ITコラム

column_main23663

スキルアップ

2020.05.26

転職エージェントとは?利用方法や賢く活用するためのポイントを解説

転職エージェントは、転職を希望している方と採用を検討している企業の双方の利益のために最適なマッチングを支援するサービスです。この記事を見ていただければ転職エージェントの特徴、利用の流れ、メリット、選び方、賢く活用するためのポイントが分かって頂けるでしょう。

最終更新日:2020年5月26日

目次

1. 転職エージェントとは?
 1-1. 転職エージェント利用の流れ
2. 転職エージェントのメリット
 2-1. 転職エージェントを利用するのメリット
3. 転職サイトと転職エージェントの違いは?
4. 転職エージェントを利用するべき人の特徴
5. 転職エージェントの選び方
 5-1. 転職エージェントの種類で選ぶ
 5-2. 求人件数で選ぶ
 5-3. 担当コンサルタントの質の高さで選ぶ
6. 転職エージェントをうまく活用するポイント
7. IT転職エージェントなら未経験でもおすすめ!
8. まとめ

1. 転職エージェントとは?


まず始めに転職エージェントとは、求職者と求人を出している企業を繋いでくれるサービスの総称です。求職者が転職エージェントに登録すると、一人ひとりに対して、求人動向や転職ノウハウに長けている担当コンサルタントが付き、求職者の転職活動を無料でサポートしてくれるのが大きな特徴です。

一方、人材を募集している企業側は転職エージェントを通じて求人を行うことで、ミスマッチの書類選考や面接回数を減らし、採用にかかる時間や手間を削減できます。

▲目次へ戻る

 

1-1. 転職エージェント利用の流れ

転職エージェントを利用する際の流れをご紹介します。

  • Web上でプロフィールの登録
  • 転職エージェントの担当コンサルタントと面談
     (これまでのキャリアの棚卸)
  • 求人紹介
  • 企業へ応募
  • 面接
  • 内定・退職サポート

 
エージェントによっては独占求人がある場合もありますので、複数のエージェントに登録して、求人紹介を受けることも1つの方法です。
また、転職エージェントを通して面接で落ちてしまった場合も、その理由を確認することで次の面接に生かすことができます。

▲目次へ戻る

 

2. 転職エージェントのメリット


転職エージェントのほとんどは、無料で登録して利用することが可能です。
転職希望者に求人を紹介して、企業から内定が出て入社した時点で、求人企業から成功報酬を受け取っているので、求職者は安心して転職支援サポートを受けられます。
また、転職エージェントは企業の求めている人材を把握しながら、求職者のスキルや強みを見つけ出してくれるので、企業とあなた双方のミスマッチを防ぎ、転職を成功に導いてくれます

▲目次へ戻る

 

2-1. 転職エージェントを利用するのメリット

■ 転職に必要なサポートが無料で受けられる

転職エージェントを利用する一番のメリットは、キャリア相談を始めとして、ご自身の希望や経験にマッチした求人の紹介、応募書類へのアドバイス、面接の日程調整や企業との条件交渉など、内定獲得のための手厚いサポートを全て無料で受けることができる点です。
 

■ あなたに合った非公開求人を探してくれる

転職エージェントは非公開求人も保有していると言われています。
一般的には公開されていない大手人気企業や知名度の高い企業など、高待遇の求人を紹介してもらえる可能性があります。
 

■ あなたのことを営業してくれるため、他の候補者より有利になる

本番の面接で、緊張してしまって思うように話せなかったということはよくあると思います。多くの転職エージェントは、面接後に企業の人事・採用担当者と連絡を取り、面接で伝えきれなかったあなたの魅力を伝えて、フォローしてくれます。
 

■ 内定獲得率がアップする

転職エージェントは、企業の人事・採用担当者と密に連絡を取っているため、企業がどのような人材を欲しているのかを把握しています。そのため、応募書類の作成時や面接対策において、的確で具体的なアドバイスをしてくれるので、内定獲得率がアップします。

▲目次へ戻る

 

3. 転職サイトと転職エージェントの違いは?


転職エージェントと転職サイトの最も大きな違いは「担当コンサルタントがつくかつかないか」という点です。

転職エージェントは、担当コンサルタントが求職者のキャリアの棚卸をして、経験や希望に最適な求人を紹介します。応募書類へのアドバイス、模擬面接など、内定獲得率を上げるため、様々な手厚いサポートを行っています。


一方、転職サイトは、Web上に掲載されている求人情報を自身で調べ、自己分析から応募、面接の日程調整など自分で行います。未経験の業界であっても、気になる求人があれば、気軽にエントリー可能で、自分のペースで転職活動を進めることができます。

また、転職エージェントは非公開求人を保有していることもありますが、転職サイトは幅広い業界の求人を多数掲載しているのが特徴です。

▲目次へ戻る

 

4. 転職エージェントを利用するべき人の特徴


下記の条件に一つでも当てはまる方は転職エージェントの利用をおすすめします。

■ キャリア相談に乗って欲しい人

中途採用を実施する企業のほとんどは即戦力を期待しています。内定獲得のため、今までの経験・スキルをしっかりと伝えられるように、担当コンサルタントがプロの視点から、あなたの「志向」や「適職」を明確にするサポートを行ってくれます。

■ 未経験分野への転職を検討している人

転職をきっかけに新しい職種にチャレンジしたいと考える人もいるでしょう。業界事情に精通したエージェントを利用することで、未経験分野での内定獲得の確率も上がります。特にIT系は人材が不足しているとも言われているので、未経験でも就職しやすい業種と言えるかもしれません。

■ 内定・書類通過率をできるだけ高めたい人

転職エージェントは、採用の背景や企業側が求めている人材を熟知しているので、応募書類や面接対策において、的確なアドバイスがもらえます。

■ 効率的に転職活動したい人

転職エージェントは、あなたが転職先に求める希望条件等を考慮した上で、求人の紹介から、企業への応募手続き、面接の日程調整など煩雑な作業を代行してくれるので、今の仕事を続けながら、転職活動ができます。

▲目次へ戻る

 

5. 転職エージェントの選び方


転職エージェントを選ぶ際に重視すべきポイントは3つあります。
 

5-1. 転職エージェントの種類で選ぶ

転職エージェントは以下の2つに分けられます。

  • 業界・職種を横断して大量の案件を扱う総合型
  • 特定の職種・業界の求人を扱う特化型

 
キャリアの選択肢を広げたい方は総合型を、専門スキルをさらに高めたい方は特化型をおすすめしますが、まずは3社程度、複数のエージェントに登録してみましょう。

▲目次へ戻る

 

5-2. 求人件数で選ぶ

求人案件の多さは選択肢の多さに直結します。転職エージェントサイトには、公開求人数、非公開求人数が掲載されている場合が多いので、登録の前に求人数を確認しておきましょう。

▲目次へ戻る

 

5-3. 担当コンサルタントの質の高さで選ぶ

転職エージェントのサービスの良し悪しは、担当コンサルタントの力量次第とも言えます。あなたと相性が良く、質の高いコンサルタントと出会うために、同時に3社以上に登録し、信頼できる担当コンサルタントと転職活動を進めていくことをおすすめします。

▲目次へ戻る

 

6. 転職エージェントをうまく活用するポイント


転職エージェントを賢く最大限活用するためのポイントを4つご紹介します。

■ Point1.担当コンサルタントに嘘をつかない

転職理由や経歴について、嘘をつくのは厳禁です。担当コンサルタントは、あなたの職務経歴や言動をもとに求人を紹介します。ミスマッチを避けるためにも誠実な対応を心がけましょう。

■ Point2.定期的に担当コンサルタントと連絡を取る

担当コンサルタントとは、できるだけ頻繁に連絡を取り合い、転職への前向きな姿勢を見せましょう。転職意欲の高い求職者はその熱意がコンサンルタントにも伝わります。

■ Point3.主導権を自分で持つことも大切

転職活動は、あなたの将来を決める重要なものです。担当コンサルタントのアドバイスはあなたにとって役に立つものです。一方、後悔しない転職をするためにもしっかりと意思表示を行い、転職活動の主導権は自分で持つようにしましょう。

■ Point4.コンサルタントと相性が合わなければ担当を変更してもらう

「担当者に不安を感じる」「相性が良くない」と悩んでいる場合は、担当コンサルタントの変更を依頼してみましょう。

▲目次へ戻る

 

7. IT転職エージェントなら未経験でもおすすめ!


「未経験でも就職しやすい職種はないかな?」と考えているあなたにこそ、IT業界はおすすめです。
IT業界への転職は「専門知識が必要なのでは?」と考えがちですが、未経験からでも転職できるチャンスは多くあります。

IT業界では、技術進化のスピードが速く、人材のスキル習熟が追いつかず、技術者が不足していると言われています。
そのため、20代であれば未経験であっても、スキルと経験を身につける伸びしろに期待すると考えられる傾向があります。
よってIT業界では未経験者が採用される需要も他業界と比較して高いと考えられます。


「IT系は未経験だけど、スキルや知識を身につけて転職したい」という方には、無料の就職支援付きプログラミングスクール「プログラマカレッジ」で3ヶ月の研修を受けて就職するというのも一つの手です。
プログラマカレッジ卒業生の就職率は96%と非常に高く、卒業生インタビューからも、就職先に満足し、未経験からのエンジニアキャリアを積んでいることがわかります。

参考記事:
▸【卒業生の声:古林さん】IT留学で英語×プログラミングを習得。不動産営業からWEB系プログラマーへ転身
▸【卒業生の声:田中さん】美容師からプログラマーへ転身!PCスキルゼロからチーム開発でリーダーを務めるまでに成長したその秘密に迫る

▲目次へ戻る

 

8. まとめ


新型コロナウィルス拡大の影響で、今後の働き方やキャリアプランについて、悩みを抱えている人も少なくないと思います。転職エージェントは必ずしも、転職活動の決意がないとサービスを利用できないというわけではありません。専門家の意見や採用事情などを聞いて、転職を検討するのかどうか、キャリア設計の支援として転職エージェントを活用してみるのもおすすめです。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.