ITコラム

column_main20222

スキルアップ

2021.05.12

「プログラミングスクールは、無駄だし通っても意味がない」と言われるのはなぜか?

この記事を書いた人
本間 新
本間 新

フリーランスWebライター
過去に、まったくの未経験からプログラミングスクールに通い、エンジニアに転職した経験あり。エンジニア経験を活かし「IT」「転職」などのジャンルを中心に、記事を書いています。

プログラミングスクールに通おうと思っても、SNSやネットでの「無駄」「意味ない」「必要ない」「やめとけ」という声が気になって、受講に踏み切れない方も多いのでは?本記事では、「プログラミングスクールに行くのは無駄」と言われている理由と「通っても意味がなかった」と後悔しないための解決策を、元エンジニアが徹底解説。おすすめできないプログラミングスクールの特徴や失敗しないスクールの選び方もぜひ参考にしてください。

最終更新日:2021年5月20日

目次

1. 「プログラミングスクールは無駄だからやめとけ」とよく言われるのはなぜか?
 1-1. 高い受講料金に対して見合った結果が得られないから
 1-2. オンラインサービスを利用すれば独学でも学べるから
 1-3. 数ヶ月かけてスクールで学んでも実務経験は積めないから
 1-4. カリキュラムを履修してもエンジニアになれるとは限らないから
 1-5. ノーコード/ローコード時代が到来するとも言われているから
2. 「プログラミングスクールに通っても就職できない」と言われている理由は?
3. 【注意】転職を目指す社会人におすすめできないプログラミングスクールの特徴
4. エンジニアライターが語る!プログラミングスクールのメリットとは
5. 【元エンジニア直伝】プログラミングスクールを賢く利用する方法とは?
 5-1. スクールに通う前に独学で自習しておく
 5-2. スクールに通い始めたら講師にとことん質問する
 5-3. メンターやスクールの生徒たちと積極的に交流する
 5-4. アウトプット学習にも力を入れる
 5-5. 就活時には自分の希望をしっかりと伝える
6. プログラミングスクールを選ぶ前に知っておきたい3つのこと
7. 失敗も後悔もしない!自分に合ったプログラミングスクールの選び方
 7-1. 社会人がプログラミングスクールを選ぶなら?
 7-2. 大学生がプログラミングスクールを選ぶなら?
 7-3. お悩み別にプログラミングスクールを選ぶなら?
8. 節約×最短ルートで学ぶなら無料のプログラマカレッジがおすすめ!

1. 「プログラミングスクールは無駄だからやめとけ」とよく言われるのはなぜか?


SNSやブログでは「プログラミングスクールなんて、無駄だし通っても意味がないからやめておいたほうがいい」という意見をよく目にしますが、「未経験からスクールに通ってエンジニアに転職できた」という成功の声もある一方で、なぜ一部では「無駄」と言われているのでしょうか。

今回は、スクールを卒業後に未経験からエンジニアへの転職を成功させた経験のある筆者が、「プログラミングスクールは無駄」と言われている理由と、そうならないための解決策を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

▲目次へ戻る

1-1. 高い受講料金に対して見合った結果が得られないから


【理由】
無料のプログラミングスクールなら話は別ですが、有料スクールに通った人の中には「高い受講料金に見合った結果が得られなかった」と思って卒業する人も多いようです。なぜなら、プログラミングが学べるスクールは数多く存在していますが、中には「カリキュラムが古い」「講師の質が低い」などの背景から、満足のいく結果が得られない場合もあるからです。

【解決策】
「プログラミングスクールを卒業しても思っていたような結果を得られなかった」と後悔しないためには、事前にスクールのカリキュラムやサポート内容を確認しておきましょう。たとえば、Javaのスキルを身につけたいなら「Java言語やフレームワークが学べるスクールであるか」、またエンジニアに転職したいなら「就活支援のあるスクールであるか」などを確認しておくことをおすすめします。

また、スクールによっては無料体験レッスンや説明会を実施している場合もあります。したがって、WebサイトやSNSなどの情報だけで判断せずに、不安に思うことや疑問点をまとめたうえで積極的に参加し、スタッフの方の対応や教室の雰囲気などをその目で確認しておくと安心です。

▲目次へ戻る

1-2. オンラインサービスを利用すれば独学でも学べるから


【理由】
独学の場合、昔は書籍で勉強する方法しかなかったプログラミングも、今やパソコンひとつで学べるようになりました。そのため、わざわざプログラミングスクールに通わなくてもYouTubeや無料動画サイトで独学できるため、一部では「プログラミングスクールは無駄」と考える人もいるようです。

【解決策】
趣味や教養としてプログラミングを習得するだけならオンライン×独学で学ぶことは可能ですが、実践的なスキルを身につけたい方や、エンジニアへの転職を目指している方であれば、プログラミングスクールに通ったほうが効率よく学習できるしょう。

スクールでは、オリジナルサービスやポートフォリオの作成を支援してくれるだけではなく、わからないことは講師に直接質問できます。また、未経験可の求人紹介や面接対策など、就活面でのサポートも受けられるのも独学にはないメリットでしょう。

▲目次へ戻る

1-3. 数ヶ月かけてスクールで学んでも実務経験は積めないから


【理由】
残念ながら、プログラミングスクールで数ヶ月学んだだけでは、どんな案件にも対応できる即戦力のエンジニアとなるのは不可能です。なぜなら、スクールで学べるのはプログラミングの基礎であって、実務に関しては未経験者であることには変わりないからです。そのため、スクールで学んでも実務経験は積めないことから「スクールは無駄」と考える人も少なからずいるようです。

【解決策】
実務に活かせるスキルを身につけたいなら、現場経験の豊富な講師が在籍しているスクールを選びましょう。なぜなら、そうすることで実務に即したスキルをレクチャーしてもらえるため、「実務経験が積めない」という弱点をカバーできるからです。

実際に筆者がスクールを受講した際も、経験豊富な現役・元エンジニアの講師から直に指導を受けたことで、実務に活かせるバグの解決方法やプログラミングのコツなどを身をもって学ぶことができました。そして筆者がエンジニアとして初めて担当した業務でも、スクールで学んだSQL(データベース)の知識をそのまま活かせたという経験もあります。

こうした理由から、未経験者がプログラミングスクールを選ぶ際には、現役・元エンジニアの講師が在籍しているスクールで、なおかつ実務に活かせるスキルをレクチャーしてくれるスクールを選んでおくと、たとえ実務経験がなくとも自信を持って業務に挑めるでしょう。

▲目次へ戻る

1-4. カリキュラムを履修してもエンジニアになれるとは限らないから


【理由】
プログラミングスクールに通ったからといって、エンジニア転職の成功が確約されるわけではありませんし、必ずしもキラキラしたWeb系自社サービス企業に就職できるわけではありません。また「システムエンジニアを目指している」という場合も同じく、卒業してすぐになれることはまずないと言って良いでしょう。なぜなら、エンジニアへの転職を成功させるためには、スクールのサポートだけに頼らず自身で努力することも重要ですし、下積みの経験も必須だからです。

【解決策】
転職成功率を上げるためには、スクール以外での自主学習や就職支援サポートをフル活用して面接対策にも力をいれましょう。また将来的にWeb系自社サービス企業のWebエンジニアになりたい方や、大手SIerのシステムエンジニアとして働きたい方は、まずはプログラマーからエンジニアとしての第一歩を踏み出して技術を磨き、徐々にステップアップしていくことをおすすめします。

筆者がエンジニアとして働いていた際に、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーの方から話を聞く機会があったのですが、ほとんどの方がプログラマーやテスターなどからキャリアをスタートし、経験を積みながらスキルアップして現在のポジションに至っているとのことでした。

そのため未経験からシステムエンジニアや自社サービス企業のエンジニアになるためには、まずはプログラマーとしての実務経験を積んで、それからキャリアアップを目指していくのが最も現実的な方法と言えるでしょう。

▲目次へ戻る

1-5. ノーコード/ローコード時代が到来するとも言われているから


【理由】
近年、世界ではノーコードやローコードなどの「RAD」と呼ばれる高速開発の市場が拡大し、プログラミング不要で「誰でも開発者」になれる時代がすぐそこまで来ているとも言われ始めています。

ノーコード(no-code)とは、ソースコードをいっさい書かなくてもシステムを開発できるツールのこと。一方でローコード(low-code)は、最小限のコードを記述するだけで、システムを開発できるツールのことを指します。そのため、「システム開発にプログラマーは不要になるのでは」という噂が流れたり、「スクールは無駄」と考えたりする人も増えているようです。

【解決策】
とはいえ、これらの技術が現在完全に普及しているわけではなく、すべてのコーディングが不要になるのはまだ先の未来の話です。たとえコーディングは不要になったとしてもプログラミングはする必要がありますし、ノーコード/ローコードのツールを開発するのはやはりエンジニアです。

それに解決できない課題やトラブルが発生した場合には、将来的にも必ずエンジニアが対応することになるでしょう。こうした背景から、技術力がそう高くないプログラマの仕事はいずれ減る可能性があるかもしれません。ですが、将来有望なエンジニアとして活躍したいのなら、できるだけ早いうちからプログラミングを学んでおけば、今後も決して損することはないでしょう。

▲目次へ戻る

2. 「プログラミングスクールに通っても就職できない」と言われている理由は?


とは言うものの、SNSやブログでプログラミングスクール受講生の書き込みや口コミを見ていると、「未経験からエンジニアになれた」「IT企業に就職できた」という意見がある一方で、「プログラミングスクールを出ても就職できない」という意見も見受けられますよね。

でもなぜ、一部では「就職できない」と言われているのか?その理由は次の3つです。

✔ 具体的な目標を持たず何となくプログラミングスクールに通っていた
✔ うっかり就職サポートが万全でないプログラミングスクールに通ってしまった
✔ 営業力がなく求人案件も少ない「就職成功率」が低いプログラミングスクールだった

さらにくわしい内容については、以下の記事を参考にしてみましょう。

▲目次へ戻る

3. 【注意】転職を目指す社会人におすすめできないプログラミングスクールの特徴


結論から言うと、未経験からIT業界に転職するには、プログラミングスクールに通う方法が最も有用です。

とはいえ、中には転職を目指す方には向かないスクールもありますが、転職を目指す社会人にとっておすすめできないスクールの特徴は以下の4つです。

 ✔ 講師の質が低く実務レベルに対応していない
 ✔ 受講料金が高すぎて支払い能力を超えている
 ✔ 就職サポートが一切ない・就職先が選べない
 ✔ カリキュラムが古い・最終ゴールが現実的でない

各項目の具体的な内容については、リンク先でチェックしてみてください。社会人におすすめなプログラミングスクールの条件を知りたい方は、この記事もご参考に。

IT専門のキャリアアドバイザーが直伝する、プログラミングスクールの選び方や賢い学び方については、以下の記事も要チェック。

転職に強く受講料金の安いオンラインプログラミングスクールについて知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみましょう。

▲目次へ戻る

4. エンジニアライターが語る!プログラミングスクールのメリットとは


プログラミングスクール経由でエンジニアに転職する以前、筆者は接客業界で働いており、IT業界は全くの未経験でした。プログラミングスクールに通う前に一度Javaを独学した経験はあるのですが、とにかく複雑でわからないことが多く、途中で挫折した経験もあります。

その後、無料のプログラミングスクールに通って無事就職に成功した経験があるのですが、そんな元エンジニアである筆者が考えるプログラミングスクールのメリットは、以下の5つです。

 ✔ 実務で通用するプログラミングスキルが身につく
 ✔ 仲間と一緒に学べるのでモチベーションを保ちやすい
 ✔ プログラミングの学習方法とその習慣が身につく
 ✔ ポートフォリオ(成果物)を作成できる
 ✔ プログラミングを正しく学ぶことで論理的思考力が磨ける

それぞれのリンク先では、実体験をもとに詳細を語っているので、未経験からプログラミングスクールに通うことを検討している方はぜひ読んでみてください。

▲目次へ戻る

5. 【元エンジニア直伝】プログラミングスクールを賢く利用する方法とは?


ここまで解説したように、プログラミングスクールには多くのメリットがあるものの、「もし合わないスクールに通ってしまって、お金も時間も無駄したあげく、就職もできなかったらどうしよう…」と不安に思う方もいることでしょう。

ですが、スクールを賢く利用すれば目的のスキルを効率よく習得することが可能ですし、活かし方次第では得られるメリットもたくさんあるのです。

ここでは、エンジニア経験とスクール卒業生としての実体験を元に、プログラミングスクールを賢く利用する方法を紹介しますので「スクール選びに失敗したくない」と思っている方は、ぜひお役立てください。

▲目次へ戻る

5-1. スクールに通う前に独学で自習しておく

スクールに通う前には、無料体験や無料説明会に参加することが必須です。ですがその機会を有効活用するには、独学で少しでもプログラミングを学習しておくことを強くおすすめします。

なぜなら予習しないまま入校すると、もしプログラミングに馴染めなかった場合「受講費用を無駄にした」と後悔してしまう可能性が高いからです。理解度の目安としては「プログラミングの基礎や概念を理解し、自分で簡単なホームページを作り始められる」くらいを目標として学習を進めると良いでしょう。

これらの基本を理解したうえで「どんなアプリを開発しようか悩んでいる」「自分で解決できないエラーが増えてきた」といった状態でスクールに通ったほうが的確に質問もしやすくなるため、目的のスキルをスムーズに習得しやすくなります。

▲目次へ戻る

5-2. スクールに通い始めたら講師にとことん質問する

短期間で効率的にスキルを身につけたいのなら、わからないことは積極的に講師へ質問しましょう。なぜなら、悩むことばかりに時間を取られてしまうと、学習を先に進められないためスキルを習得できず「スクールに通ったのは無駄だった」と後悔する可能性が高いからです。

実際に、筆者がスクールに通っていた際にも解決できないエラーが発生したことがあり、一人で数時間ほど悩んでも解決できなかったのですが、プロの講師に質問したところ1分足らずで解消できた経験があります。

せっかくスクールに通っても、講師に質問せず自分だけの力で解決しようとしてしまっては、独学とほぼ同じ学習効率になってしまいます。そのため「こんな初歩的なことを聞いていいのだろうか」という遠慮はせず、どんどん質問してスキルを身につけるようにしましょう。

▲目次へ戻る

5-3. メンターやスクールの生徒たちと積極的に交流する


せっかくプログラミングスクールに通うのであれば、メンターやスクールの生徒たちとの交流は積極的に行うと良いでしょう。

なぜなら、メンターや講師とコミュニケーションをとることで、実務に活かせる技術やエンジニア経験者ならではのノウハウが学べる可能性があるからです。また、他の受講生と交流を深めるとモチベーションの維持につながったり、わからない点を教え合ったりといったことも可能になるだけでなく、エンジニアやプログラマーに不可欠なコミュニケーションスキルを磨く絶好のチャンスにもなるでしょう。

▲目次へ戻る

5-4. アウトプット学習にも力を入れる

スクールでは豊富な教材が用意されているため、インプット学習に多くの時間を割いてしまう方もいます。しかし効率的にプログラミングスキルを身につけるためには、積極的にコードを書いてアウトプット学習を行うことのほうが重要です。

もちろんインプット学習も大切なのですが、実際に自分でプログラムを書いたりエラーを解決したりしないと、実践的なプログラミングスキルは身につかないのです。

スクールならつまずいても講師にすぐ質問できるので、「テキストを完全に理解してからコードを書こう」というスタンスよりも「とりあえず書いてみよう」という姿勢で学習したほうが、効率的かつスピーディーにスキルを身につけられるでしょう。

▲目次へ戻る

5-5. 就活時には自分の希望をしっかりと伝える

就職・転職サポートがあるスクールに通うなら、自分が希望する求人の条件などは就活時にしっかりと伝えるようにしましょう。

なぜなら、希望条件を伝えることで、自分にマッチした就職先が見つかりやすくなるため、入社後に「思っていた環境とは違った」と後悔するリスクを抑えることができるからです。また、数ある仕事情報から自分に合った企業を選択し就活を成功に導くためには、カウンセリングを上手く活用し、担当のキャリアアドバイザーに相談することも重要です。

ただし、スクールによっては紹介された求人を断ることができないケースもありますので、受講前には就活サポートの内容を入念に確認しましょう。

プログラミングスクール卒業後の就職先は、主に次の8つ。

各企業の詳細については、ぜひ以下の記事もご参考に。

プログラミングスクールを卒業したあとの初任給や年収、また将来的に稼げるようになるためのロードマップについては、こちらの記事もチェックしてみてください。

▲目次へ戻る

6. プログラミングスクールを選ぶ前に知っておきたい3つのこと


ところで、「無料プログラミングスクール」と一口に言っても、以下の条件によって3つのタイプに分かれていることをご存じですか?

完全無料のプログラミングスクール
条件付き無料のプログラミングスクール
実質無料のプログラミングスクール

1つめは、対象年齢に当てはまる方であれば、学歴や職歴も問わずに無料で学べる「完全無料のプログラミングスクール」。

2つめは、規定の応募要件を満たすと学費が無料になる「条件付き無料のプログラミングスクール」。

そして3つめは、最初に「一時金」として保証金や受講料金を預け入れ、定められた条件を達成した場合に限り全額キャッシュバックとなる「実質無料のプログラミングスクール」です。

それぞれの特徴やメリット&デメリットについては、各リンク先の解説を参考にしてください。

また各プログラミングスクールが設けている支援と保証の違いについても、事前に確認しておきましょう。

▲目次へ戻る

7. 失敗も後悔もしない!自分に合ったプログラミングスクールの選び方


プログラミングスクールを賢く利用する方法と基本知識を身につけたら、自分にとって最適なプログラミングスクールの選び方についても確認しておきましょう。

具体的なチェック項目は、次の8つ。
 
 ✔ 通学することなくオンラインでも学べるか?
 ✔ 入学前のカウンセリングや無料体験はあるか?
 ✔ 目的に合ったプログラミング言語が学べるか?
 ✔ マンツーマンの個別指導があるか?質問できる環境か?
 ✔ 受講料金は適切か?費用は支払いの予算内に収まるか?
 ✔ 学習可能な時間帯に講座が開講しているか?
 ✔ 講師やカリキュラムの質は実務レベルに対応しているか?
 ✔ 就職や転職に結び付く就職サポートはあるか?

このリストを参考にして選べば、あとになって「入ってみたら自分の想像と違った」「こんなことなら最初からやめとけばよかった…」なんていう後悔は決してしないはずですよ。

▲目次へ戻る

7-1. 社会人がプログラミングスクールを選ぶなら?


また未経験から短期間で効率よくプログラミングを学びたい社会人の方は、この4点に留意してプログラミングスクールを選ぶと良いでしょう。

 ✔ 平日夜間や土日でも受講できるか?
 ✔ 通学と同じカリキュラムをオンラインで学べるか?
 ✔ 教育訓練給付対象の「Re:スキル講座」があるか?
 ✔ 就職支援や転職サポートが万全であるか?

各項目のくわしい内容ついては、各リンク先でご確認ください。

以下の記事では、社会人が短期間で効率よくプログラミングを学ぶ方法を解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

▲目次へ戻る

7-2. 大学生がプログラミングスクールを選ぶなら?


もし現役大学生の方がプログラミングスクールを選ぶ際は、次の7項目に注目しましょう。

 ✔ 学割やキャンペーン割引は適用されるか?
 ✔ 実務経験のあるエンジニア講師が教えてくれるか?
 ✔ 無料相談や無料体験はできるのか?
 ✔ 受講料金は適切な価格か?
 ✔ オンラインにも対応しているか?
 ✔ 制作実績が残せるポートフォリオの作成は可能か?
 ✔ 就職サポートや転職支援は受けられるか?

2020年から小学校でもプログラミング教育が必修化されたことから、「将来に備えて、大学生のうちからプログラミングスクールに通っておいたほうがいいかもしれない」と考える大学生が増えていますが、在学中にプログラミングを学んでおくメリットについては、こちらの記事を参考にしてください。

▲目次へ戻る

7-3. お悩み別にプログラミングスクールを選ぶなら?


プログラミングスクール選びに失敗しないコツは、スキルを習得した先のゴールをイメージし、就職を最終目標としたスクールを選ぶこと。

そのうえで、以下2つのポイントに留意することがスクール選びに失敗しない秘訣です。

  • 理想の就職先を具体的にイメージする
  • どんな職種のエンジニアになりたいのかを明確にする

 
さいごは「無駄なく失敗せずにプログラミングスクールを選びたい」と考えている方に向けて、よくある3つのお悩み別にプログラミングスクールの選び方をご紹介しましょう。

 ✔ 途中で挫折することへの不安がある場合
 ✔ 地方在住者が都心のIT企業へ就職したい場合
 ✔ 未経験からプログラマーへの転職を希望する場合

プログラミングスクールで学ぶと最短ルートで就職できる理由については、以下の記事をご覧ください。

▲目次へ戻る

8. 節約×最短ルートで学ぶなら無料のプログラマカレッジがおすすめ!


今回は「プログラミングスクールは無駄」と言われる理由やそうならないための解決策のほか、スクールを賢く利用する方法などについて筆者の経験則をもとに解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

スクールの受講後に後悔しないためには、事前にカリキュラムやサポート内容を確認し、自分に合ったスクールを選ぶことが大切です。そしてスクールに通い始めたら、講師や他の受講生たちと積極的に交流を深め、わからないことはとことん質問することをおすすめします。

もしあなたがこれから「未経験からエンジニアに就職したい」「就職支援のあるスクールに通いたい」と考えているのなら、無料のプログラミングスクール「プログラマカレッジ」で、私たちと一緒にプログラミングを学んでみませんか?

パソコンにはじめて触る高校生や、デスクワーク経験のないフリーターの方でも大丈夫。パソコンに関する基本知識から実務に対応できるITリテラシーまで、まったくの未経験からまるごとマスターできますよ。

さらに業界に精通したアドバイザーや経験豊富なプロの講師陣が就職をしっかりとサポート。上京就活生には首都圏の物件を無料で貸し出してくれるので、地元から離れても心強いのが嬉しいですね。

→ 就職支援付き無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ

この記事を参考にプログラミングスクールを効率よく利用し、エンジニアへの就職を成功させてください。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.