ITコラム

プログラミングスクール 無駄

スキルアップ

2019.11.27

プログラミングスクール通いは無駄ではない!その理由を解説

エンジニアを目指してプログラミングスクールを検討中の方で「プログラミングスクールに通っても時間と費用を無駄にするのではないか」と不安のある方はいませんか?
もちろん、プログラミングスクールに通いさえすれば誰でもエンジニアになれるというわけではありません。が、一般的に未経験者がプログラミングを学んでエンジニアとして就職したい場合は、プログラミングスクールに通うのが効率的です。
今回は、プログラミングスクールに通うことは決して無駄なことではないという理由を紹介します。ご自身の目標や学習方法等を見直す際の参考にしてみて下さい。

最終更新日:2019年12月12日(公開日:2019年11月27日)

目次

1.プログラミングスクール通いはなぜ無駄と思われているのか
2.プログラミングスクール通いが無駄ではない理由
 2-1.完全未経験で就職するより、プログラミング基礎を学んでいる人材のほうが即戦力に近づくため
 2-2.独学には向き不向きがあるため
 2-3.プログラミングスクールは学習を強くサポートしてくれるため
 2-4.エンジニアを目指すならプログラミングスクールが近道であるため
3.まとめ

1.プログラミングスクール通いはなぜ無駄と思われているのか

効率的にプログラミングを習得するためには、プログラミングスクールを利用するのがおすすめですが、中には「プログラミングスクールに通うのは無駄だ」というような感想や考えを持っている方もいます。

なぜ「プログラミングスクールに通うのは無駄だ」と思われるのでしょうか。
そのような主張を調査してみると、概ね次のような理由からでした。

  • プログラミング未経験でもITエンジニアになれる
  • プログラミングは本やネットで学べる
  • 受講料が高い
  • カリキュラムの内容が悪い
  • ▲目次へ戻る

     

    2.プログラミングスクール通いが無駄ではない理由

    本当にプログラミングスクールに通うのは無駄なのでしょうか?
    そんなことはありません!
    プログラミングスクール通いが無駄ではない理由は次の通りです。

  • 完全未経験で就職するより、プログラミング基礎を学んでいる人材のほうが即戦力に近づくため
  • 独学には向き不向きがあるため
  • プログラミングスクールは学習を強くサポートしてくれるため
  • エンジニアを目指すならプログラミングスクールが近道であるため
  •  
    では 1つずつ解説します。
     

    2-1.完全未経験で就職するより、プログラミング基礎を学んでいる人材のほうが即戦力に近づくため

    IT業界は人手不足ということもあって、プログラミング未経験でも応募可能な求人はあります。

    ただ、プログラミング経験が全く無い状態でエンジニアとして就職をすると、随時質問をしながら仕事をすることになり、周りの先輩方に負担を強いることになります。
    そのため、未経験で応募可能な求人でも、企業としては少しでもプログラミングの知識のある方を採用したいのが本音です。

    全くの未経験よりも プログラミングの基礎を学んでいる方の方が即戦力に近づき、就職後もスムーズに仕事をすることができます。

    ▲目次へ戻る

     

    2-2.独学には向き不向きがあるため

    プログラミングの学習方法には、プログラミングスクールを利用する他に 本を読んだりネットで情報を得たりして独学で学ぶ方法もあります。

    ただ、独学は 疑問点を解消するのに時間がかかったり、モチベーションの維持や学習リズムの整え方が難しかったりします。
    時間をかけても解消できない疑問点が増えたり、やる気が持続できなくなったりすると、そのまま挫折してしまう危険性が高くなります。

    このように独学には向き不向きがあります。

    そして、プログラミング未経験でITエンジニアになれる方と同様に独学でプログラミングを習得できる方は「プログラミングスクールに通う必要がない」というだけで、一般的に「プログラミングスクール通いが無駄」なわけではありません。

    本やアプリを利用して学習を進めながら、疑問点があれば質問できる知人がいる など、独学でプログラミングスキルを身に付けられそうだと思う方は、まず独学で学習を始めるのも良い方法です。

    ▲目次へ戻る

     

    2-3.プログラミングスクールは学習を強くサポートしてくれるため

    プログラミングスクールに通った経験があって「プログラミングスクールに通うのは無駄だ」という方は、「○○万円も払ったのに無駄だった」という内容の感想を持っていることが多いです。

    プログラミングを習得するためには、ロジックや文法を理解することが不可欠で、本人の努力なしでは習得できません。
    プログラミングを学習するのはご自身で、プログラミングスクールはそれを強くサポートしてくれる存在です。
    プログラミングスクールのサポートを受けながら目標に向かって努力をすれば短期間で効率良くスキルを習得することができます。

    プログラミングスクールに通う際には、「ITエンジニアになってWebシステムの開発をする」などの目的意識を持って、積極的に学習していくことが大切です。

    ▲目次へ戻る

     

    2-4.エンジニアを目指すならプログラミングスクールが近道であるため

    プログラミングスキル無しでエンジニアを目指す方や独学にチャレンジする方以外でエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールで効率良くプログラミングを習得するのがエンジニアになる近道です。
    プログラミングスクールには、主に次のようなメリットがあるからです。

    ■疑問点をその場で質問できる

    プログラミングの学習方法として独学という方法もありますが、独学には 個々の疑問を解消するのに時間がかかるという欠点があります。
    一般的なプログラミングスクールでは、講師やメンターと呼ばれるサポートスタッフが随時質問に対応してくれるため、理解のスピードが速く、学習がスムーズに進みます。

    ■学習のリズムを整えやすい

    プログラミングスクールは、プログラミングの習得に向けたカリキュラムが組まれているので、どのペースでどれだけ学習していけば良いかという見通しが立てやすいです。
    また、良い学習環境も提供されることが多いため、学習のリズムをさらに整えやすくなります。

    ■モチベーションを維持しやすい

    プログラミングスクールには 自分と同じように頑張っている方々がいるため、その存在が励みとなり モチベーションを維持しやすくなります。

    ■就職支援を受けることができる

    プログラミングスクールでは様々な就職支援を受けることができます。
    数か月お世話になったプログラミングスクールで就職支援を受けられるというのは、エンジニアとして就職を目指す方にはとても心強いことだと思います。

    ▲目次へ戻る

     

    3.まとめ

    プログラミングスクールは無駄ではないという理由を紹介しましたが いかがだったでしょうか。
    プログラミングスクール通いは、エンジニアを目指すなら効率的な方法の一つなので、無駄かどうかではなく、ご自身に必要かどうかと考えることをおすすめします。
    プログラミングスキル無しでエンジニア就職を目指そうという方や独学が向いている方は、まずその方向でチャレンジしてみるのもいいですが、そうでない方は 是非前向きにプログラミングスクールを検討してみて下さい。

    ▲目次へ戻る

    SHARE

    最新記事

    無料相談する

    INTERNOUS,inc. All rights reserved.