インタビュー

20 (1)

インタビュー

2022.12.02

【卒業生の声:田辺さん】大学卒業後、フリーターを経てプログラマーへ転身。プログラマカレッジの就活支援の手厚さに助けられました!

受講スクール プログラマカレッジ
受講期間 昼間コース(3か月間)
料金 無料
就職先 株式会社セントラルシステムズ

 
プログラマカレッジ卒業生の田辺さんにお話しをお伺いしました!

❶ 入校前は、独学でシステム開発を経験。一方、体系的にプログラマー職に必要なスキルを学ぶため、プログラミングスクールへ通うことを決意しました

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

【Q】スクールに入校する前の田辺さんのご経歴を少し教えてください

大学2年生の時、投資に興味を持ち、投資を始めました。そのまま投資の世界にのめり込み、卒業後も1年ほどフリーターとして投資の勉強をしていました。

その中で、自動売買システムを開発したいと思ったことがきっかけで、プログラミングを学び始めました。最初はProgateというオンラインの学習サイトで基本的な文法を学び、それから、自動売買特有のMQL4というプログラミング言語を書籍を通じて学びました。

この経験を通じて、開発自体が楽しいと思えたので、投資を納得いくまで突き詰めた後に、プログラマーになろうと決めました。大学卒業から1年後、プログラマーとして就職するためにプログラミングスクールに通いました。

 
【Q】もともと個人で開発もされていたのですね。何故、プログラミングスクールへ入ろうと思ったのですか?

私は、独学でプログラミングを学びシステムを開発した経験はありますが、実際の業務に必要な知識を自分は持っているだろうかという不安な気持ちがあったからです。

実際の仕事で必要な知識を体系的に身につけるには、就活に直結したプログラミングスクールに通うことが1番良い選択だなと思い、プログラマカレッジに通うことにしました。

 
【Q】色々なプログラミングスクールがある中で、プログラマカレッジを選んでいただいたかと思いますが、どの点が決め手になりましたか?

1つ目は、求人数が豊富なところです。
求人の数が多いと、それだけ選択肢が増えますので、自分にあった会社を見つけることができるのではないかと思いました。

2つ目は、チーム開発ができる点です。
インターネットで色々な会社を比較検討する中で、チーム開発を経験できるプログラマカレッジが魅力的に映りました。

▲目次へ戻る

❷ リモート環境下でのチーム開発は大変でしたが、リモートワーク業務のよい予行練習になりました

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

【Q】プログラミング学習の難易度はいかがでしたか?

1~2か月は、教材学習が中心なので、もともと独学で学習していたこともあり順調に進めることができました。一方、3か月目のチーム開発は、初めての体験でしたので、とても新鮮でした。

 
【Q】チーム開発は、何を作られましたか?

5人1チームとなって、ECサイトを開発しました。私は、ユーザー登録機能と商品履歴機能を担当しました。

 
【Q】チーム開発で、大変だった点を教えてください

オフラインの場合は、何か困ったことがあった時、画面を見せながら質問をするなど、同時平行で行えます。一方、オンラインの場合は、テキストで情報を伝えることが中心なので、そのあたりが難しかったです。

ただこれからリモートワークをする可能性もあるので、あらかじめこのような大変な経験をできたことはよい機会だったと思っています。

 
【Q】田辺さんは、Java Silverの資格も取得されていますが、これはいつ頃取り組まれたのですか?

チーム開発の中盤から勉強を始めて、1か月ほど勉強して取得しました。

スクール(昼間コース)は18時に終わるので、そのあとの時間を使って、1日2時間位勉強をしていました。最初の頃は「2か月間、勉強したのに、全然問題が解けないな」と焦りもありましたが、新しい知識を増やすことができたので挑戦して良かったですね。

▲目次へ戻る

❸ 資格取得後、転職活動を開始。キャリアアドバイザーが特殊な経歴が強みになるように指南してくれました

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

【Q】田辺さんは資格を取得してから、就職活動に取り組まれたんですね!

はい、就職活動しながら資格を取得するという方法もあると思うんですが、資格の勉強は資格の勉強、就活は就活と集中して取り組みたいなと思い、そうすることにしました。

 
【Q】就職活動はどれくらいかかりましたか?

面接開始から2週間ほどで内定をいただけました。

 
【Q】2週間というと、かなり良いペースですね!初めての就職活動を終えて、今の率直な気持ちを教えて下さい

私は、大学卒業してから1年間フリーターの期間があり、その時期に頑張っていたことが投資というあまり面接受けはよくない経歴でしたので、就職できるだろうかという不安はありました。

そんな中、キャリアアドバイザーの池田さんは、私のやってきたことを尊重してくださり、そのうえでどのように面接や履歴書で伝えたらよいか、アドバイスをしてくれました。

私の1番頑張ってきたことを否定せず、それを土台にどう表現していくことが面接でよいか、就活アドバイザーの視点から一緒に考えてくださったので、面接でも自信をもって話すことができました。

もし、1人で考えていたら、「投資の話はあまりよくないかな」と不安になって、堂々と話せていなかったと思いますので、メンタル面でも大きな支えになりました。

 
【Q】就職活動中は様々な会社を検討されたと思いますが、現在の会社へ就職を決めた理由は何ですか?

2つの会社選びの軸を持って就職活動に臨みました。

1つ目は、色々な分野に携われることです。
まだプログラマーとしての就労経験がないので、自分の適正を見つけるために色々な分野に携われるところが良いと思いました。

2つ目は、お客様と直接関わることができる上流工程に携われるかどうかです。
もともと自分が開発した自動売買システムは自分のためのシステムでしたが、今後は人のためにシステム開発をすることになりますので、直接お客様と関わる仕事がしたいと思っていました。

その中で、最終的に株式会社セントラルシステムズへ入社を決めたのは、選考を通して、社員の意見を尊重してくれそうな風通しの良さを感じたからです。
面接は2回ありましたが、自分のことを深く知ってくれようとどちらも時間を長く設けてくださりました。また面接では、会社の説明を丁寧にしてくださり、入社前に会社の特徴などを理解する機会を頂くことができました。

 
【Q】いよいよプログラマーとしてのキャリアのスタート地点に立ちますが、将来はどんなエンジニアになっていきたいですか?

まず、入社したらJavaを使ったWeb系の開発に携わっていくことになりますが、そこを入口として色々経験を積みながら、ゆくゆくはお客様へ提案したり要件定義をするような仕事に携わっていきたいです。

▲目次へ戻る

❹ 経歴に自信がない人こそ、手に職をつけられるプログラマーがおすすめ!就職を目指す方には、プログラマカレッジは最高の環境です

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

【Q】最後に、これからプログラマーを目指す皆様へアドバイスをお願いします!

私は大学卒業から1年間フリーターの期間がありました。私と同じように中退、留年など経歴に不安があったり、「変わったことをやっていて受けがよくないのでは?」という方こそ、手に職をつけるという意味でも、プログラマーはおすすめの職業だと思います。

プログラマカレッジは、チーム開発演習や模擬面接などプログラミング学習以外のサポートも手厚いスクールです。プログラミング学習にとどまらず、プログラマーとして就職したい方にはとてもよい環境だと思います。自分の目的に合っているなと感じたら、是非、活用してみることをお勧めします!

▲目次へ戻る

今回の担当者は…

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

キャリアアドバイザー 池田 慶太

本人が「”長期的” に納得のいく転職活動」ができるように全力でサポートします!
人生の大きな決断である就活は、心配・不安なことも多いと思いますが、万全の体制で面接に臨めるよう、しっかり対策を行いますのでお任せ下さい。
内定後に「本当に行きたいと思える企業に出会えた」「急かされず、気持ちに寄り添ってくれたので安心した」という言葉をかけて貰えると嬉しいですね。

 

卒業生の声

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.