業界の中でネガティブなイメージを持つ方もいますが、派遣先の企業次第で仕事に対する満足度は大きく異なります。就職先がSESだからといって、無料プログラミングスクールを諦める必要はありません。むしろ、未経験からプログラマ、エンジニアになる場合、色々な企業のプロジェクトに関われることは、経験を多く積むことができるメリットでもあるのです。

▲目次へ戻る

 

3. 有料プログラミングスクールのメリットも知っておこう


無料プログラミングスクールとは違いお金を払って受講する有料プログラミングスクールのメリットをみてみましょう。

3-1. 就職先を制限されない

なんといっても無料プログラミングスクールと異なるのは「就職先を制限されない」ことです。先程ご紹介したように、無料プログラミングスクールは就職先の提携企業からお金を頂いているので、提携企業に就職してもらうことが必須になります。

一方で有料プログラミングスクールでは、就職先の制限は一切ありません。受講者は学習をすすめる中で面白いなと思った領域や、自分が楽しいと思える分野への就職を考えることが可能です。

気になっている企業や分野がある方には、有料プログラミングスクールで学ぶというのも選択肢の1つに入るでしょう。

▲目次へ戻る

 

3-2. 必死で学習する受講者が多くモチベーションを保ちやすい

有料プログラミングスクールとなれば最低でも10万円、高ければ100万円近くの料金を払って受講する方もいます。それだけの大金を払ったとなれば学習に本気になる人が多いのも納得。自分が希望する分野への就職を叶えるために必死で学ぶ受講生に囲まれていると、自ずと学習のモチベーションを保ちやすいと言えるでしょう。

▲目次へ戻る

 

4. 無料プログラミングスクールを選ぶ時に知っておきたいポイント


無料プログラミングスクールを選ぶ際に知っておいて欲しいポイントは2つあります。

 
これから詳しく説明しますが、この2つをしっかりチェックすることで、受講開始後にスクール側との相違がなく、就職まで安心して受講することができるでしょう。

▲目次へ戻る

 

4-1. 条件付きの無料ではないか

無料プログラミングスクールは、受講料が無料という1番のメリットがありますが、この「無料」にただし書きのようなものが付いていないかを確認して下さい。

次のような項目がチェックポイントとなります。

  • ・途中でスクールを辞めた場合に違約金等の支払いが発生しないか
  • ・就職しなかった場合にペナルティが発生しないか
  • ・紹介を受けた企業に必ず就職しなければならない等の条件がないか

 
プログラミングスクールのサイトを細かくチェックすると共に、不明な点はスクールに直接問い合わせて確認することをおすすめします。

プログラマカレッジ」のように違約金や、ペナルティは一切発生しないプログラミングスクールもあります。

▲目次へ戻る

 

4-2. どのような企業に就職可能か

プログラミングスクールでは、受講料の有無に関わらず様々な就職支援が行われています。無料プログラミングスクールでは就職が前提の受講となるため、就職支援も手厚い場合が多いです。

ほとんどのプログラミングスクールがWebサイトで卒業生の就職実績をいくつか掲載していますが、全ての実績が紹介されているわけではないので、説明会に行ったり問い合わせたりしてみましょう。

そこで、どんな企業に就職できる可能性があるのかを判断基準としてスクール選びをすると、就職に向けて安心してスクール通いをスタートすることができます。

▲目次へ戻る

 

5. おすすめの無料プログラミングスクール

5-1. GEEKJOB(ギークジョブ)

サイトURL https://camp.geekjob.jp/
対象年齢 20代
就職支援 転職専任スタッフがサポート
紹介案件:500社以上
就職実績 転職率:97.8%
学べる技術 PHP、Java、Ruby
受講スタイル 通学
・場所:四ツ谷、九段下
・カリキュラム:平日週3日が基本
期間 最短1ヶ月
(未経験の場合は3ヶ月が目安)
体験

 
ギークジョブは、プログラミングの経験等によって個別にスケジュールを調整してもらえるメリットがあります。講師は現役プログラマーで、現場を知っている人から実践的なスキルを学ぶことが可能。サイバーエージェントやDMM.comLaboなどを始め500社以上への就職実績を誇るため、他の無料プログラミングスクールより就職の幅は広いです。

受講は通学とオンラインを並行して行うため、就業しながら通えるのも特徴。ただし週に30時間という学習時間を確保することが必要になるので、正社員として勤務しつつスクールに通う場合は、平日仕事が終わった後に数時間学習できるタフな人におすすめです。

▲目次へ戻る

5-2. 0円スクール(ゼロスク)

サイトURL https://zero-school.com/
対象年齢 18歳以上35歳以下
就職支援 運営会社である株式会社ゼロスクのグループ会社へ中途採用と同じ選考方法で入社可能
学べる技術 Java、HTML、JavaScript、jQuery、CSS、Bootstrap、SQL
受講スタイル 通学
・場所:札幌、仙台、東京、名古屋、神戸、福岡
・カリキュラム:週4日以上推奨
期間 1~3ヶ月
体験

 
ほとんどの無料プログラミングスクールが20代限定なのに対し0円スクールは35歳まで受講可能です。東京以外にも名古屋や大阪など主要都市であれば通うことができるのも大きな特徴。

就職先は90%以上「バンキング・システムズ」という会社に決まっているので、こちらの業務内容をよくチェックしてから受講を考えましょう。

▲目次へ戻る

5-3. プログラマカレッジ

サイトURL https://programmercollege.jp/lp3/
対象年齢 20代
就職支援 ITエンジニア専門の転職支援会社である運営会社インターノウスがサポート
紹介案件:常時3500件以上
就職実績 平均内定獲得数:3.7社
就職率:96.2%
学べる技術 HTML5、CSS3、Java、PHP、Ruby、MySQL、Git GitHub、BootStrap、JavaScript、jQuery
受講スタイル 通学
・場所:半蔵門、九段下、市ヶ谷
・カリキュラム:個別研修、平日5日間、週3夜間
期間 1~3ヶ月
体験

 
プログラマカレッジは、卒業生に紹介可能な求人案件が常時3500件以上あるという点が1番のおすすめポイントです。専任のキャリアカウンセラーが付き、面接対策はもちろん履歴書の添削、ビジネスマナーなど一括で教えてもらうことができます。

紹介企業は、LINEグループやチームラボなど勢いのある会社から、NTTデータや伊藤忠グループなど東証一部上場の大企業まで様々です。

エンジニアとして就職を目指すなら是非検討してみて下さい。
就職支援付き無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ」

▲目次へ戻る

 

6. まとめ


無料プログラミングスクールが成り立つ仕組みや選ぶ際のポイント、有料プログラミングスクールのメリットなどを解説しました。最後に無料プログラミングスクールを3校ご紹介しましたがご自身に最適なところが見つかりましたでしょうか?

まずはご自分の将来を考えることが大事。プログラミングを学んで関わりたい仕事や就職したい業界を。

とはいっても、それが無料プログラミングスクールで実現可能かどうかご自分で判断するのは難しいものです。
そこで、気になったスクールがあれば無料説明会に行くのがおすすめ。

通学型「プログラマカレッジ」は、東京のみですが、現在新型コロナウィルス感染拡大防止のため、オンラインスクールに切り替わっています。オンライン説明会は毎日開催されており、月に数回土曜日もオンライン設営会を開催しています。

プログラミングスクールでスキルを身に付けた後は、なるべく早く就職してエンジニアとしての経験を積んでいくことがとても大事です。是非、安心して就職支援が受けられるプログラミングスクールを見つけて下さい。

▲目次へ戻る

 

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.