column

ITコラム

mv54488

内定ゼロでも諦めない!就活失敗から逆転のチャンスを掴む方法

この記事を書いた人
プログラマカレッジ編集部

未経験からプログラマーになりたいと考えてる皆さまに、プログラミング言語の基礎知識や、プログラマーとしての転職ノウハウ、転職に役立つ資格、IT業界情報など、お役立ちコラムを配信しています。

就活に失敗したと感じて悩んでいる方や、これからの就活に失敗するのでは?と不安を感じている方向けに、失敗から逆転のチャンスをつかむ方法や、就活で失敗しやすい人の特徴を紹介。さらに、就活に失敗したと感じた時の心構えも紹介します。

なお、就活に役立つスキルや資格を取得し、サポートを受けながら就職活動を進めたい人には、無料のプログラミングスクールプログラマカレッジがおすすめです。

最終更新日:2024年6月25日

就活失敗 プログラマカレッジ

プログラマカレッジ
キャリアアドバイザー 加藤憲康


キャリアアドバイザーとしてIT経験・未経験問わずに求職者様の転職活動をご支援をさせていただいております。
私自身、大学で情報工学を専攻後、メーカー系の大手Sierに就職し、SEとして働いていた経験があります。業界経験者であるという強みを活かし、求職者様に寄り添った面談を心がけております。

1.「就活失敗」は「終了」ではない

インターネット上のコミュニティやSNSを見ると、新卒での就活失敗は人生終了といったような内容を目にすることがあります。やはり、新卒で就活に失敗してしまうと今後はかなり厳しい人生になるのでしょうか?
就職活動では、必ず一定の割合の人たちが「失敗した」と感じてしまいます。

就活失敗とは、単に内定を得られない場合にだけ使われる言葉ではありません。自分が考えるキャリアに沿った結果が得られない場合にも「失敗」と考えられる場合があります。

一度失敗してしまうと終わりだと誤解する方は多いのですが、実際は失敗が自己反省や成長の機会となり、新たなきっかけをつかむことも少なくありません。

失敗したからといってそこで活動をやめてしまうのではなく、失敗を活かして次の就職活動に向けて改善点を見つけることが重要です。

目標に沿った結果を得られなかったのであれば、目標を見直し再設定してみるのもよいでしょう。ひとつの業界や職種にこだわらず、幅を広げて就職活動を進めてみるのもひとつの方法です。

「成功」とは何かを考え直し、前向きに活動することが重要です。

プログラミング コミュニティ プログラマカレッジ

▲目次へ戻る

2. 就活が失敗したと感じる場面とは

なぜこのような時に就職に失敗してしまったと感じるのか、理由を以下で詳しく解説します。

▲目次へ戻る

2-1. 就活したのに内定が1つも出なかった

就活失敗 プログラマカレッジ

新卒の際には「卒業」という明確な学生時代の終わりが見えた状態で就職活動を進めます。そのため、就職活動を続けていても内定がもらえないと、卒業後どのように生活すれば良いのかと不安を感じやすくなってしまうのです。

卒業の時期が近づくにつれて気持ちが追い込まれ、不安が大きくなってしまうケースもあるでしょう。生活に必要なだけの収入を得られる目処が立たないことから「失敗した」「終わった」と感じてしまいやすくなります。

▲目次へ戻る

2-2. 希望する企業から内定がもらえなかった

就活失敗 プログラマカレッジ

内定は獲得できていても、希望する企業から内定をもらえないと「失敗した」と感じてしまう人もいます。就職する必要性はわかっていても「就職できるならどんな企業でも良い」と考えている人は少ないでしょう。

そのため、希望の企業から内定をもらえないと「失敗した」と感じてしまいやすいのです。特に、第一希望の企業から内定がもらえないだけでなく、第二・第三と志望順位の低い企業からも内定が出ない場合には、失敗したと考える人が多い傾向にあります。

▲目次へ戻る

2-3. 入社した会社がブラック企業だった

就活失敗 プログラマカレッジ

希望の企業に入社できたものの、実は入ってみたらブラック企業だったということが判明した場合にも、失敗したと感じる人は多くいます。

長時間労働や過度なストレスがかかる中で仕事をしていると、身体的・精神的な健康を害してしまう可能性があります。

「やめたら次の仕事が見つからないのではないか」「仕事を続けられない人だと思われてしまうのではないか」と不安に思うこともあるかもしれません。「仕事をやめてはいけない」と思っていると、辛い状況で働き続けなければならず「失敗した」と感じてしまうのです。

しかし、このような場合には企業で働き続けることを考えるよりも、適切な支援を受けて早期に対処するのが重要です。

▲目次へ戻る

2-4. 入社したけどすぐに離職してしまった

就活失敗 プログラマカレッジ

入社はしたものの、すぐに離職してしまった場合にも、就活に失敗したと感じる人は多くいます。

実は、短期間で離職してしまう人は少なくありません。令和2年3月に卒業した大卒者の場合、卒業後3年目までに離職した人の割合は32.3%と、実に3割以上が短期間で離職しています。

短期間で離職する原因としては、期待と現実のギャップや、職場になじめなかった、自分の理想とするキャリアを歩める可能性が低いなどが考えられます。

しかし「短期間で離職してしまったから失敗」と単純に考えるのではなく「次の仕事選びで重視すべき項目がわかった」と考えると、前向きに次に進めるでしょう。

出典:新規学卒者の離職状況|厚生労働省

▲目次へ戻る

3. 就活に失敗する人の特徴や原因

なぜ、就活に失敗してしまうのでしょうか?就活に失敗する人に共通する原因や、根本的な理由はありますか?

それぞれの項目について、以下で詳しく解説します。

▲目次へ戻る

① 自己分析ができていない

自己分析が十分でないと、就活に失敗してしまう可能性が高まります。

マイナビ2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)」によると、「年内にやっておけばよかった、もっと時間をかければよかったと思う就活準備」の項目では「自己分析」が57.9%で1位となっています。

就活失敗 プログラマカレッジ

出典:マイナビ2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)

この結果から、実に半数以上が自己分析が不足していると感じていたことがわかるでしょう。

自己分析を行うことで、自分の価値観が明確になります。さらに、自分の強みや特徴を把握し、アピールにも活用できるのです。

しかし、自己分析が不足したままでは自分の価値観や将来の目標が不明確なままとなってしまい、就職後のミスマッチにつながります。また、強みが明確になっていないと面接で適切なアピールができず、内定を獲得しにくくなってしまうでしょう。

そのため、自己分析が不足していると就活に失敗してしまいやすいのです。

▲目次へ戻る

② 企業・業界研究が足りない

就活失敗 プログラマカレッジ

就職活動の際には、企業・業界研究が欠かせません。企業や業界の研究を行うことで、就職後に自分の強みをどのように活かせるか、わかりやすく説明できるようになります。

また、企業や業界の研究をしておくことで、自分の価値観に合う企業や業界なのかがわかりミスマッチを避けることにもつながります。

しかし、企業・業界研究が不足していると、就職後にどのような活躍ができるのかをうまくアピールできません。そのため、面接の過程で良い人材だと思ってもらいにくくなってしまうのです。

また、調査不足のまま入社してしまうと「思っていたのと違った」と感じやすく、早期離職の原因にもなります。

▲目次へ戻る

③ 就活を始めるタイミングが遅い

就活失敗 プログラマカレッジ

就活を始めるタイミングが遅かったことが原因で、失敗してしまう人もいます。

エントリーシートや必要書類の作成がギリギリになると、慌ててしまい十分なアピールができないまま書類を提出しなければならないケースもあるでしょう。

また、企業によっては、エントリーや応募受け付けを早めに締め切る場合もあります。就活を始めるタイミングが遅いと、希望の企業に応募すらできなくなってしまう可能性もあるのです。

就活を始めるタイミングが遅い場合、時間的な余裕がないまま対応しなければならない場面も増えてしまいます。

そのため、就活に失敗してしまう可能性が高まります。

▲目次へ戻る

④ 受ける企業を絞りすぎている

就活失敗 プログラマカレッジ

受ける企業を絞りすぎていると、内定をもらいにくく就活の失敗につながる可能性が高まります。

特に、大手企業のみに絞って選考を受けている人は失敗の確率が高まってしまうでしょう。大手企業は就活生からの人気が高く、その分選考で落ちる可能性も高いのです。

また、大手企業がよいという理由だけで就職先企業を選ぶと、ミスマッチの可能性も高まります。

なぜその企業に就職したいのか、その企業で何を成し遂げ、どのようなやりがいを得たいのかといったポイントが曖昧なままとなってしまうため、就職後に「思っていたのと違った」と思ってしまいやすくなるのです。

▲目次へ戻る

⑤ 面接の準備が足りない

面接では、限られた時間で自分をアピールしなければなりません。そのため、準備が足りていないと自分の魅力や強みを十分に伝えられず、就活の失敗につながってしまうのです。

マイナビの「2023年卒企業新卒採用活動調査」によると、企業が面接時に特に注視するポイントとして、コミュニケーション能力や熱意、明るさ・笑顔・人当たりの良さ、職場の雰囲気に合うかといった項目を挙げています。

就活失敗 プログラマカレッジ

出典:マイナビ「2023年卒企業新卒採用活動調査」

つまり、質問への回答内容ももちろんですが、人当たりの良さや雰囲気といった、言語で表現する以外の部分も面接では見られていると考えた方が良いでしょう。

準備時間を十分に確保し、余裕を持って面接にのぞむことで、成功の確率を高められます。

▲目次へ戻る

⑥ 不採用になった原因がわからないまま就活を続けている

就活失敗 プログラマカレッジ

就活の過程で、不採用になってしまうこともあるでしょう。それ自体は、珍しいことではありませんし、落ち込みすぎることもありません。

しかし、不採用になった原因を追求しないまま就活を続けていると、いつまで経っても同じ失敗を繰り返すことになりかねません。

なぜ不採用になったのか、自己分析や業界・企業研究は十分だったか、面接で自分をアピールできたかなどのポイントを振り返ってみましょう。

不足していると感じた部分があれば、次回に活かすことで成功に近付けます。

▲目次へ戻る

⑦ 内定を就活のゴールにしてしまっている

就活失敗 プログラマカレッジ

内定を得ることが就活のゴールになってしまっていると、入社してからのミスマッチに繋がりやすくなります。

多くの企業の選考を受ければ、内定をもらえる確率は高まります。しかし、内定をゴールと考えて何十社も選考を申し込んでしまうと、一つひとつの企業にかけられる時間が減ってしまいます。

企業調査が不足していると「思っていたのと違った」と感じる可能性が高まりますし、自分の魅力を的確にアピールすることもできません。

また、企業の担当者は就活の面接において候補者の熱意も見ています。闇雲に多くの企業の選考を受けていると熱意が伝わりにくく、選考通過の可能性を下げてしまうことにもつながります。

▲目次へ戻る

4.「就活失敗」その後の具体的なステップ

それぞれの項目について、以下で詳しく解説します。

▲目次へ戻る

① 就活失敗の原因を探る

今後の就活を成功させるために、まずは失敗の原因を探らなければなりません。
なぜ自分が就活に失敗してしまったのか、考えてみましょう。失敗の原因としては、次のような要因が考えられます。
• 自己分析の不足
• 企業・業界研究の不足
• 大手企業に限定した応募
• 面接の準備不足

自分の就職活動を振り返り、どの部分が不足していたのか考えてみてください。さらに、改善のためにはどのような行動を取ったら良いのかも考えてみましょう。
失敗を次に活かすために、まずは原因の追求から始めてみてください。

▲目次へ戻る

② 自己分析をやり直す

失敗の原因を見つけたら、次に自己分析をやり直してみましょう。自己分析が不足していると、自分の強みを適切にアピールできず、失敗につながりやすくなります。

自己分析にはさまざまな手法がありますが、代表的なのが「なぜ」を繰り返して自分に対する認識を深堀する手法です。

まずは、自分がなぜ就活に失敗したと感じるのかについて深掘りしてみると、自分の価値観を確認できます。
以下のように「なぜ」を繰り返すことでだんだんと物事が明確になります。

就活失敗 プログラマカレッジ

自分の得意分野や好きなこと、どんな企業に就職したいと考えているのかなどさまざまな項目を起点に「なぜ」を繰り返して深掘りすることで、自分の価値観が明確になり、自分に合う企業を見つけやすくなるでしょう。

以下の記事では、自分の納得する内定を獲得するためには、自己分析が非常に重要だということが書かれています。自己分析を徹底することで、職種決めや就活の軸を決めるのにも役立ったといいます。

▶ 参考記事:不安でしかたなかった私が納得内定する話|note

最初の就職活動で自己分析を進めていたとしても、失敗をふまえて改めて自己分析をしてみることで、新たな自分の側面が見えてくる可能性もあるため、ぜひ試してみてください。

▲目次へ戻る

③ 業界・企業分析を行う

就活失敗 プログラマカレッジ

就活を成功させるためには、業界・企業分析も欠かせません。

求人情報にも、ある程度の情報は掲載されています。しかし、求人情報は掲載枠の制限が設けられている場合も多く、企業が伝えたいすべての情報を掲載できているわけではありません。
また、業界の情報についてはほとんど触れられていないケースも多いでしょう。そのため、より多くの情報を得て自分の強みをアピールするためには、業界・企業研究が欠かせないのです。

求人情報から得た情報だけで面接を受けると、アピールや志望動機が薄いものになってしまいやすく、熱意も伝えられません。
さらに、業界の特徴や企業の理念・考え方を知っておくことで、就職後のミスマッチも避けられます。

▲目次へ戻る

④ 資格やスキルを取得する

就活失敗 プログラマカレッジ

新卒や第二新卒の場合、資格やスキルは必須ではありません。研修が充実していて、入社後にスキルを身につけられる企業も多くあります。

しかし、資格やスキルを持っていると、他の学生との差別化ができます。入社後の活躍を期待してもらえるだけでなく、業務に対する熱意のアピールとしても活用できるのです。

また、資格の取得やスキルの習得は、自分の市場価値を高めることにもつながります。興味のある資格やスキルを習得しておけば、今後の仕事の幅を広げることにもなるでしょう。さらに、学習の中で自分の関心や適性の再確認もできます。

プログラマカレッジの卒業生の中には、資格取得後に短期間でフリーターから就職に成功した人もいます。以下の記事で体験談を紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

▲目次へ戻る

⑤ 内定を取りやすい業界にチャレンジしてみる

なかなか内定を獲得できない場合には、職種や業界にこだわりすぎずに視野を広げてみることも重要です。
人手不足で内定を獲得しやすい業界に目を向け、自分がやりがいを感じられそうな仕事を探してみるのも良いでしょう。

例えば、次のような業界は人手不足で内定が獲得しやすい傾向にあります。

• IT業界  • 福祉業界  • 飲食業界  • 宿泊業界  • 建設業界  • 運送業界  • 販売業界

さらに、上記の業界の中にもさまざまな企業や職種があります。まずは興味のある業界を調査してみて、自分に合いそうな仕事がないかチェックしてみましょう。

▲目次へ戻る

⑥ 就活イベントに参加する

就活失敗 プログラマカレッジ

就活の際には、さまざまなイベントが実施されます。興味のあるイベントがあれば、積極的に参加してみましょう。

就活イベントでは、企業の担当者と話をする機会も多くあります。また、公式サイトや資料を見るだけの場合と比べて得られる情報量が多いため、志望企業を決めるためにも役立ちます。

企業の人と直接話をする機会を増やすことでだんだんと緊張せずに話ができるようになりますし、採用担当者に顔を覚えてもらえる可能性もあるでしょう。
就活イベントは、アピールの場としてもビジネスマナーを学ぶ場としても最適です。

▲目次へ戻る

⑦ 就職エージェントを活用する

就活失敗 プログラマカレッジ

自分一人ですべて対応しようと考えるのではなく、周囲の人に話を聞くだけでも就活を成功に近付けられる可能性があります。

友人や知人に相談するのも良いのですが、就職活動に関する相談であれば就職エージェントを活用するのがおすすめです。

就職エージェントとは、求人の紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、自己分析のサポートといった支援を行うサービスです。無料で利用できるため、ぜひ活用してみましょう。

就職エージェントでは、企業への交渉や質問も実施してくれます。不採用となった理由を教えてもらえるケースもあるため、その後の就職活動にも活かせるでしょう。

▲目次へ戻る

⑧ 内定をもらった企業に就職してから転職を目指す

就活失敗 プログラマカレッジ

内定は獲得しているものの、入社すべきかどうか迷っている人の場合には、内定をもらった企業に入社してから転職を目指すのもひとつの方法です。
経済的な安定を確保しつつ次の仕事を探せるため、じっくりと考えながら転職活動を進められるでしょう。

ただし、一度入社してからの転職活動の場合には、中途入社とみなされある程度のスキルが求められる可能性もあります。
転職にどの程度のスキルが必要か調査し、身につけるための方法も考えておかなければなりません。

▲目次へ戻る

5. 就活失敗から学ぶ!内定ゼロからの成功への転換点

就活に失敗したと感じた時にも、次の2つの心構えを押さえておけば、失敗を成功に転換できます。それぞれ、詳しく紹介します。

失敗体験から得られる教訓

内定ゼロからの成功事例

▲目次へ戻る

5-1. 失敗体験から得られる教訓

失敗は、次の成功に向けた教訓となります。なぜ失敗したのかを考え、次に同じような失敗を繰り返さないように行動することで、教訓として活かせるのです。失敗と感じたまま終わらずに、失敗を糧として成功に向けた行動をすることが重要だといえるでしょう。

また、就活に失敗したことで、自信を失ってしまう人もいます。しかし、自分をアピールする方法を学ぶだけで、良い結果を得られるケースもあるのです。

自分だけで考えてもなかなか失敗の理由が見つからない場合には、周囲の人の客観的な意見も聞いてみてください。

就活に失敗したからもう終わりだと考えてしまうと、その先で幸せをつかむのはなかなか難しいものです。しかし、失敗を活かして成功につなげる考え方があれば、最終的には成功といえる結果が得られるでしょう。

▲目次へ戻る

5-2. 内定ゼロからの成功事例

内定がゼロの状態から、成功をおさめた人もいます。

プログラマカレッジ卒業生の瀬崎さんは、大学卒業前に「プログラマーを目指そう」と決意したものの、結局就職はせず、大学卒業後はアルバイト生活を送っていました。しかし、アルバイトをしながらプログラミングを学習し、サポートを受けて就職活動を進めたことで、プログラマーとしての就職に成功しました。

このことから、大学卒業後でもスキルを身につけられれば就職できることがわかるでしょう。

瀬崎さんへのインタビューは、以下の記事に掲載しています。

また、同じくプログラマカレッジ卒業生の塚越さんは、名門の国立大学に進学したものの、4年間での大学卒業が難しくなったことが理由で中退しています。

大学中退からの就職活動、しかも塚越さんは在学中から就職活動に苦手意識を持っている状況でした。しかし、最終的には3社の内定を獲得しています。就活への苦手意識や不利な状況があっても、適切なサポートを受けられれば就職につなげられることがわかるでしょう。

塚越さんへのインタビューは、以下の記事に掲載しています。

このように、ピンチの状況からでも行動することで就職につなげられるのです。

就活失敗 プログラマカレッジ

▲目次へ戻る

6. 就活の選択肢として就職支援付きのスクールを探すのはおすすめ

就活失敗 プログラマカレッジ

内定が取りやすい業界のひとつであるIT業界で、エンジニアとしての就職を目指すのであれば、就職支援付きのプログラミングスクールを探すのがおすすめです。就職支援付きのスクールでは、ITスキルを身につけながら就職のサポートを受けられます。

また、多くのプログラミングスクールでは大学生やフリーター、社会人など、立場を問わず受講可能です。

就活に失敗したと感じている人にITエンジニアをおすすめするのには、次のような理由があります。

• 将来性が高い
• 人材不足で内定を獲得しやすい
• 文系理系を問わず挑戦できる
• 学習環境が整っている

プログラミングスクールを活用するメリットについては、次の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

▲目次へ戻る

6-1. 完全未経験からプログラマーを目指すならプログラマカレッジへ

就活失敗 プログラマカレッジ

企業ごとの面接対策やキャリアカウンセリングも、1対1で就活のプロ(アドバイザー)が対応します
プログラマカレッジ 就職サポート風景

完全未経験からプログラマーを目指すなら、プログラマカレッジがおすすめです。

無料のプログラミングスクールであるプログラマカレッジでは、各受講生のスキルに合わせて未経験可の求人を紹介しています。正社員就業率98.3%の実績あり。確実にエンジニア・プログラマーを目指したい方に適したスクールです。

経験豊かなアドバイザーがプログラミングに関する知識はもちろん、就職に関するサポートも親身に対応いたします。ビジネスマナー、履歴書添削、面接対策など手厚い就職支援が魅力です。

就活失敗 プログラマカレッジ

気になること、解決できないことがあればzoomの個別ルームにて講師と1対1でのやり取りができます
プログラマカレッジ プログラマーコース受講風景

また、定期的な面談を実施し、雑談も交えながら、日々の勉強で不安に感じていること、就職のことなどさまざまな相談にのっています。確実にITエンジニアに就職したいと考えている方は、ぜひプログラマカレッジをご検討ください。

▲目次へ戻る

7. まとめ

就活に失敗したと感じると、追い詰められてしまう人も多くいます。

しかし、就活に失敗したからといってすべてが終わったと考えてしまうのは間違いです。失敗を活かしてその後の行動につなげることで、成功といえる結果を得られる可能性は十分にあります。

就活に失敗したと感じたら、まずはなぜ失敗したのか原因を突き止め、今後の行動を考えてみましょう。

▲目次へ戻る

無料説明会

SHARE

最新記事

無料説明会に参加してみる

INTERNOUS,inc. All rights reserved.

無料オンライン説明会へ