ITコラム

column_main30144

スキルアップ

2021.01.20

料金が安いプログラミングスクールおすすめ6選!選ぶポイントも解説

この記事を書いた人
プログラマカレッジ編集部
プログラマカレッジ編集部

未経験からプログラマになりたいと考えてる皆さまに、プログラミング言語の基礎知識や、プログラマとしての転職ノウハウ、転職に役立つ資格、IT業界情報など、お役立ちコラムを配信しています。

本記事では、料金重視でプログラミングスクールを探している方向けに、未経験からエンジニアを目指せるおすすめのコースを紹介します。無料プログラミングスクールの仕組みや、かかる費用に差が出る理由、料金以外に重視すべきポイントも解説。安くて効果的に学習できるスクールを知りたい方は是非ご覧ください!

最終更新日:2021年1月20日

目次

1. プログラミングスクールにかかる費用はどのくらい?
 1-1. プログラミングスクールの費用内訳
 1-2. プログラミングスクールの料金比較
2. なぜ無料?どうして料金に違いがあるの?
 2-1. 無料プログラミングスクールの仕組み
 2-2. 料金の違いがある理由
3. 【料金重視で選びたい人向け】おすすめのプログラミングスクール6選
 3-1. プログラマカレッジ
 3-2. GEEK JOB
 3-3. ぼくらのあした
 3-4. 侍エンジニア塾
 3-5. DMM WEB CAMP
 3-6. TechAcademy
4. 料金を重視してプログラミングスクールを選ぶときの比較ポイント
 4-1. コースや期間を確認する
 4-2. 受講料以外にもかかる費用を確認する
 4-3. 割引制度を確認する
 4-4. 返金や違約金内容を確認する
 4-5. 支払い方法を確認する
5. 【重要】プログラミングスクールを選ぶポイントは料金だけじゃない
6. 未経験者におすすめのプログラミングスクールは?
 6-1. 無料でプログラミングが学べる
 6-2. 就職・転職サポートがあるプログラミングスクール
7. まとめ

1. プログラミングスクールにかかる費用はどのくらい?

プログラミングスクールに通おうと考えた時、料金は非常に気になるポイントですよね。
まずは、プログラミングスクールにかかる費用の内訳と相場について解説します。

▲目次へ戻る

1-1. プログラミングスクールの費用内訳

プログラミングスクールでは、受講料以外に入学金やテキスト代・教材費、パソコンなどの機器代金が必要になる場合があります。
スクールによって差はありますが、おおよその相場は以下の通りです。

  • 受講料:無料~約70万円(100万円を超えるコースも有)
  • 入学金:無料~約20万円
  • 教材費:受講料に含まれる場合がほとんど
  • 機器代金:約10万円~約30万円(無料で貸し出しを行なっている場合もあり)
※プログラマカレッジITコラム内で紹介しているプログラミングスクール費用から算出しています。


▲目次へ戻る

1-2. プログラミングスクールの料金比較

次に、ネットなどでよく見かけるプログラミングスクールではどのくらいの料金がかかるのか、具体的な費用を紹介します。

※各スクール・コースによって内容が異なりますので、一概には比較できませんが、平均的な学習期間3ヶ月前後の、標準的なコースから抜粋するものとします。

スクール名(サービス名) 受講スタイル 受講期間 料金
プログラマカレッジ
(週3夜間コース)
通学/オンライン 4ヶ月 完全無料
TECH::CAMP プログラミング教養 通学/オンライン 退会を申し出るまで 入学金:198,000円
※月額料金:19,800円(初月無料)
侍エンジニア塾
(デビューコース12週間プラン)
通学(要追加料金)/オンライン 12週間 入学金:29,800円
受講料(学生):247,500円
受講料(一般):258,000円
TECH::CAMP
(短期集中スタイル)
通学/オンライン 10週間 648,000円
DMM WEBCAMP
(DMM WEBCAMP COMMIT 短期集中コース)
通学/オンライン 3ヶ月 628,000円
※TECH::CAMP プログラミング教養は、3ヶ月通った場合の費用から算出しています。


入学金や受講料を合計した金額と受講期間から月額費用を算出すると、有料のプログラミングスクールでは月におよそ8万5千円から25万円程度必要なことがわかります。

▲目次へ戻る

2. なぜ無料?どうして料金に違いがあるの?

ここまで紹介してきた通り、プログラミングスクールの料金は無料から60万円以上までと大きな差があります。
かかる費用の差はどこから生まれるのか、無料のプログラミングスクールはどんな仕組みで運営されているのでしょうか。

▲目次へ戻る

2-1. 無料プログラミングスクールの仕組み

無料のプログラミングスクールは、なぜ無料なのか不思議に感じる方もいるでしょう。
実は、無料のプログラミングスクールでは育成した生徒を企業に紹介することによって協賛金と紹介料を受け取って、そのお金で運営されています。

出典:無料スクールは闇深い?受講料金が0円で成り立つ仕組みとは?

企業が協賛金や紹介料を払ってでもプログラミングスクールに通った人材を雇いたい、と考えているのには以下の3つの理由があります。
 
エンジニアは人手不足の傾向がある
現状、エンジニアは人手不足の傾向があります。将来的にはますます不足傾向が加速すると考えられているため、多くの企業がエンジニアの採用に力を入れています。

研修の時間を削減できる
全くプログラミングの経験がない人を採用した場合、企業は基礎から研修を行わなければなりません。しかし、スクールに通った人の場合はプログラミングやIT業界の基礎をすでに学んでいるため、研修にかける時間を減らすことができます。

採用にかかるお金や時間を節約できる
採用活動で自分の会社に見合う人材を探すには、時間もお金もかかります。一方でプログラミングスクールでは企業に見合う人物を判断し、紹介してくれるため採用活動の手間を削減できます。
 
つまり、無料プログラミングスクールとは、生徒は無料でプログラミングの授業が受けられて、企業は良い人材を紹介してもらえる、双方にとってメリットがある仕組みなのです。

▸参考記事:無料プログラミングスクールと有料プログラミングスクールの違い

▲目次へ戻る

2-2. 料金の違いがある理由


有料のスクールの中でも、受講料が20~30万円と比較的安価な場合と、60万円以上という高額な場合とに分かれます。

金額が高くなりやすい理由は主に以下の3つ。

受講期間が長い
同じ内容を学ぶ場合でも、受講期間が長いとその分手厚くサポートしてもらえる傾向があります。そのため、受講期間が短いコースと比べて金額が高くなりやすくなります。

オフラインで受講可能
オフラインで受講可能なスクールは、教室や自習室などを設置する必要がある分だけ受講料が高くなりがち。オンラインのみ開講のスクールを選ぶと費用を抑えやすいでしょう。

就職のサポートを受けられる
就職サポートは、企業の内情を知った上で対策ができる絶好の機会。未経験からエンジニアとしての就職や転職を考えている方にはぜひ利用していただきたいサービスですが、人件費がかかるためその分受講料は高くなる傾向があります。

▲目次へ戻る

3. 【料金重視で選びたい人向け】おすすめのプログラミングスクール6選

スクールに通うと効率が良いことはわかっていても、やはり就職や転職の前に大きな出費をするのは負担に感じる方も多いでしょう。
ここでは、そんな方のために完全無料もしくは実質無料で受講可能なおすすめスクールを紹介します。

サービス名 入学金 受講料 全額返金制度
プログラマカレッジ 無料
GEEK JOB 無料
ぼくらのあした レギュラーコース100,000円
侍エンジニア塾 転職コース(8週間プラン)
48,000円
転職コース(8週間プラン)
208,000円(税抜)
DMM WEB CAMP DMM WEB CAMP COMMIT
短期集中コース628,000円(税抜)
TechAcademy エンジニア転職保証コース
298,000円(税抜)

※コース内容や受講料は変更される場合があります。最新の情報は各スクールの公式サイトでご確認ください。

▲目次へ戻る

3-1. プログラマカレッジ


■ 主な特徴
・個別研修コース、平日5日間コース、週3夜間コースという3つのコースがあり、いずれも完全無料で受講可能
・エンジニア育成のための実践的な授業
・チーム開発も体験可能
 
■ 受講料金・受講費用

入学金/入会金 個別研修コース
平日5日間コース
週3夜間コース
無料
授業料 個別研修コース
平日5日間コース
週3夜間コース
無料

 
■ 学習内容と学習サービス

学習内容
(学べる言語とスキル)
HTML5、CSS3、Java、PHP、Ruby、MySQL、Git/GitHub、Bootstrap、JavaScript、jQuery
受講形式 オンライン受講
オフライン受講
学習期間・学習プラン 個別研修コース:2ヶ月・40時間
平日5日間コース:4ヶ月・420時間
週3夜間コース:4ヶ月・200時間
学習環境 オンライン教材
オンラインチャット
オンラインカリキュラム

 
■ 説明会・体験授業/キャリアサポート・就職サポート

無料説明会/無料カウンセリング
無料体験レッスン
転職支援サービス/転職サポート
転職成功率 96.2%
※2021年1月時点

 
■ 体験談・口コミ

入って、本当に良かったと思っています。カレッジでは、幅広いスキルを学ぶことができたましたので。
あと、演習でチームを組んでECサイトを作るんですが、この経験ができたこともすごく良かったです。周りのメンバーと意見が食い違って、議論をしたりすることが結構あったんですが、こういった経験はなかなかできないものだったと思います。
卒業生の声:前田さん(男性)|プログラマカレッジ

■ その他
・途中でやめた場合の違約金もなし
・就職先の詳細情報も確認可能
 
■ 公式サイト
プログラマカレッジ

※現在は新型コロナ対策として全てオンライン上での対応となっています。

▲目次へ戻る

3-2. GEEK JOB


■ 主な特徴
・24時間自宅で学習可能
・実践的な完全オリジナル教材
・オリジナルのWebアプリ開発で面接通過率アップ
 
■ 受講料金・受講費用

入学金/入会金 ITエンジニアスピード転職コース 無料
授業料 ITエンジニアスピード転職コース 無料

 
■ 学習内容と学習サービス

学習内容
(学べる言語とスキル)
Java、Ruby、PHP、Apache、MySQL、Linux
受講形式 オンライン受講
オフライン受講
学習期間・学習プラン 60日間(土日を除く3ヶ月間)
※プログラミング未経験の場合
学習環境 オンライン教材
オンラインチャット
オンラインカリキュラム

 
■ 説明会・体験授業/キャリアサポート・就職サポート

無料説明会/無料カウンセリング
無料体験レッスン
転職支援サービス/転職サポート
転職成功率 97.8%
※2021年1月時点

 
■ 体験談・口コミ

ここでの学習方法は実践がメインなので「身になっている」って感じます。以前通っていたスクールでは授業がメインで後は自習というものだったんですが、ここでは課題に取り組みながら全部知らないことをやって、毎日「これ勉強した!」みたいなのことを感じるので、充実感は全然違います。
ITエンジニア スピード転職コース受講生の声|GEEK JOB

 
■ その他
・個別指導&質問し放題
・無料体験で適職診断やキャリア相談可能
※このコースは20代限定
 
■ 公式サイト
GEEK JOB

※現在は新型コロナ対策のため全てオンラインでの対応となっています。

▲目次へ戻る

3-3. ぼくらのあした


■ 主な特徴
・5つのコースから自分の学びたい言語を選べる
・家賃・光熱費無料のシェアハウスに無条件で入居可能
・紹介先は1500社
 
■ 受講料金・受講費用

入学金/入会金
授業料 レギュラーコース 100,000円
支払い方法 一括払い 無利子の奨学金制度あり
割引制度
全額返金保証 ぼくらのあした経由で就職が決定した場合全額返金

 
■ 学習内容と学習サービス

学習内容
(学べる言語とスキル)
Java、Linux、JavaScript、Android、Python
(いずれか1つコースを選択)
受講形式 オンライン受講
オフライン受講
学習期間・学習プラン 1~2ヶ月
※学習時間の目安は140~280時間
学習環境 オンライン教材
オンラインチャット
オンラインカリキュラム

 
■ 説明会・体験授業/キャリアサポート・就職サポート

無料説明会/無料カウンセリング
無料体験レッスン
転職支援サービス/転職サポート
転職成功率 データ無し

 
■ 体験談・口コミ

「ぼくらのあした」に参加して、プログラミングまったく初心者の私が2か月間でECサイトを制作できるプログラミングの気を祖(ママ)学ぶことができたのは驚きでした。
シェアハウスでは授業のおさらいをしたり、将来の事をみんなで話し合えました。
卒業生の声|ぼくらのあした

 
■ その他
・無利子の奨学金貸与制度あり
・アルバイト・インターンの斡旋あり
 
■ 公式サイト
ぼくらのあした

▲目次へ戻る

3-4. 侍エンジニア塾


■ 主な特徴
・専属講師によるマンツーマンレッスン
・メンターのサポートでモチベーション維持
・転職に特化したカリキュラム
 
■ 受講料金・受講費用

入学金/入会金 転職コース
(8週間プラン)
48,000円
授業料 転職コース
(8週間プラン)
208,000円(税抜)
支払い方法 一括払い・分割払い 分割最安 約8,667円/月~
割引制度
全額返金保証 侍エンジニア塾を経由して転職成功した場合返金

 
■ 学習内容と学習サービス

学習内容
(学べる言語とスキル)
ヒアリングに基づいてオーダーメイドでカリキュラムを作成
受講形式 オンライン受講
オフライン受講
学習期間・学習プラン 8週間
学習環境 オンライン教材
オンラインチャット
オンラインカリキュラム

 
■ 説明会・体験授業/キャリアサポート・就職サポート

無料説明会/無料カウンセリング
無料体験レッスン
転職支援サービス/転職サポート
転職成功率 98%
※2021年1月時点

 
■ 体験談・口コミ

前職の残業時間のこととかも考慮してくれて、働きやすい企業を探してくれました。
なんか「こうしなきゃだめ」とか「希望に合わないけどこっちのほうがいい」みたいな押し付け感もなくて、本当に僕のことを考えて選んでくれた感じがして嬉しかったです。
卒業生インタビュー|侍エンジニア塾

■ その他
・デポジット(入学金+コース料金の10%)入金後すぐ受講可能
・オリジナルサービス開発に力をいれたカリキュラム構成
 
■ 公式サイト
侍エンジニア塾

▲目次へ戻る

3-5. DMM WEB CAMP


■ 主な特徴
・未経験者の学習に最適なカリキュラム
・質問し放題でつまづきにくい
・実践的な知識や技術を総合的に習得可能
 
■ 受講料金・受講費用

入学金/入会金
授業料 DMM WEB CAMP COMMIT
短期集中コース
628,000円(税抜)
支払い方法 一括払い・分割払い・後払い 分割最安 約15,500円/月~
(初回のみ20,843円)
割引制度
全額返金保証 規定期間内に転職が決まらない場合返金

 
■ 学習内容と学習サービス

学習内容
(学べる言語とスキル)
HTML、 CSS 、JS、 jQuery、Ruby 、Ruby on Railsなど
受講形式 オンライン受講
オフライン受講
学習期間・学習プラン 3ヶ月
学習環境 オンライン教材
オンラインチャット
オンラインカリキュラム

 
■ 説明会・体験授業/キャリアサポート・就職サポート

無料説明会/無料カウンセリング
無料体験レッスン
転職支援サービス/転職サポート
転職成功率 98%
※2021年1月時点

 
■ 体験談・口コミ

“自分の将来について親身になって考えてもらえたことが心強かった”
“スクールに入ってプログラミングの楽しさに気がつけた”
“転職してからは安定して働くことができるようになりました”
キャリアチェンジ成功例|DMM WEB CAMP

 
■ その他
・20日間全額返金保証あり
・自分の強みを引き出すキャリアサポート
 
■ 公式サイト
DMM WEB CAMP

▲目次へ戻る

3-6. TechAcademy


■ 主な特徴
・パーソナルメンター制度で挫折しにくい
・オンラインに特化していてどこからでも受講可能
・課題レビューは回数無制限
 
■ 受講料金・受講費用

入学金/入会金
授業料 エンジニア転職保証コース 298,000円(税抜)
支払い方法 一括払い・分割払い 分割最安 約12,417円/月~
割引制度 期間限定キャンペーン・先割あり
全額返金保証 転職が決まらなかった場合は受講料を全額返金

 
■ 学習内容と学習サービス

学習内容
(学べる言語とスキル)
Javaプログラミング基礎、Webアプリケーションの拡張機能追加
受講形式 オンライン受講
オフライン受講
学習期間・学習プラン 12週間
※学習時間の目安は300時間
学習環境 オンライン教材
オンラインチャット
オンラインカリキュラム

 
■ 説明会・体験授業/キャリアサポート・就職サポート

無料説明会/無料カウンセリング
無料体験レッスン
転職支援サービス/転職サポート
転職成功率 データ無し

 
■ 体験談・口コミ

正直、プログラミングについてほとんど知らない状態でしたので、学習についていけるか少し不安でした。ただ、実際にはじめてみるとすごく順調に進められました。いつまでにどこまで学習すべきかなどの学習目安をTechAcademyの方で示してくれたのが大きかったと思います。
受講生インタビュー|TechAcademy

■ その他
・マンツーマンメンタリングあり(週2回)
・チャットサポートあり(毎日15時~23時)
 
■ 公式サイト
TechAcademy

▲目次へ戻る

4. 料金を重視してプログラミングスクールを選ぶときの比較ポイント


プログラミングスクールでは、受講料以外にさまざまな料金が発生する場合があります。トータルで必要な料金を把握して比較するために、確認すべきポイントを解説します。

▲目次へ戻る

4-1. コースや期間を確認する

スクールによって学習期間やコース内容には差があります。同じくらいの受講料であれば、より充実した内容を学べるスクールの方が料金は安いと言えます。

以下の記事では、主要なプログラミングスクールについて受講料や特徴を比較表形式で紹介しています。是非参考にしてください。

▸参考記事:学費が一番安いのは?おすすめのプログラミングスクールランキングBEST27

▲目次へ戻る

4-2. 受講料以外にもかかる費用を確認する

先に紹介した通り、受講料以外に入学金や教材費、機器代金などがかかるスクールもあります。これらの費用についても、事前に確認しておきましょう。

特にパソコンの貸し出しがない場合、機器代金が高額になる可能性があります。今自分が使っているパソコンで受講が可能なのか、新たにパソコンを購入する場合にはどのくらいのスペックのものが必要で、金額はいくらくらいなのかを事前に調べておくと思わぬ出費を避けられます。

▲目次へ戻る

4-3. 割引制度を確認する

割引制度を用意しているスクールもあります。
学割やともだち割、紹介キャンペーンのようにスクール独自で実施している割引の他、スクールやコースによっては国や自治体の給付金制度を利用することも可能。

プログラミングスクールを選ぶ際、こうした割引や給付金制度があるかどうか、内容がどういったものなのかも確認しておくと、より安い料金で通える可能性があります。

▲目次へ戻る

4-4. 返金や違約金内容を確認する

返金制度があるスクールでは、多くの場合返金に関する条件が細かく設定されてます。返金制度があるというだけで安心せず、内容や条件まできちんと確認しておきましょう。

また、受講料無料のプログラミングスクールでは、途中で退学した場合やスクールから紹介された企業に就職しなかった場合に違約金が発生することがあります。違約金が発生する条件や金額についても事前に知っておくと安心です。

▲目次へ戻る

4-5. 支払い方法を確認する

入学金や受講料は、現金一括払いだけでなく分割払いやクレジットカード払いが可能なスクールもあります。受講料を一括で払うのが難しい場合には便利な制度ですが、金利や手数料がかかる可能性があるので要注意。

分割払いは、何回までの分割が可能なのか、1回あたりの金額はどのくらいになるのかといった点もチェックしておきましょう。

▲目次へ戻る

5. 【重要】プログラミングスクールを選ぶポイントは料金だけじゃない


プログラミングスクールの場合、受講料が高額でも良いスクールとは限りません。逆に、受講料が安い、もしくは無料のスクールでも良いスクールはたくさんあります。
料金だけにとらわれず、本当に自分に合うスクールを選ぶことが大切です。

良いスクールを選ぶためには、料金以外にも以下のポイントに注目してみましょう。

  • カリキュラムが自分のやりたいことやスキルとマッチしているか
  • つまづいたときに質問しやすい環境が整っているか
  • 就職支援の内容は充実しているか
  • 就職・転職の実績はどのようなものか

以下の記事で、良いプログラミングスクールを選ぶポイントやスクール選びを成功させるための秘訣をさらに詳しく解説しています。是非ご覧ください。

▸参考記事:
【20代向け】プログラミングスクールを賢く選ぶ23のポイントを紹介
プログラミングスクールに通う前に知っておくべき失敗例と成功の秘訣

▲目次へ戻る

6. 未経験者におすすめのプログラミングスクールは?


ここまで、さまざまなプログラミングスクールの料金を中心に紹介してきましたが、やはり無料に越したことはないですよね。
あなたがもしもプログラミング未経験で料金が安いスクールを探しているなら弊社の運営するプログラマカレッジも候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

是非あなたにプログラマカレッジをおすすめしたい理由をご案内いたします。

▲目次へ戻る

6-1. 無料でプログラミングが学べる

プログラミングスクールは、数十万円という高額な受講料がかかることがあります。受講料が高いと、それだけで通うのを諦めてしまう方もいらっしゃるでしょう。
完全無料のプログラマカレッジなら、お金のことを気にせずプログラミング学習を始めることが可能です。

無料ながら内容には定評があります。授業の中で、チーム開発を行ったり、仕様書の読み方なども実践的に学べますし、つまずいたときには理解できるまでマンツーマンで質問できる環境があるため未経験の方にも安心です。
まったくの未経験の方でも、ITの基礎から学べて、最終的にはECサイトやアプリの開発まで可能になりますよ。

▲目次へ戻る

6-2. 就職・転職サポートがあるプログラミングスクール

未経験者がエンジニアを目指す際には、就職・転職サポートがあるプログラミングスクールがおすすめです。というのも、未経験の業界の内部事情を知ることは難しく「転職してみたら想像と違った」と感じることも少なくありません。

また、面接での質問を想定することや、自分のスキルを適切にアピールすることも未経験者にとっては難しいポイント。

プログラマカレッジでは履歴書・職務経歴書の作成サポートや面接対策を受けられることに加えて、就職先について社風や離職率といった外部からはわかりにくい情報を知ることができるというメリットもあります。

→ 就職支援付き無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ

▲目次へ戻る

7. まとめ

プログラミングスクール選びをする際には、料金や、料金を中心とした選び方のポイントと合わせてカリキュラムや環境、就職支援などについて確認しておくことも重要です。

様々なポイントを紹介してきましたが、講師や授業の雰囲気などは資料を見ただけではわかりにくいため、実際に自分自身で体験授業やカウンセリングを受けて確かめてみることをおすすめいたします。
あなたのプログラミング学習に向けた良いスクール選びが出来るよう応援しています。頑張ってください!

▸参考記事:おすすめのプログラミングスクール33選!一番安いのは?料金と選び方を徹底比較

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.