ITコラム

column_main20270

スキルアップ

2019.11.29

20代フリーターが正社員採用されるための面接攻略法を紹介!

今回は、20代フリーターが正社員面接で採用されるための、面接攻略法をご紹介します。「正社員面接って何を聞かれるの?すごく緊張する」そう感じる20代フリーターは多くいます。正社員面接は、アルバイトでの面接と大きく異なります。20代フリーターの正社員面接の質問内容と採用に繋がる解答例、面接で好印象を与える方法など、本記事で、面接攻略方法を完全網羅して、スピード内定を勝ち取ってください!

最終更新日:2019年12月08日

目次

1.面接ではフリーターであった事実を的確に説明できることが大前提
2.20代フリーター正社員面接の質問内容と、採用に繋がる解答例紹介
2-1.なぜフリーターになったのですか?(新卒で就職しなかったのはなぜですか?)
2-2.なぜ正社員就職しようと思ったのですか?
2-3.フリーターの期間はどんな仕事をしていましたか?
2-4.アルバイト以外でしていたことはありますか?
2-5.アルバイトと環境が変わりますが、毎日勤務できますか?
2-6.アルバイトの成功談、失敗談を教えてください。
2-7.将来の目標や、今後のキャリアプランはありますか?
2-8.弊社を選んだ理由を教えてください。(志望動機)
2-9.何か質問はありますか?
3.服装・言葉遣い・自己紹介で好印象を与えよう!
3-1.自己紹介は笑顔でハキハキと!
3-2.面接における身だしなみ・ビジネスマナー
4.面接に悩んだら、「就職支援会社」を利用してみよう!
5.まとめ

1.面接ではフリーターであった事実を的確に説明できることが大前提

フリーターに限らず、誰でも面接は、緊張するものです。ここで、重要なことは、書類選考を通過し、企業は「あなたに興味を持ち、会ってみたいと思った」ということです。フリーター期間があることは、マイナスイメージばかりではありません。
下記は、20代フリーターが面接で伝えるべき、重要ポイントの一例となります。

【20代フリーターが面接で伝えるべき重要ポイントの一例】

・フリーターになった理由
・フリーター生活で培ったスキル
・入社後、自分がどんなことで活躍できるか

上記の内容を、的確に解答することができれば、企業から高評価を得ることができるでしょう。是非、リラックスし、自信を持って面接に臨んでみてください。

▲目次へ戻る

2.20代フリーター正社員面接の質問内容と、採用に繋がる解答例紹介

フリーターの正社員面接における質問内容は、新卒の採用面接の質問内容と大きく異なると言われています。
質問全てに、質問の裏側に隠された企業の意図があります。「その質問で、何が知りたいのか?」をしっかりと理解して、的確な解答ができると良いでしょう。
ここで、20代フリーターの正社員面接での質問内容と、採用に繋がる解答例を紹介します。

2-1.なぜフリーターになったのですか?(新卒で就職しなかったのはなぜですか?)

【質問意図】

・「どんな性格、人格の人か?」

【好印象を与えるためのポイント】

・真面目に働いてくれそうな人という印象を与える
・入社したら前向きに新しい仕事に取り組んでくれそうな人という印象を与える

【採用に繋がる解答例】

「学校卒業時、やりたいことが見つからず、飲食店でアルバイトを続けていました。アルバイトがきっかけで、人と接する仕事にやりがいを感じるようになり、正社員として就職活動を始めることにしました」

▲目次へ戻る

2-2.なぜ正社員就職しようと思ったのですか?

【質問意図】

・「正社員就職への本気度」

【好印象を与えるためのポイント】

・フリーター生活の中で正社員就職したいと思ったきっかけを、熱意を持って伝える

【採用に繋がる解答例】

「アルバイトをしていた飲食店で、正社員の方が意欲的に働く姿を目の当たりにし、自身も正社員としてやりがいと責任感をもって働きたいと思いました」

▲目次へ戻る

2-3.フリーターの期間はどんな仕事をしていましたか?

【質問意図】

・「どんなスキルがあるのか」
・「どんなことを学んだか」
・「アルバイト経験を入社してどんなことに活かしてくれるか」

【好印象を与えるためのポイント】

・アルバイトの仕事経験を正社員になってどう活かしていけるかを、具体的にアピールする

【採用に繋がる解答例】

「アルバイトでは、アパレル店で販売をしていました。販売という業務を通じて、コミュニケーション能力や笑顔、的確な言葉遣いやマナー、お客様に沿った臨機応変な接客スキルが身につきました」

▲目次へ戻る

2-4.アルバイト以外でしていたことはありますか?

【質問意図】

・「ストレスを発散する方法を知っているか」
・「どんなことに興味があるのか」

【好印象を与えるためのポイント】

・趣味や好きなことを活き活きと明るく解答する

【採用に繋がる解答例】

「休みの日には、毎週ゲーム仲間とゲームをしています。ゲームすることでストレス発散することができ、協力してゲームをクリアすることで、協力し合う大切さを学びました」

▲目次へ戻る

2-5.アルバイトと環境が変わりますが、毎日勤務できますか?

【質問意図】

・「正社員として責任をもって働く意思があるか」

【好印象を与えるためのポイント】

・正社員としての、覚悟、責任を持って仕事に取り組む熱意を伝える

【採用に繋がる解答例】

「これまでフリーターと正社員では、業務内容や仕事への責任が異なることを実感しました。そのため、今後は、責任ある仕事に前向きにチャレンジしたいと考え、正社員として就職活動を始めました」

▲目次へ戻る

2-6.アルバイトの成功談、失敗談を教えてください。

【質問意図】

・成功談:「その人の強み(長所)」
・失敗談:「その人の問題解決能力(逆境を乗り越える力)」

【好印象を与えるためのポイント】

・成功談:強み(長所)を具体的にアピールする
・失敗談:「失敗→克服→成長」という過程を具体的にアピールする

【採用に繋がる解答例】
【成功談】
「アルバイトでは、テレアポの仕事をしており、チームで協力し、その結果、月間アポイント数1位を獲得することができました。その結果、自身のモチベーションアップに繋がりました」

【失敗談】
「事務職でのアルバイトでは、伝票の記載を誤った結果、荷物の誤配送に繋がりました。このミスから、どの業務においてもダブルチェックを自身のルールとして、再発防止に努めました」

▲目次へ戻る

2-7.将来の目標や今後の、キャリアプランはありますか?

【質問意図】

・「この人の目標やキャリアプランが弊社で実現できるか」
・「今後どのような自分になっていきたいか」

【好印象を与えるためのポイント】

・正社員として、入社した後の目標を具体的にイメージしてアピールする

【採用に繋がる解答例】
(プログラマ志望の場合の解答例)

「私は、前職でコールセンターに勤務し、社内の専用システムに大変興味を持ち、プログラミングを独学で勉強して参りました。御社に、入社した際は、プログラマとして経験を積み、前職で培ったコミュニケーションスキルを活かし、お客様と要件定義(どんなシステムにするか擦り合わせする)や、マネージメントができるシステムエンジニアを目指していきたいと考えております」

▲目次へ戻る

2-8.弊社を選んだ理由を教えてください。(志望動機)

【質問意図】

・「この人が、弊社にマッチした人か」
・「同業他社ではなく、なぜ弊社なのか」

【好印象を与えるためのポイント】

・「どうしても、この会社に就職したい」という熱意をアピールする

【採用に繋がる解答例】
(IT系人材派遣業営業職志望の場合の解答例)

「御社のホームページを拝見し「社員の皆さん仲が良く、年齢・階級に関係なく自由に意見を出し合い、技術共有や勉強会、IT業界のトレンドについても勉強をしている」という点に大変驚きました。入社した際は、自身も「IT技術に知見のある」営業として、キャリアアップしたいと考え志望いたしました」

▲目次へ戻る

2-9.何か質問はありますか?(逆質問)

【質問意図】

・「弊社に対する興味や、適性を見たい」

【好印象を与えるためのポイント】

・「入社したい熱意」を、具体的にアピールする

【採用に繋がる解答例】
【応募企業への興味をアピール】

(1)「◯◯が御社の主力商品だとホームページで拝見しました。他社の商品と比較して優れている点はどういった点でしょうか?」
(2)「御社の◯◯という経営理念に大変共感致しました。その実践のために社員の皆様が取り組んでいることはありますか?」

【応募企業へやる気をアピール】

(1)「◯◯が、自身の得意分野です。この度、応募させていただいた◯◯職ではどのような能力が求められるでしょうか?」
(2)「前職のアルバイトでは、◯◯を頑張ってきました。御社で活躍するために、さらに努力すべき点は、どんな点でしょうか?」

▲目次へ戻る

3.服装・言葉遣い・自己紹介で好印象を与えよう!

面接に限らず、「第一印象」というのは、相手への好き嫌いを決定付ける大切な要因となります。
正社員面接において、清潔感のある身だしなみ、社会人としてのビジネスマナー、好印象を与える自己紹介は、企業へ好印象を与えることができます。

3-1.自己紹介は笑顔でハキハキと!

自己紹介は、「あなたがどんな人か」企業へ知ってもらう大切なチャンスです。
下記は、自己紹介で必ず言うべきことと、自己紹介に盛り込むことで好印象となる内容となります。

【自己紹介で言うべきこと】

・氏名
・現職・前職(アルバイトで何をしていたか)
・意気込みの言葉
(「本日はよろしくお願い致します」など)

【自己紹介に盛り込むと好印象となる内容】

・特技・趣味・部活動の話

特技や趣味の話をすることで、リラックスすることができ、面接が良い雰囲気になります。
自己紹介は、できるだけ、簡潔明瞭にハキハキと話すと良いでしょう。
ここで、【好印象を与える自己紹介】の一例を紹介します。

【好印象を与える自己紹介】

「○○▲▲(氏名)と申します。東京都港区出身です。年齢は、23歳になります。20〇〇年に〇〇高校を卒業した後、現在まで約5年間、コールセンターにて、アルバイトをしています。趣味と特技は、ギター演奏です。手先は器用な方です。本日はどうぞよろしくお願い致します」

▲目次へ戻る

3-2.面接における身だしなみ・ビジネスマナー

下記は、面接における、身だしなみ・ビジネスマナーとなります。

【面接における身だしなみ・ビジネスマナー】

・サイズの合った、ダークカラーのスーツ・白のワイシャツ・ブルーなど清潔感を与えるネクタイ
・髪の毛は、社会人らしい適切な長さ・女性であれば束ねる
・相手の目を見てハキハキと話す
・質問に対し、的確且つ簡潔に解答する

▲目次へ戻る

4.面接に悩んだら、「就職支援会社」を利用してみよう!

「面接の質問や、面接のビジネスマナーなどわかったけど、やっぱり不安」そう思うのは同然です。そんな時、「就職支援会社」を利用して、就職活動のプロにサポートをしてもらうこともおすすめです。
以下は、就職支援会社で受けられるサービスの一例となります。

【就職支援会社で受けられるサービスの一例】

・個別面談による、キャリアサポート・適職紹介
・応募企業ごとの、履歴書などの添削・面接対策
・求人応募の代行
・面接日・入社日の調整
・給与の交渉
・入社後の、スキル・精神面のアフターフォロー

引用元:
フリーターの就職は難しい?いち早く正社員になる方法とは?

面接に不安を感じる場合は、是非、フリーター向けの就職支援会社を利用してみてください。

※フリーターの就職支援会社利用のポイントについては、下記の記事も参照ください。
【20代フリーター】就職におすすめの職種6選/フリーターにおすすめの就職活動方法

▲目次へ戻る

5.まとめ

今回は、20代フリーターが正社員採用されるための面接攻略法について紹介しました。
冒頭でも、お伝えした通り、企業は、「あなたに興味を持って会ってみたい」と感じています。
面接では、「入社したらどんなことで、企業に貢献できるか」「仕事への熱意」「真面目さや誠実さ」など、普段通りのあなたを、リラックスしてアピールしてみてください。
「面接」という最後の壁を乗り越え、是非、正社員としてのキャリアをスタートしてみてください。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.