ITコラム

column_main33632

スキルアップ

2021.05.20

プログラミングスクール卒業後の初任給と年収は?将来のキャリアマップや卒業生の本音も暴露します

この記事を書いた人
本間 新
本間 新

フリーランスWebライター
過去に、まったくの未経験からプログラミングスクールに通い、エンジニアに転職した経験あり。エンジニア経験を活かし「IT」「転職」などのジャンルを中心に、記事を書いています。

プログラミングスクールの受講を検討しているものの、「卒業後のお給料はいくらもらえるの?」「将来高年収を稼ぐにはどんなキャリアを進むべき?」とお悩みの方も多いでしょう。本記事では、プログラミングスクール卒業後に未経験から就職したプログラマーの初任給と平均年収や就職先のほか、20代~30代で稼げるプログラミング言語を徹底解説。実際にスクールに通って就職に成功した元エンジニアの筆者が、スクール卒業後の所感を体験談を交えて語りますので、ぜひご覧ください。

最終更新日:2021年5月20日

目次

1. プログラミングスクール卒業後の初任給と平均年収はどれぐらい?
2. 20代の平均年収が高い言語と30代で500万円を目指せる言語は?
 2-1. 20代・30代で高年収が狙えるプログラミング言語は?
 2-2. 未経験からプログラミングを学ぶならどの言語がおすすめ?
3. プログラミングスクール卒業後、将来稼ぐためにはどんなキャリアマップが正解?
4. 【元エンジニアの本音】プログラミングスクール卒業後の所感を暴露します
 Q1. 「プログラミングスクールを卒業して良かった」と思えた瞬間とは?
 Q2. プログラミングスクールで習得したスキルは実際の仕事で役立った?
 Q3. プログラミングスクール卒業後にフリーランスを目指すことは考えた?
 Q4. プログラミングスクール卒業後に「こうしておけば…」と後悔したことは?
 Q5. プログラミングスクール卒業後に「即戦力」として活躍できる人とは?
5. プログラミングスクールを卒業しても就職できない人の特徴は?
6. 【チェックリスト】失敗しないプログラミングスクールの選び方とは?
7. プログラミングスクール卒業後の将来に不安があるならまずは無料相談へ

1. プログラミングスクール卒業後の初任給と平均年収はどれぐらい?


インターノウス(当社)の調べによると、プログラミングスクール卒業生の初任給は平均でおよそ20万円

厚生労働省が発表した「平成30年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況」によると、大学卒の初任給は20万6,700円、高校卒の初任給は16万5,100円という結果からみても、プログラミングスクール卒業生の初任給は高卒者にとっては平均以上、また大卒者にとってはごく平均的な金額だと言えるでしょう。

参考:平成30年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況|厚生労働省

また当社が独自に調査した結果、プログラミングスクール卒業後の平均年収は約250万円~300万円ほど。

この金額は未経験からエンジニアとして就職した場合の相場ですが、過去には初年度年収が350万円以上で内定を獲得した方も多数おり、その後、地道にキャリアを積んでいくとピーク時では1,000万円もの年収を稼ぐ人々も存在します。

そんな背景から「IT業界は学歴を問わずに稼げて、高年収が目指せる」と巷でもよく言われていますが、では、どんな言語を習得すると20代や30代のうちから平均よりも高い年収を獲得できるのでしょうか?

▲目次へ戻る

2. 20代の平均年収が高い言語と30代で500万円を目指せる言語は?


そこで、2020年にTECH Street(テックストリート)が発表した「プログラミング言語別年収ランキング」をもとに、20代と30代におけるプログラミング言語ごとの平均年収を一覧表にしたところ、以下のような結果となりました。

2-1. 20代・30代で高年収が狙えるプログラミング言語は?

言語 20代の平均年収 30代の平均年収
R 476万円 569万円
Scala 440万円 512万円
Objective-C 407万円 519万円
COBOL 406万円 514万円
Perl 405万円 555万円
VC・VC++ 404万円 489万円
Python 403万円 546万円
Swift 398万円 479万円
Ruby 397万円 520万円
Go 397万円 562万円
SQL 392万円 500万円
PL/SQL 391万円 493万円
C++ 390万円 521万円
C 388万円 521万円
VB 382万円 504万円
C# .NET 381万円 495万円
Java 380万円 505万円
JavaScript 378万円 497万円
VB.NET 373万円 486万円
PHP 361万円 467万円
F# 312万円 550万円

出典:2020年プログラミング言語別年収ランキング|TECH Street(テックストリート)

20代で年収が高い言語のベスト3は、以下のとおり。

  • 1位:R(476万円)
  • 2位:Scala(440万円)
  • 3位:Objective-C(407万円)

 
そして、30代で年収500万円以上が狙える言語は、以下のような結果となりました。

  • SQL(500万円)
  • VB(504万円)
  • Java(505万円)

▲目次へ戻る

2-2. 未経験からプログラミングを学ぶならどの言語がおすすめ?

また世界最大級のプログラミングQ&Aサイトである「Stack Overflow」が2020年に発表した人気プログラミングランキングでは、1位に「JavaScript」2位に「HTML/CSS」がランクインし、3位が「SQL」に。

出典:Stack Overflow Developer Survey 2020

そして4位が「Python」、5位が「Java」という結果でしたが、Pythonはサーバーサイド開発だけではなく、データ分析に使用されることも多い言語です。そのため純粋なサーバーサイド言語という視点で見ると、Javaのほうが優位であるとも言えるでしょう。

さらに、IT系に特化した転職エージェントである「レバテックキャリア」が2020年7月に発表した「2019年度プログラミング言語別新規求人案件割合ランキングTOP5」では、Javaが1位にランクイン

こちらのプログラミング言語別年収ランキングをみると、20代におけるJavaの平均年収は380万円ですが、30代では505万円もの年収が見込めることからも、未経験からプログラミング学んでエンジニアへの就職を目指す方には、キャリアを積むほど年収がアップする可能性も高まり、なおかつ世界的にも需要と人気が高く、国内の求人数も最多である「Java」の習得がおすすめです。

そうすれば、将来的にもエンジニアを本業として安定した収入を確保しながら、ベテランのIT技術者として末永く活躍していけることでしょう。

▲目次へ戻る

3. プログラミングスクール卒業後、将来稼ぐためにはどんなキャリアマップが正解?


プログラミングスクール卒業後の就職先は、主に次の8つ。

 

このように業界や業種、職種によってさまざまな就職先があるものの、プログラミングスクール卒業後にプロのエンジニアとして稼げるようになるには、今後どのようなキャリアマップを描いていけば良いのでしょうか。

こちらは、プログラミングスクール卒業後におけるITエンジニアのキャリアアップイメージを表した図です。

プログラミングスクール卒業後は、基本的にプログラマーとして就職するのが一般的で、最初は単体テストや結合テストといった「下流工程」と呼ばれる業務を担います。

そして、3年~5年ほどの経験を積むとSE(システムエンジニア)にキャリアアップし、主にシステムの基本設計や詳細設計といった「上流工程」の業務を担当することに。

さらにSEとして実務経験を積み重ねるうちに、最終的に要件定義やコンサルティングなどの、ハイレベルな業務を任されるようになりますが、ほとんどの場合、レベルの高いエンジニアにキャリアアップすることで、給与・年収の金額も上昇していく傾向にあります。


(注)
• 先端IT従事者とは、データサイエンス/AI・人工知能/IoT/ブロックチェーン/自動運転などの業務に携わる回答者のこと
• 一般的なIT従事者とは、非先端IT技術者のこと
• 上記回答者の年代は、40代~50代の割合が高いことに留意が必要

参考:IT人材白書2020

そしてこちらは、現在IT業界で働くベテランエンジニアたちの年収を比較したグラフです。

調査の対象は主に40~50代ですが、一般的なIT従事者(非先端IT技術者)の場合、年収400万円~600万円を稼ぐ人の割合は15.2%と最も多く、年収が1,000~1,500万未満の人が7.6%いることも見逃せません。

一方、データサイエンスやAI・人工知能に携わる先端IT従事者の場合だと、年収1,000~1,500万未満の割合が15.2%にも上りますが、いずれにせよ、前述のようなフローで地道にキャリアを積んでいくと、40代以降には約500万円近くの年収を期待できることがわかるでしょう。

▲目次へ戻る

4. 【元エンジニアの本音】プログラミングスクール卒業後の所感を暴露します


プログラミングスクール卒業後の初任給や年収だけでなく、その後の将来が気になりつつも、「まずは実際にスクールに通った人の本音が知りたい」と思う方も意外と多いのではないでしょうか。

そんなみなさんのために、ここではプログラミングスクールに通う前によくあるお悩みをQ&A形式にまとめました。実際にプログラミングスクールに通ってエンジニアに転職した経験のある筆者の実体験をもとに、スクール卒業後の率直な所感をお話しします。

▲目次へ戻る

Q1.    「プログラミングスクールを卒業して良かった」と思えた瞬間とは?

プログラミングスクールに通って一番よかったと感じたことは、「未経験からエンジニアに転職できたこと」です。

実は、筆者はスクールに通う前にプログラミングを独学し、自力でエンジニアへの転職活動を行った経験があります。いくつかの企業の面接を受けたのですが内定に結びつかず、「自分はエンジニアにはなれないのかな」と感じていました。

しかしエンジニアになることを諦めきれず、プログラミングの独学にも限界を感じていたため、スクールに通い始めました。就職サポート付きのスクールに通ったことで、応募書類の書き方や面接での話し方についてアドバイスを受けることができ、想定される質問例なども数多く教えてもらうことができました。

そしてスクールのキャリアアドバイザーの方と面接練習を重ねたことで、無事エンジニアに転職できたため、プログラミングスクールを卒業して良かったと感じています。そのため「エンジニアに就職できるか不安」という方は、就職サポートが充実しているスクールを選ぶことをおすすめします。

▲目次へ戻る

Q2.    プログラミングスクールで習得したスキルは実際の仕事で役立った?

筆者がプログラミングスクールで身につけた技術は、主に以下の5つです。

• HTML/CSS
• JavaScript/jQuery
• Java
• SQL
• GitHub

エンジニアとして初めて担当した業務は「データベースを使ったシステムの改修」であったため、上記スキルのうちSQLとJavaが役立ちました。

就業先では基本的に、未経験者はまずテスト業務のみを担当するようなのですが「SQL文が書ける」「サーバーサイド言語を学んでいる」という点を評価していただき、最初から改修業務を任せてもらうことができました。

そして実務では「VB.NET」というプログラミング言語を使用したのですが、スクールで習ったJavaと似ている文法が多かったため、初めてでもスムーズに理解できたという経験があります。

▲目次へ戻る

Q3.    プログラミングスクール卒業後にフリーランスを目指すことは考えた?

現在は得意分野の知見を活かしてフリーランスのWebライターとして活動していますが、プログラミングスクール卒業時にはフリーランスを目指すことは考えていませんでした。

なぜなら、まずはIT企業に就職してエンジニアとして働き、実務に対応できるだけのスキルを身につけたいと思ったからです。

それにフリーランスエンジニアとして活動するには、案件を獲得するために自分を売り込みながら営業する必要があります。その際、技術力や実務経験などが重視されるのは一般的な就活と同じです。

そのため未経験者は実務経験者と比べて、自ずと案件獲得の難易度が高くなるため、未経験からフリーランスエンジニア一本で稼いでいくのはハードルが高いと感じていたため就職を選んだのですが、そのときに培った経験は、現在別の形でフリーランスの仕事に活かすことができています。

そのため将来的にフリーランスを目指している方でも、まずは一旦IT企業に就職してキャリアを積み、そのうえで現場スキルを高めながら人脈の構築も同時に行っておくことをおすすめします。

▲目次へ戻る

Q4.    プログラミングスクール卒業後に「こうしておけば…」と後悔したことは?

プログラミングスクール卒業後に最も後悔したのは、「ITに関する資格を取得しておくべきだった」ということです。

その理由は、資格を取得することで意欲をアピールできたり、自身のスキルを証明できたりといったメリットがあるからです。

エンジニアへの就職活動において資格は必須ではありませんが、取得した資格を評価してもらうことができれば、内定獲得率アップが期待できるでしょう。

それに入社する企業によっては、資格を持っておくことで毎月の給与に資格手当が加算され、年収がアップする場合もあります。そのため未経験からエンジニアを目指すなら、ITパスポートや基本情報技術者試験、学習したプログラミング言語に関する資格などを取得しておくことをおすすめします。

▲目次へ戻る

Q5.    プログラミングスクール卒業後に「即戦力」として活躍できる人とは?

就職してから痛感したのは、「自分から新しい技術を学んでいける人」や「コミュニケーション力が高い人」は、スクール卒業後でも即戦力として活躍できる可能性が高い、ということです。

多くの場合、企業や開発プロジェクトによって、使用する言語や技術が異なります。それゆえ未経験からエンジニアになる際は、初めて触れる技術を使って開発するケースが多いため、自主的に学習しプロジェクトに貢献できる人は、即戦力として評価されやすくなるからです。

また、エンジニアの業務では設計者や開発者、顧客たちとコミュニケーションを取る機会が多いものです。SEやプロジェクトマネージャーなど、上流工程になればなるほど顧客や開発者と直に交渉する機会も増えるため、コミュニケーション力が高い人は、早いうちから有望な人材としても評価されるでしょう。

そのため即戦力として活躍できるだけでなく将来性のあるエンジニアになりたいのなら、新しい技術を自主的に学ぶ習慣を身につけるだけでなく、円滑なコミュニケーションを築くためのスキルも今のうちから磨いておくと良いでしょう。

▲目次へ戻る

5. プログラミングスクールを卒業しても就職できない人の特徴は?


とはいえ、プログラミングスクールは、あくまでプログラミング学習や就職活動を支援するサービスであるため、スクールに通えば必ず就職できるとは限りません。

それにスクールのサポートだけに頼ってしまい努力を怠ってしまうと、スクールを卒業しても就職できない可能性も高くなってしまうので注意が必要です。

プログラミングスクールに通っても就職が決まりにくい人の特徴は、主に次の3つです。

✔ スクールを卒業すること自体が目標になっている人
✔ 「課題をクリアすれば就職できる」と考えて自発的に学習しない人
✔ 人に聞いてばかりで自分で調べながら問題を解決しようとしない人

プログラミングスクールを卒業すること自体を目標としている方や、「課題さえ提出すれば実務で通用するだけの基礎力が必ず身につく」という他力本願で人まかせな方も、残念ながら就職成功率がぐんと下がる傾向に。

またエラーやバグが出たときに「なぜこうなったのか?」と考えて調べようともせず、最初から人に聞いてばかりの方も、プロとして現場で活躍すること自体、現実的にも厳しいでしょう。

【性格的な特徴と思考パターン】

• 集中力が長く続かない人
• 本や活字を読むのが苦手な人
• 何をするにも根気がなくすぐに諦めやすい人
• 目的意識を持つことが苦手な人
• 常に受け身で自分からは行動を起こさない人

 
プログラミングスクールを卒業して、就職や転職が成功する人の特徴については、以下の記事を参考にしてみましょう。

▲目次へ戻る

6. 【チェックリスト】失敗しないプログラミングスクールの選び方とは?


ここまで、プログラミングスクールを卒業後の初任給や年収、そして将来のキャリアマップについても解説してきましたが、みなさんもご自分が卒業したあとのイメージを掴むことができたでしょうか?

最後は、就職や転職に失敗しないためのプログラミングスクールの選び方についても確認しておきましょう。

具体的なチェック項目は、次の8つ。

✔ 通学することなくオンラインでも学べるか?
✔ 入学前のカウンセリングや無料体験はあるか?
✔ 目的に合ったプログラミング言語が学べるか?
✔ マンツーマンの個別指導があるか?質問できる環境か?
✔ 受講料金は適切か?費用は支払いの予算内に収まるか?
✔ 学習可能な時間帯に講座が開講しているか?
✔ 講師やカリキュラムの質は実務レベルに対応しているか?
✔ 就職や転職に結び付く就職サポートはあるか?

それぞれのくわしい内容については、各リンク先の解説を確認してください。

このチェックリストを基準にして選べば、あとになって「入ってみたら自分の想像と違った」「こんなことなら最初からやめとけばよかった…」なんていう後悔は決してしないはずですよ。

▲目次へ戻る

7. プログラミングスクール卒業後の将来に不安があるならまずは無料相談へ


今回はプログラミングスクール卒業後の給与やキャリアマップ、筆者の経験をもとにした所感などについて解説してきましたが、いかがでしたか?

プログラミングスクール卒業生の初任給は約20万円(平均年収250万円~300万円)ですが、習得する言語や描くキャリアマップによっては、将来的に高い年収を狙えることをおわかりいただけたのではないでしょうか。

もしあなたがこれから「未経験からエンジニアに就職したい」「就職支援のあるスクールに通いたい」と考えているのなら、無料のプログラミングスクール「プログラマカレッジ」で、私たちと一緒にプログラミングを学んでみませんか?

パソコンにはじめて触る高校生や、デスクワーク経験のないフリーターの方でも大丈夫。パソコンに関する基本知識から実務に対応できるITリテラシーまで、まったくの未経験からまるごとマスターできますよ。

さらに業界に精通したアドバイザーや経験豊富なプロの講師陣が就職をしっかりとサポート。上京就活生には首都圏の物件を無料で貸し出してくれるので、地元から離れても心強いのが嬉しいですね。

→ 就職支援付き無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ

そんな「プログラマカレッジ」なら無料でプログラミングを学べるだけではなく、履歴書の書き方や面接対策などのサポートも受けられるため、間違いなく就職成功率をアップできるでしょう。

「スクール卒業後のことについて色々と不安がある」という方は、ぜひ無料相談に参加して、気になることをとことん質問してみてください。

一人で悩んでいることでも業界知識が豊富なキャリアアドバイザーになんでも相談できるので、きっとあなたの不安も解消できるでしょう。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.