ITコラム

column_main31955

スキルアップ

2021.03.17

プログラミングスクールに通っても就職できない人とは?元エンジニアが語る就活成功の秘訣【体験談】

この記事を書いた人
本間 新
本間 新

フリーランスWebライター
過去に、まったくの未経験からプログラミングスクールに通い、エンジニアに転職した経験あり。エンジニア経験を活かし「IT」「転職」などのジャンルを中心に、記事を書いています。

「プログラミングスクールは就職できないからやめとけって本当?」「未経験からエンジニアを目指したいけどスクールに行っても意味ないの?」と悩んでいる方に向けて、本記事では「就職できない」と言われる理由や、就職に失敗しがちな人の特徴を元エンジニアが徹底解説。プログラミングスクール卒業後、就職に成功した筆者が就活成功の秘訣やスクールの選び方、コロナ禍における未経験求人状況をたっぷりと語ります!

最終更新日:2021年3月17日

目次

1. 「プログラミングスクールに行っても就職できない」と言われている理由は?
2. プログラミングスクールに通っても就職できない傾向にある人とは?
3. プログラミングスクールを卒業して、就職や転職が成功する人とは?
4. 【体験談】プログラミングスクールに通って就職に成功した秘訣をお教えします
 4-1. 未経験から就職を成功させた最大のコツは3つ
 4-2. 面接対策において最も気をつけた3つのポイント
5. 元エンジニア直伝!失敗しないプログラミングスクールの選び方
6. 【2021年】コロナの影響でIT業界の未経験求人数はどう変化した?
7. 【初心者必見】自分に合ったプログラミングスクールの見極め方とは?
8. エンジニアに就職したいならプログラマカレッジがおすすめ!

1. 「プログラミングスクールに行っても就職できない」と言われている理由は?

SNSやブログでプログラミングスクール受講生の書き込みや口コミを見ていると、「未経験からエンジニアになれた」「IT企業に就職できた」という意見がある一方で、「プログラミングスクールを出ても就職できない」という意見も見受けられますよね。

でもなぜ、一部では「就職できない」と言われているのか?その理由は次の3つです。

✔ 具体的な目標を持たず何となくプログラミングスクールに通っていた
✔ うっかり就職サポートが万全でないプログラミングスクールに通ってしまった
✔ 営業力がなく求人案件も少ない「就職成功率」が低いプログラミングスクールだった

「スマホアプリを開発してみたい」「自分でゲームを作ってみたい」などといった具体的な目標がないと、たとえプログラミングスクールに通っても「自分はなんのために頑張っているんだろう」と考えてしまい、日々の学習や就職活動に対する意欲が次第に低下していきます。

いくら「プログラミングスクールなら未経験から就職できる」といっても、最低限プログラミングスキルを持っていることが前提です。それにモチベーションが保てなければ日々の学習も苦痛になるので、プログラミングの習得自体も難しいでしょう。

また就職サポートが万全でないプログラミングスクールに通ってしまうと、プログラミングは習得できても求人探しや面接対策などのサポートが受けられないことも。さらに未経験の場合、自力で就職活動を進めてしまうと、求人の探し方や面接での話し方がわからず「内定を獲得できない」というケースも少なくないのです。

またプログラミングスクールに通って就職を成功させるためには、そのスクールに在籍しているキャリアアドバイザーや営業スタッフの提案力も重要なポイントです。

営業力が乏しく、紹介案件数も少ないと「応募できる求人が少ない」「そもそも自分に合った求人がない」といった事態が起こるだけでなく、エントリーできる企業の数が少ないことで内定獲得のハードルも上がり、結果「就職できない」という状況に陥ってしまうのです。

上記以外では、年齢がネックとなり就職ができないケースも。

なぜなら未経験からプログラマやエンジニアに就職する場合、年齢が若いほど採用されやすい傾向があるからです。そうした背景から、プログラミングスクールによっては年齢制限を設けている場合もあるため、これから受講を検討している人はできるだけ20代のうちに行動したほうがベストと言えるでしょう。

▲目次へ戻る

2. プログラミングスクールに通っても就職できない傾向にある人とは?

とはいえ、いくら年齢が若いからと言ってプログラミングスクールに通いさえすれば誰でも就職できるというわけではありません。

では、プログラミングスクールに通っても、就職できない傾向にある人にはどんな傾向があるのでしょうか?

プログラミングスクールに通っても就職が決まりにくい人の特徴は、主に次の3つです。

✔ スクールを卒業すること自体が目標になっている人
✔ 「課題をクリアすれば就職できる」と考えて自発的に学習しない人
✔ 人に聞いてばかりで自分で調べながら問題を解決しようとしない人

プログラミングスクールを卒業すること自体を目標としている方や、「課題さえ提出すれば実務で通用するだけの基礎力が必ず身につく」という他力本願で人まかせな方も、残念ながら就職成功率がぐんと下がる傾向に。

またエラーやバグが出たときに「なぜこうなったのか?」と考えて調べようともせず、最初から人に聞いてばかりの方も、プロとして現場で活躍すること自体、現実的にも厳しいでしょう。

【性格的な特徴と思考パターン】

・集中力が長く続かない人
・本や活字を読むのが苦手な人
・何をするにも根気がなくすぐに諦めやすい人
・目的意識を持つことが苦手な人
・常に受け身で自分からは行動を起こさない人

▲目次へ戻る

3. プログラミングスクールを卒業して、就職や転職が成功する人とは?


こうした理由から、深堀りすることが得意な人ほどプログラマーやエンジニアに向いているとも言われていますが、ではプログラミングスクールを卒業したあと、就職や転職に成功しやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか?

✔ 身につけたいスキルや職業について具体的なビジョンを持っている人
✔ 無料の学習サイトでプログラミング言語を学んでからスクールに通った人
✔ 自分の年齢に合った就職支援付きのプログラミングスクールでしっかり学んだ人

主な特徴はこれらの3つですが、「どのようなスキルを身に付け、どのような開発現場に就職したいのか」…というふうに、自分のなりたい将来像を明確に持っていると、今後のキャリアに必要なスキルが自ずとみえてきます。

またプログラミングについて何も知らないで入校した場合、「いざ学び始めてみたら自分には合っていなかった」という場合もあるはず。

そうならないためには、スクールに通う前にProgateやドットインストールといった無料の学習サービスを積極的に利用し、まずは「プログラミング言語とは一体どんなものか?」を実際に体験してみるのも1つの方法です。

【性格的な特徴と思考パターン】

・集中力の高い人
・論理的思考が得意な人
・一つのことをコツコツと長く続けられる人
・コミュニケーションスキルが高く協調性のある人
・将来を見据えながら自発的に行動できる人

▲目次へ戻る

4. 【体験談】プログラミングスクールに通って就職に成功した秘訣をお教えします


ここまで、プログラミングスクール経由で就職できない傾向にある人や、就職に成功しやすい人の特徴などについて解説しました。

この記事をご覧になっている方の中には、「実際にスクールに通った人の体験談を知りたい」という方も多いでしょう。

そこでこの章では、未経験からプログラマやエンジニアを目指す方に向けて、実際にプログラミングスクールに通って就職に成功した筆者が、その秘訣を紹介します。これまでのエンジニア経験を活かし、現在ライターとして活動している自身の体験をもとに解説しますので、ぜひ参考にしてください。

▲目次へ戻る

4-1. 未経験から就職を成功させた最大のコツは3つ

知識ゼロの未経験からプログラミングを学び、プログラマとして正社員になりたい

そう思った自分が、就職を成功させるための「学習のコツ」や「就職活動のポイント」として気をつけたことは、次の3つです。

✔ プログラミングでつまずいたら、まずは自分で調べる
✔ 面接対策や企業調査に力を入れる
✔ プログラマやエンジニアとしての将来像をイメージしておく

プログラミング学習でつまずいてしまった場合、まずは自分で調べることをおすすめします。

なぜなら自分で調べることで検索リテラシーが磨かれ、問題解決能力も向上するからです。就職活動の面接でも、自力で問題を乗り越えた経験をアピールできれば「自分で問題解決ができそうな人だな」という好印象を与えられるでしょう。もちろん、自分で調べても答えが出ない場合は、講師に質問して問題ありません。

自分の場合、上記3つのポイントを押さえてスクールに通ったことにより、プログラミング学習に挫折することなく就職を実現できました。また、面接の質問で「わからないことに直面したらどのように対処しますか?」と聞かれた際にも、その時のエピソードを思い出しながら話したことでスムーズに対応できた経験があります。

▲目次へ戻る

4-2. 面接対策において最も気をつけた3つのポイント

また、未経験からプログラマやエンジニアに就職する際は、技術力よりもコミュニケーション力や熱意が重視される傾向があります。そのため、面接対策は入念に行う必要がありますが、未経験からの就職面接で聞かれる質問として、特に多いのは次の3つです。

✔ 志望動機
✔ 応募先の企業を選んだ理由
✔ プログラマやエンジニアとしての将来像

上記のような質問に対して的確に回答するためには、企業調査を入念に行っておくだけでなく、自身の将来像をイメージしておくことが欠かせません。

実際に自分が面接を受けたときには、上記のような質問に対し「御社の○○という点に魅力を感じて志望しました」「将来的にはプログラミング以外にも設計やマネジメント業務にも携わりたいです」と答えたことで、好感触を得られました。志望動機や将来像をはっきりと答えられたのは、入念に企業のホームページを確認したことや、スクールの講師からアドバイスをもらえたことが大きな要因だと感じています。

さらに面接においては、回答する内容だけではなく話し方や声のトーンも重要なため、実際の面接を想定した練習が必要です。プログラミングスクールの中には模擬面接を実施してくれるスクールもあるため、就職活動に不安がある方は、就活サポートに定評のあるスクールを選ぶと良いでしょう。

▲目次へ戻る

5. 元エンジニア直伝!失敗しないプログラミングスクールの選び方


でも、いざ自分が通うプログラミングスクールを決めようとはしてみたものの、あまりの数の多さに「何を基準に選んだらいいのだろうか?」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

また小学生や中学生向け・高校生や大学生向け・就職や転職を目指す20代のフリーターや30代の社会人向け…といったように、プログラミングスクールはターゲットとする対象年齢ごとに分かれているのも特徴です。

極端な話、たとえば子供向けのプログラミングスクールに社会人が通っても、実務に活用できるITスキルはおそらく習得できませんよね。そのため、できるだけ自分と同年代で同じレベルの受講生たちと学ぶことも賢く学習をすすめる秘訣です。

以下の記事では、元エンジニアの筆者が、これまでの実体験を元に「プログラミングスクールを失敗しないで選ぶコツ」についてくわしく解説しているのでぜひ参考にしてください。

▸参考記事:
高校生や大学生がプログラミングスクールを選ぶなら?
20代~30代の大人がプログラミングスクールを選ぶなら?
プログラミングスクールのメリットとは?就職に強い理由とデメリットも解説

▲目次へ戻る

6. 【2021年】コロナの影響でIT業界の未経験求人数はどう変化した?

ここまで解説してきたとおり、手厚い就職支援が受けられるプログラミングスクールに通うことで、未経験から就職に成功する確率はぐんとアップします。とはいえ、コロナの影響でIT業界の求人数がどう変化したのか?と気になっている方が多いはず。

こちらは当社で独自に算出したデータをグラフ化した図ですが、求人状況の推移をみると、IT業界の未経験求人数は2020年4月の緊急事態宣言時に一時激減したものの、2020年8月より採用ニーズが復活していることがおわかりいただけるでしょうか?

※インターノウス調べ
引用:コロナの影響による未経験者求人数の推移|ITエンジニアのポテンシャル採用とは?内定獲得に向けたポイントも解説

また8月以降は未経験エンジニアの求人数は依然として増加傾向にあり、また2021年に入ってから採用活動を再開する企業がさらに増えているため、今後はより一層求人数が増えていくことが見込まれています。

こうした理由から、コロナ禍であっても未経験からプログラマやエンジニアに就職するのは、まったく不可能ではありません。むしろIT業界は人手不足であるため、プログラミングスキルが身についている20代の方であれば、業界経験がなくとも採用される可能性は十分にあるでしょう。

しかしポテンシャル採用は景気の動向に左右されやすいので、今後もコロナの影響次第では変動する可能性も

とは言うものの、オンライン面接やリモート研修のノウハウを備えた企業も続々と増えているので、そう心配する必要はなさそうですが、たとえどんな業界であっても”採用市場は常に社会情勢の影響を受けやすい”ことだけは頭の片隅に入れておきましょう。

▲目次へ戻る

7. 【初心者必見】自分に合ったプログラミングスクールの見極め方とは?


プログラミングスクールの選び方やIT業界の求人状況がわかったところで、最後は自分にぴったり合ったスクールの見極め方についても確認しておきましょう。

具体的なチェック項目は、次の8つ。

✔ 通学することなくオンラインでも学べるか?
✔ 入学前のカウンセリングや無料体験はあるか?
✔ 目的に合ったプログラミング言語が学べるか?
✔ マンツーマンの個別指導があるか?質問できる環境か?
✔ 受講料金は適切か?費用は支払いの予算内に収まるか?
✔ 学習可能な時間帯に講座が開講しているか?
✔ 講師やカリキュラムの質は実務レベルに対応しているか?
✔ 就職や転職に結び付く就職サポートはあるか?

それぞれのくわしい内容については、各リンク先の解説を確認してください。

このチェックリストを基準にして選べば、あとになって「入ってみたら自分の想像と違った」「こんなことなら最初からやめとけばよかった…」なんていう後悔は決してしないはずですよ。

▲目次へ戻る

8. エンジニアに就職したいならプログラマカレッジがおすすめ!


今回は「プログラミングスクールは就職できない」と言われる理由や就職成功のコツなどについて、筆者の実体験をもとに解説してきましたが、いかがでしたか?

プログラマやエンジニアを目指してプログラミングスクールに通うなら、目標設定やスクール選びが重要です。そのためスクールを卒業することが目標になっていたり、就職サポートが万全でないスクールを選んでしまうと、残念ながら就職成功率が下がってしまう可能性が高いでしょう。

また、コロナの影響によりIT業界の未経験求人数は一時的に減ったものの、現在は採用状況が改善されていることから、今後はさらに就職市場が活発化することも予想されています。

もしあなたがこれから「未経験からエンジニアに就職したい」「就職支援のあるスクールに通いたい」と考えているのなら、無料のプログラミングスクール「プログラマカレッジ」で、私たちと一緒にプログラミングを学んでみませんか?

パソコンにはじめて触る高校生や、デスクワーク経験のないフリーターの方でも大丈夫。パソコンに関する基本知識から実務に対応できるITリテラシーまで、まったくの未経験からまるごとマスターできますよ。

さらに業界に精通したアドバイザーや経験豊富なプロの講師陣が就職をしっかりとサポート。上京就活生には首都圏の物件を無料で貸し出してくれるので、地元から離れても心強いのが嬉しいですね。

→ 就職支援付き無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ

そんな「プログラマカレッジ」なら無料でプログラミングを学べるだけではなく、履歴書の書き方や面接対策などのサポートも受けられるため、間違いなく就職成功率をアップできるでしょう。

ぜひこの記事を参考にご自身に合ったプログラミングスクールを選んで、プログラマやエンジニアへの就職を成功させてくださいね。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.