ITコラム

プログラミングスクール 選び方

スキルアップ

2019.11.13

就職につなげるプログラミングスクールの選び方、抑えておきたいポイント紹介

未経験からエンジニアとして就職を目指す方へ、プログラミングスクールの選び方のポイントを紹介します!
これからプログラミングを学んでエンジニアとして就職したいと考えている方は、プログラミングスクールを利用するのがおすすめです。
独学よりプログラミングスクールがおすすめな理由とプログラミングスクールを選ぶ際に抑えておきたいポイントを紹介しますので参考にしてみて下さい。

最終更新日:2019年11月24日(公開日:2019年11月13日)

目次

1.独学よりプログラミングスクールがおすすめな理由
2.プログラミングスクールの選び方
 2-1.目標とする職種のITエンジニアになれるか
 2-2.通学かオンラインか
 2-3.納得できる費用か
 2-4.習得したいプログラム言語が学べるか
 2-5.カリキュラムの内容
 2-6.質問しやすい環境か
 2-7.就職支援の内容が希望に合うか
3.エンジニアとして就職したい人へおすすめのプログラミングスクール
 3-1.GEEKJOB( ギークジョブ )
 3-2.TechAcademy( テックアカデミー )
 3-3.TECH BOOST( テックブースト )
 3-4.プログラマカレッジ
4.まとめ

1.独学よりプログラミングスクールがおすすめな理由

プログラミングを学習する方法は、入門書や学習アプリを利用して独学する方法もありますが、エンジニアを目指すならプログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

以下の理由からです。

  • 疑問点をその場で質問できるので学習がスムーズに進む
  • 集中して学ぶという学習のリズムを整えやすい
  • 自分と同じように頑張っている方々の存在が励みとなってモチベーションを維持しやすい
  • 就職支援を受けることができる
  •  
    エンジニアになりたい場合は、なるべく早く就職してエンジニアとしての経験を積んでいくことがとても重要なので、効率的にプログラミングスキルを身に付けるためには、プログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

    ▲目次へ戻る

     

    2.プログラミングスクールの選び方

    効率的にプログラミングスキルを学ぶために プログラミングスクールを利用するとして、次にプログラミングスクールの選び方をを紹介します。

    エンジニアを目指す方は、次の7つのポイントをヒントにプログラミングスクールを探してみて下さい。

  • 目標とする職種のITエンジニアになれるか
  • 通学かオンラインか
  • 納得できる費用か
  • 習得したいプログラム言語が学べるか
  • カリキュラムの内容
  • 質問しやすい環境か
  • 就職支援の内容が希望に合うか
  •  
    では、1つずつ紹介します。
     

    2-1.目標とする職種のITエンジニアになれるか

    プログラミングを行うエンジニアには、主に次のような種類があります。

  • プログラマー
  • Webエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • 組み込み・制御エンジニア
  •  
    どのエンジニアを目指すかという目標を定めて、それを実現できるかという観点でプログラミングスクールを選ぶのが重要なポイントとなります。

    各プログラミングスクールのサイトで、卒業生のインタビュー記事や体験談をチェックしてみて下さい。
    実際に受講した方がどんな企業で何の仕事をしているかを知ると、ご自身の目標が実現できるかどうかを判断しやすくなります。

    ※以下の各卒業生のインタビュー記事も是非ご覧下さい。
    卒業生インタビュー一覧

    ※各エンジニアの詳細については以下の記事もご参照下さい。
    ITエンジニアの種類、仕事内容、必要とされるスキルを紹介

    ▲目次へ戻る

     

    2-2.通学かオンラインか

    通学して受講するタイプか、オンラインで都合のいい場所・時間に受講できるタイプか、という点も チェックすべきポイントです。
    個人的には、より短期間でスキルの習得が可能と考えている通学タイプをおすすめしますが、仕事をしながら受講したい場合などは オンラインタイプが便利ですね。
    両者には、次のようなメリット、デメリットがあります。

    ■通学

  • 【メリット】
  • 学習のリズムを整えやすい
  • 疑問点をその場で質問できる
  • モチベーションを維持しやすい
  • 【デメリット】
  • スケジュールが合わないと受講できない
  • スクールが通学できる場所にないと受講できない
  •  
    ■オンライン

  • 【メリット】
  • 自分のペースで受講できる
  • どこに住んでいても受講できる
  • 【デメリット】
  • 疑問点を解消するのに時間がかかる
  • モチベーションを維持するのが難しい
  • ▲目次へ戻る

     

    2-3.納得できる費用か

    費用は 1番にチェックする項目だと思いますが、エンジニアを目指す方は、次のようなポイントで予算や受講料を検討してみて下さい。

  • 現時点で受講料として払える金額を基に予算を設定するか
  • エンジニアとして就職後、何カ月で受講料を回収できるかを考えて予算を設定するか
  • 習得できるスキルに対して納得できる受講料か
  •  
    就職できる必要最低限のスキルを身に付けたいか、できるだけ沢山の知識を身に付けて余裕を持って就職活動をしたいか で受講料に対する見方も違ってきますね。

    ▲目次へ戻る

     

    2-4.習得したいプログラム言語が学べるか

    学びたいプログラミング言語の講座があるかも重要なチェックポイントです。

    どれでもいいので 1つのプログラミング言語をマスターすることが大事ですが、どんなシステムを作るエンジニアになりたいかを考えて、それが実現できるプログラミング言語を学ぶのもおすすめです。

    プログラミング言語とそれで開発できる主なシステムとの関連は次の通りです。

  • Web系システム
  • Java
  • PHP
  • Rudy
  • JavaScript
  •  

  • オープン系システム
  • Java
  • C++
  • C#
  •  

  • 組み込み系システム
  • Java
  • C
  • C++
  •  

  • ソーシャルゲーム系システム
  • C++
  • C#
  •  
    それでもプログラミング言語の選択に迷われている方には、今後もエンジニアとして高い需要が見込めるJavaかPHPをおすすめします。

    ▲目次へ戻る

     

    2-5.カリキュラムの内容

    エンジニアを目指す方にとっては、カリキュラムの内容もチェックすべきポイントです。
    実践的な内容のカリキュラムが エンジニアとしての就職につながります。
    カリキュラムが実践的かどうかを事前に判断するのは難しいと思いますが、

  • 卒業生のインタビュー
  • 口コミ
  • SNS
  • などをチェックしてみて下さい。 

    3~6カ月の受講でプログラミングを習得した卒業生がエンジニアとして就職しているようなレビューがあれば、実務につながる実践的な内容のカリキュラムが組まれている可能性が高いです。

    ただ、このような情報は 発信した方の体験に基づく主観的なものなので、ご自身にも当てはまるかどうかをよく検討して、そのまま鵜吞みにしないように注意して下さいね。

    体験講座や説明会などで、直近の卒業生の就職率を聞いてみるのもおすすめです。
    卒業生の大部分がエンジニアとして就職しているようなプログラミングスクールは、実践的な内容のカリキュラムが組まれている可能性が高いです。

    ▲目次へ戻る

     

    2-6.質問しやすい環境か

    独学ではなくてプログラミングスクールを利用する重要なメリットの1つは、個々の疑問をその場で質問できるという点です。

    そのため、質問に応対するスタッフの数が不足していたり、質問しにくい教室の雰囲気だったりすると、プログラミングスクールに通う価値が半減してしまいます。

    逆に、内気な性格の人でも質問がしやすいように、例えば机の上に質問カードを出しておくと講師が立ち寄ってくれるなどの配慮をしてくれるプログラミングスクールもあります。

    質問しやすい環境かどうかはネット等の情報から判断できないので、体験講座や説明会などに参加して確認することをおすすめします。

    ▲目次へ戻る

     

    2-7.就職支援の内容が希望に合うか

    エンジニアを目指す方には、就職支援の内容も大事なチェックポイントです。

    各プログラミングスクールでは、次のように様々な就職支援が行われていますが、その内容がご自身の希望に沿うものかを確認して下さい。

  • ビジネスマナーやエントリーシートの書き方の指導
  • キャリアアドバイザーのカウンセリング
  • 企業で実務を経験するインターン制度
  • 就職保障制度(就職できなければ受講料返金)
  • 就職先として様々な企業を紹介してもらえる
  • スクール終了後に提携企業に就職できる
  • 卒業後もサポートが受けられる
  • ▲目次へ戻る

     

    3.エンジニアとして就職したい人へおすすめのプログラミングスクール

    未経験からエンジニアとして就職を目指す方へ、おすすめのプログラミングスクールを紹介します。
    選び方のポイントと照らし合わせながらご自身の希望に合うかどうかをチェックしてみて下さい。
     

    3-1.GEEKJOB( ギークジョブ )

    サイトURL https://camp.geekjob.jp/
    受講料 無料
    (20 代対象の 転職コース )
    就職支援 転職メンターがサポート
    紹介案件:500社以上
    就職実績 転職率:97.8%
    学べる言語 PHP、Java、Ruby
    受講スタイル 通学
    ・場所:四ツ谷(四ツ谷駅 徒歩1分)、九段下(九段下駅 徒歩5分)
    ・カリキュラム:平日週 3 日が基本
    期間 最短 1 ヶ月
    ( 未経験の場合は 3 ヶ月が目安 )
    体験 有( 無料 )

     
    ギークジョブは、20 代の方を対象に受講料無料の「 転職コース 」を開講しているプログラミングスクールで、転職率が高い点がおすすめポイントです。

    30 歳以上の方でも、「 学習コース 」( 受講料120,000円 )を受講して就職支援を受けることができます。

    平日の 10 時 ~ 18 時の間に 週 3 日通学することが基本ですが、”正社員として勤務中の方で既に退職日が決まっている方であれば、18 時 ~ 21 時の通学も OK “、”アルバイトが必要な場合は応相談”、など、フレキシブルに対応してくれます。

    エンジニアとして転職を目指すなら是非検討してみて下さい。

    ▲目次へ戻る

     

    3-2.TechAcademy( テックアカデミー )

    サイトURL https://techacademy.jp/
    受講料 エンジニア転職保証コース:298,000円
    他、コースや期間によって99,000円~289,000円
    (学生料金の設定有)
    就職支援 メンターとキャリアカウンセラーがサポート
    紹介案件:600社
    学べる言語 エンジニア転職保証コース:Java
    他コースでは Ruby、HTML5、CSS3、SQL、PHP、Java、JavaScript、jQuery、Python、Scala 等が学べる
    受講スタイル オンライン
    ・メンターにビデオチャットで質問可能(週2回)
    ・チャットサポート有(15時~23時)
    期間 3 ヶ月
    体験 無料キャリアカウンセリング 有

     
    テックアカデミーは、プログラミングだけでも「 Java コース 」や「 フロントエンドコース 」など数多くのカリキュラムを展開しているスクールです。

    中でも、「 エンジニア転職保証コース 」というユニークな内容のカリキュラムがあって、それがおすすめポイントです。

    エンジニア転職保証の内容は、
    「・受講開始時点で30歳以下、・東京勤務が可能、・IT企業へエンジニアとして転職の意思がある、・受講期間中に転職活動をする意思がある、・期間中に学習時間を300時間以上確保できる、・全ての課題に合格 」
    という条件をクリアした場合に、
    「 学習プログラム修了後、6 ヶ月間企業面談を実施しても内定が出ない場合、受講料を全額返金 」
    という なかなか厳しい内容で、受講料も決して安くはないのですが、追い込まれるほどやる気が上がるタイプの人には最適かもしれません。

    エンジニアとして転職を目指し、自分を奮い立たせてチャレンジしたい方は、是非検討してみて下さい。

    ▲目次へ戻る

     

    3-3.TECH BOOST( テックブースト )

    サイトURL https://tech-boost.jp/
    受講料 入学金:219,800 円(オンライン134,800円)
    月額:29,800円
    (学生料金の設定有)
    就職支援 エンジニアに特化したキャリアサービスを行っている 運営会社 Branding Engineer がサポート
    学べる言語 HTML、CSS、Ruby、PHP
    受講スタイル 通学 / オンライン
    期間 3 ヶ月 ~
    体験 無料説明会 有

     
    テックブーストは、エンジニアに特化したキャリアサービスを行っている Branding Engineer が運営しているため、就職に有利な点がおすすめポイントです。

    受講料が月額の設定になっているので、短期に集中してスキルを身に付けるというモチベーションにもつながりそうですね。

    エンジニアとしてできるだけ早い就職を目指して チャレンジしたい方は、是非検討してみて下さい。

    ▲目次へ戻る

     

    3-4.プログラマカレッジ

    サイトURL https://programmercollege.jp/
    受講料 無料
    就職支援 ITエンジニア専門の転職支援会社である 運営会社 インターノウス がサポート
    紹介案件:常時5000件~7000件
    就職実績 平均内定獲得数:3.7社
    就職率:96.2%
    学べる言語 Java、PHP、MySQL、JavaScript、jQuery、HTML5、CSS3
    受講スタイル 通学
    ・場所:半蔵門駅 徒歩5分、九段下駅 徒歩9分、市ヶ谷駅 徒歩15分
    ・カリキュラム:個別研修、平日5日間、週3夜間
    期間 1 ~ 3 ヶ月
    体験 無料相談・無料見学 有

     
    プログラマカレッジは、ITエンジニア専門の転職支援会社 インターノウス が運営しているため、就職に強い点が 1 番のおすすめポイントです。

    確かな人材を紹介することで 各企業から協賛金を得てスクールが運営されていて、通常だと高額になる受講料が無料となっています(途中でやめてしまった場合の違約金等もありません)。

    このような経緯から、採用される企業側のニーズも熟知しているプログラマカレッジでは、より実践的な内容の講義を受けることができます。

    エンジニアとして就職を目指すなら是非検討してみて下さい。

    ▲目次へ戻る

     

    4.まとめ

    未経験からエンジニアとして就職を目指す方へ、プログラミングスクールの選ぶ際に抑えておきたいポイントを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

    プログラミングは、エンジニアとして仕事を始めるとどんどんスキルアップして 面白味も増していきますので、プログラミングスクールで効率良く学んで できるだけ早く就職することをおすすめします。

    目標とするエンジニア像を明確にして、是非それが実現できるようなプログラミングスクールを見つけて下さい。

    ▲目次へ戻る

    SHARE

    最新記事

    無料相談する

    INTERNOUS,inc. All rights reserved.