ITコラム

column_main21414

プログラマハック

2020.08.04

長崎県で学べるプログラミングスクール&IT専門学校12選!料金比較と選び方

【2020年8月版】異国情緒あふれるレトロな観光地が魅力の長崎県にも、近年小学生対象のロボット開発や能力開発系習い事教室が急増中。初心者向けのプログラミング教室も続々増えていますが、選び方がわからずに悩んでいる方も多いのでは?今回は長崎のプログラマー志望者に向けて、県内で学べるおすすめのプログラミングスクール&IT系専門学校をオンラインとオフライン合計12校ご紹介。就職支援付きの無料スクールもお見逃しなく!

最終更新日:2020年8月4日

目次

1. 長崎県でおすすめのプログラミングスクール&IT系専門学校を知りたい!
2. 学費が一番安いのは?長崎県で学べるオンラインプログラミングスクール8選
3. 学生や社会人に最適な教室は?失敗しないプログラミングスクールの選び方7選
 3-1. 入学前のカウンセリングや無料体験はあるか?
 3-2. 目的に合ったプログラミング言語が学べるか?
 3-3. マンツーマンの個別指導があるか?
 3-4. 受講料金は適切か?費用は予算内に収まるか?
 3-5. 学習可能な時間帯に講座が開講しているか?
 3-6. 講師やカリキュラムの質は高いか?
 3-7. 就職や転職に結び付く就職サポートはあるか?
4. プログラミングスクールとIT系専門学校、選択に迷ったらどちらがおすすめ?
 4-1. プログラミングスクールで学ぶメリットとデメリット
 4-2. 専門学校に通うメリットとデメリット
5. 長崎県内で学ぶなら?口コミ評判の高いオフラインプログラミングスクール2選
 5-1. Winスクール 長崎校
 5-2. パソコン教室アビバ 長崎校
6. 長崎県のIT系専門学校ランキング2選!年間授業料と目指せる職業を徹底比較
 6-1. いさはやコンピュータ・カレッジ
 6-2. 専門学校メトロITビジネスカレッジ
7. IT系専門学校に進学するならぜひ参加したい!オープンキャンパスのメリット4選
 7-1. 専門学校の学習環境を実際に体感できる
 7-2. 学科やコースの体験授業が受けられる
 7-3. 先輩方や同級生の雰囲気がわかる
 7-4. 先生や講師に直接質問や相談ができる
8. 就職支援付きの無料プログラミングスクールなら、無駄なく学んで就職できる!

1. 長崎県でおすすめのプログラミングスクール&IT系専門学校を知りたい!


「自宅で学べる最安値のオンラインプログラミングスクールはどこ?」
「地元の教室でプログラミングを学ぶなら、どのスクールがおすすめ?」
「IT系の専門学校も検討中だけど、授業料の相場や身に付くスキルがよく分からない」
「プログラミングの基礎を習得しながら、就職支援してもらえるスクールがあればいいな」

将来エンジニアを目指している10代の学生さんや、未経験からIT企業への就職・転職を考えている20代の方の中には、こんなふうに考えている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、長崎県内に住むプログラマーを目指す10代~20代の方々に向けて、長崎県で学べるおすすめのプログラミングスクール&IT専門学校を、オンラインとオフライン合わせて12校ご紹介。

人工知能やロボット製作、ソフトウェア開発やゲーム制作など、将来どんな仕事をしたいのかを考えながら、自分に合う学校を探すことは意外と大変。

それに、今やプログラミングスクールはあまりにも数が多すぎて「どの教室がおすすめなのかわからない」と困っている方もきっとたくさんいるはずです。

でも大丈夫。このあと学生や社会人に最適な失敗しないプログラミングスクールの選び方についてもくわしく解説するので、ぜひ学校選びに役立ててくださいね。

IT系の専門学校も検討している方は、さいごにご紹介するオープンキャンパスに参加するメリットもしっかりとチェックしておきましょう!

▲目次へ戻る

2. 学費が一番安いのは?長崎県で学べるオンラインプログラミングスクール8選

新型コロナウイルス感染症対策により、まだしばらくは自粛生活が続きそうな今、プログラマーを目指す10代から20代の男女の多くは最近こんなふうに考えているのだそう。

「無駄なく最短ルートでITスキルを身に付けたい」
「地元にいながら学べるオンラインのプログラミングスクールを知りたい」
「プログラミングの基礎を学べるだけでなく、就職支援もあるITスクールがあればいいな」

そんなみなさんのために、まずは長崎県で学べるオンラインプログラミングスクール8校を、受講料金の最安値ランキング順に一覧表でまとめました。

※スマホからは横スクロールしてご覧下さい。

順位 スクール名 受講料金の目安 学べる言語・スキル 就職支援の有無
1 👑プログラマカレッジ 完全無料 Java Script、Laravel、Bootstrap、Git、GitHub あり
2 Aidemy 14,400円/月額 ・3ヶ月プランの場合 Python なし
3 TECH::CAMP プログラミング教養 19,800円/月額 ・別途入学金あり
▸198,000円
Ruby、Ruby on Rails、HTML、CSS、Sass、Haml、JavaScript、jQueryなど あり
4 tech boost 29,800 円/月額 ・別途入学金あり
▸通学:69,800円
▸オンライン:84,800 円
※上記は社会人の場合
PHP、Laravel、HTML5、CSS3、Gitなど あり
5 侍エンジニア塾 68,000円 ・4週間プラン/社会人の場合
※学生の場合は61,200円
・別途入学金あり
▸29,800円
Ruby、PHP、Python、Java、WordPress、HTML、CSS、JavaScriptなど あり
6 TechAcademy 109,000円 ・4週間プラン/社会人の場合
※学生の場合は99,000円
HTML/CSS、PHP、SQLなど あり
7 DMM WEBCAMP 128,000円 30日コースの場合 HTML、CSS、Ruby、Ruby on Railsなど あり
8 CodeCamp 148,000円 ・2ヶ月プランの場合
・別途入学金あり
▸30,000円
PHP、HTML5、CSS、MySQL、JavaScriptなど あり

※2020年7月現在

堂々の第1位は、完全無料のプログラミングスクール「プログラマカレッジ」

先ほどご紹介したとおり、プログラミングスクールにはたくさんのメリットがありますが、いざ通うとなると時間もお金もかかってしまうのが悩みの種。

そのうえ日中働きながら通うのであれば、仕事で疲れてくたくたな状態で授業に出るのは本当に大変です。さらにスクールまでの交通費やガス代もかかるとなると、出費も嵩んでしまいますよね。

「学費も時間も節約しながら効率よく学びたい」
「将来的には憧れのIT企業でプログラマーになりたい」

そんな方には、ご自宅にいながらオンラインで学べる「プログラマカレッジ」がおすすめです。

プログラマカレッジとは、インターノウスが提供する就職サポート付きの無料プログラミングスクールのこと。

年間500名以上のプログラマーを輩出しているプログラマカレッジでは、独自のオリジナル教材をもとに開発したオンライン学習サービス「4each」を使用し、動画とテキストの両方を使って効率よく学んでいきます。

就職率96.2%と高い実績を誇るプログラミングスクールだけあり、現役エンジニアが丁寧に作り上げた教材と実務に即したカリキュラム内容は「初心者でもスムーズに理解できる」と口コミでも話題。

また肝心の就活期間は、首都圏の物件を無料で貸し出してくれるのも見逃せないポイント。キッチン、冷蔵庫、レンジ、洗濯機など、生活に必要な家財もすべて完備しているので、ご自分で一から揃える必要はありません。

さらに業界に精通したアドバイザーや経験豊富なプロの講師陣が上京就活生の就職をしっかりとサポートしてくれるので、地元から離れても心強いのが嬉しいですね。

→ 就職支援付き無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ

続いての第2位は、月額14,400円~学べる人工知能学習サービス「Aidemy」。事前学習不要で、実際にコードを書きながら学べるeラーニングシステムで、AIに必要な数学やPythonの入門知識を学べます。

そして第3位は、月額19,800円で学べる「テックキャンプ プログラミング教養」。ただし入会金は、別途198,000円ほど。初月の月額は無料ですが、その後は月約8,500円から分割払いが可能となります。

第4位は、月額29,800円の「tech boost」。社会人は269,800円、学生は199,800円とこちらも入学金が別途発生しますが、お友達割引や当日割引などの入学キャンペーンを併用すれば、お得に入校することもできますよ。

5位~8位のプログラミングスクールの受講料はすべて6万円以上かかってしまいますが、各校とも受講料の月賦払いが可能なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

▲目次へ戻る

3. 学生や社会人に最適な教室は?失敗しないプログラミングスクールの選び方7選


ここまで県内で学べるプログラミングスクールとIT系専門学校をまとめてご紹介してきましたが、気になる学校は見つかったでしょうか。

とはいえ、いざ学ぶスクール決めるとなると、

「どんなスクールが自分に合うのか、一人では判断できない」
「大金を払うのだからやめとけばよかった…と後悔したくない」
「受講料を無駄にしないためにも、最後まで通い切って卒業したい」

と考えてしまって、次の一歩踏み出せない方もたくさんいるのでは?

ここからは、失敗しないためのプログラミングスクールの選び方を7項目ご紹介。

現在学生の方も、すでに社会人として働きながらプログラマーへの転職を目指している方も、ぜひご自分に最適なスクールを選ぶ際の参考にしてください。

▲目次へ戻る

3-1. 入学前のカウンセリングや無料体験はあるか?

1つめは、「入学前のカウンセリングや無料体験はあるか」。

プログラミングスクールの中には、入学前にカウンセリングや無料体験授業を行っている教室がたくさんあります。

実際にスクールへ足を運ぶことで授業の雰囲気が分かりますし、専任アドバイザーの無料カウンセリングを受ければ、目的に合うコースや将来のキャリアプランについても相談することができますよ。

また無料体験参加時に確認すべきポイントは、次の3つ。

  • 自分の学習スタイルに合っているか
  • 先生との相性は良さそうか
  • 習得したいスキルが身に付くか

 
こうした条件を事前に確かめておくことで、入学後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

▲目次へ戻る

3-2. 目的に合ったプログラミング言語が学べるか?


2つめは、「目的に合ったプログラミング言語が学べるか」。

「Webサイトやアプリを作りたい」
「憧れのIT業界に就職・転職したい」
「人工知能やロボット製作のスキルを習得したい」

…などなど、すでに学びたい言語が決まっている方や学習目的が明確な場合は、以下3つの項目もチェックしておきましょう。

  • 学びたいプログラミング言語が習得できるか?
  • プログラミング言語だけではなく、関連するツールの使用方法まで学べるか?
  • IT業界への就職や転職のサポート実績はどれくらいあるか?

 
これらの条件も考慮しながらスクールを選ぶと、就活の際も安心です。

▲目次へ戻る

3-3. マンツーマンの個別指導があるか?

3つめは、「マンツーマンの個別指導があるか」。

プログラミングスクールの受講スタイルは、主に次の2つ。

  • マンツーマン個別指導
  • グループレッスン

 
個別指導形式で学ぶマンツーマン授業のメリットは、先生に質問しやすいので自分のペースで学習できるということ。

とはいえ、プログラマーやITエンジニアにとってはチームワークこそが命。そのため同じ目的を持つ仲間とともに楽しく学べるグループレッスンは、コミュニケーションスキルを磨くグッドチャンスとなるでしょう。

▲目次へ戻る

3-4. 受講料金は適切か?費用は予算内に収まるか?


4つめは、「受講料金の合計額は予算内に収まるか」。

先にご紹介したとおり、受講料はスクールごとに様々。カリキュラムやコース内容によっても差がありますが、プログラミングスクールの料金相場は通学期間3~4ヶ月で約28万円と言われています。

仮に分割払いが可能だとしても、支払い回数が増えるほど所定の分割手数料が発生するだけに、できるだけ安い金額でコスパ良く学びたいところですよね。

プログラマカレッジのように入学から卒業まで完全無料で学べるスクールのほか、指定講座を受講終了後に受講料の1部を支給してくれる「教育訓練給付制度」を取り入れているスクールも。

また現在失業している方の場合、お住まいの地域によっては国から失業給付や求職者支援制度の給付金をもらいながらプログラミングが学べる職業訓練校もあるようです。もし気になる方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

参考記事:20代の仕事さがしを応援!フリーター&ニートにおすすめの就職支援サービス18選

▲目次へ戻る

3-5. 学習可能な時間帯に講座が開講しているか?

5つめは、「学習可能な時間帯に講座が開講しているか」という点。

日中働いている方の場合、ご自分が学べる時間帯に講座が開講しているかどうかも確認しておく必要があります。

お好きな時間にご自宅で学べるオンラインスクールであれば問題ありませんが、通学する場合は休日や夜間に授業があるかも必ずチェックしておきましょう。

▲目次へ戻る

3-6. 講師やカリキュラムの質は高いか?

6つめは、「講師やカリキュラム、教材の質は基準を満たしているか」ということ。

いくら学費が安くても、講師の質が低かったり使用する教材やカリキュラムの質が基準を満たしていなければ、お金も時間も無駄になってしまいます。

また万が一学習の進捗が遅れてしまった場合も状況を確認する連絡があるなど、フォロー体制が万全なスクールを選ぶと挫折しにくいでしょう。

また同じ講師が卒業まで一貫で教えてくれるかどうかもチェックしておくと安心です。

▲目次へ戻る

3-7. 就職や転職に結び付く就職サポートはあるか?

7つめは、「就職や転職に直結する就職支援サービスはあるか」ということ。

就職サポートがないプログラミングスクールの場合、卒業したあとは自力で就職活動をしなくてはなりません。

特に未経験からプログラマーへの就職・転職を希望している場合、万が一就活に失敗した場合でも受講料を全額返金してくれるスクールを選ぶと良いでしょう。

プログラミングの習得から就職サポートまですべて無料であれば別ですが、もし有料スクールを検討しているのであれば、返金保証制度の有無もチェックしておくと精神的な負担も軽減できるはずですよ。

各プログラミングスクールを比較しながら有利に就活する方法については、ぜひ以下の記事も参考にしてください。

参考記事:就職支援あり!プログラミングスクール6社を比較して有利に就活する方法

▲目次へ戻る

4. プログラミングスクールとIT系専門学校、選択に迷ったらどちらがおすすめ?


プログラミングスキルを身に付ける方法は、主に次の3つ。

・独学で学ぶ
・プログラミングスクールで学ぶ
・IT系の専門学校に通う

できるだけ節約しながらコスパよく学ぶ方法と言えば独学ですが、一般的に「独学でプログラミングを学んだ場合の挫折率は9割」と言われているほど、予期せぬエラーやバグを自己解決できずに途中で挫折してしまう方たちも大勢います。

となると、プログラミングスクールかIT系の専門学校に通ってプログラミングを習得するのが一番の近道となりますが、初心者や未経験者の方が「結局どちらを選べばいいの?」と迷ってしまう方も多いはず。

そんな方々のために、ここではプログラミングスクールとIT専門学校とのメリット&デメリットを合計12項目ご紹介します。それぞれの長所と短所を把握して、ご自分に合った学び方を見つけてみてください。

▲目次へ戻る

4-1. プログラミングスクールで学ぶメリットとデメリット

プログラミングスクールで学ぶ場合のメリットとデメリットは、以下の6つ。

■メリット
・目指す職種に必要なスキルを効率的に学べる
・入学後、数か月で就職を目指せる
・IT専門学校に比べて費用を抑えられる

■デメリット
・短期間に集中して勉強する必要がある
・予習をしないと授業内容がわからない場合がある
・スクールによっては、学習を進めても自己成長感を得られない

スクールによっては自発的に予習をしないと授業についていけなかったり、学習を進めても自己成長感を得られないというデメリットも。とはいえご自分に合ったスクールさえ選べば、コストを抑えながら必要なスキルを短期間で学び、最短コースで就職できるというメリットがあります。

このことから「IT業界にできるだけ早く就職したい」という方は、実務に即した技術が身に付く短期集中型のプログラミングスクールを検討することがベストな選択と言えるでしょう。

プログラミングスクールの多くは、土日祝日や、平日夜遅くまで開校しています。また、通常3~6ヶ月間でプログラミングスキルが身に付くだけでなく、IT専門学校に比べて費用が安い点も魅力ですよね。

最短コースでプログラマーデビューしたい
Webアプリを作るエンジニアになりたい
できるだけ費用の負担を減らしたい

このように、目指す職種や学習したいプログラミング言語、将来的に作ってみたいものが決まっている方には、プログラミングスクールが適しているでしょう。

▲目次へ戻る

4-2. 専門学校に通うメリットとデメリット

一方、IT系の専門学校には、以下6つのメリットとデメリットがあります。

■メリット
・IT知識やビジネスマナーのほか、国家資格も取得できる
・授業以外のイベントも多く、楽しい学生生活を過ごせる
・専門学校によっては短大や大学と同等の学歴が得られる

■デメリット
・卒業まで通常2年かかる
・入学時期が決まっているため、今すぐには学べない
・プログラミングスクールに比べて膨大な費用がかかる

時間や費用がかかっても、充実したキャンパスライフを送りながらゆっくりITの知識を身に付けたい方には専門学校が適しています。

IT専門学校では、2年間かけてプログラミングを含むITの知識を基礎から順を追って学習します。同じ道を目指すかけがえのない友人がいることって、嬉しいと同時にすごく励みになりますよね。

同世代の仲間と共に学べるので、モチベーションをキープしながらスキルアップできるのも専門学校のメリット。基本情報技術者試験やITパスポート試験といった国家試験の対策に力を入れているのも特徴です。

こんなふうに考えている方にとっては、IT系の専門学校が最適。

ITに関する知識を体系的に学びたい
国家資格を取得してから就活をしたい
キャンパスライフも楽しみたい

また学生同士の交流や学内イベントが盛んなのも、専門学校ならではの楽しみ。互いに情報交換をしながら2年間一緒に学習することで、コミュニケーション力を磨きながらIT力を高めることができるでしょう。

▲目次へ戻る

5. 長崎県内で学ぶなら?口コミ評判の高いオフラインプログラミングスクール2選


「せっかく学ぶのなら、県内のプログラミングスクールに通いたい!」
「地元のITスクールでスキルアップして、将来は一人前のエンジニアになりたい!」

そんな方には、地元の口コミでも評判の高い通学型プログラミングスクールがおすすめです。

ここでは、長崎県内で人気のオフラインプログラミングスクールを受講料金の目安が安い順に2校ピックアップ。

まずは各校の特色を、学費の料金が安い順にランキング形式で見てみましょう。

※スマホからは横スクロールしてご覧下さい。

順位 スクール名 受講料金の目安 学べる言語・スキル 就職支援の有無
1 Winスクール 長崎校 160,000円 ・Javaプログラミングコースの場合 HTML5、CSS3、JavaScript、WordPress、PHP、Javaなど あり
2 パソコン教室アビバ 長崎校 非公開 ※入学金は22,000円 Java、PHP、SQL、Androidなど なし

 
身に付けたいスキルを効率よく学習できる教室を口コミを交えながらご紹介するので、マスターしたいプログラミング言語や将来的に作りたいものがある方はぜひ検討してみてください。

現在新型コロナウィルス感染症対策のため、夜間の営業時間を変更している教室も。もし教室の見学や無料体験レッスンを希望する際は、事前に問い合わせてみましょう。

▲目次へ戻る

5-1. Winスクール 長崎校


第1位は、長崎市立図書館の近くにある「Winスクール 長崎校」。

受講生がこちらのスクールを選んだ理由に、”「自分でもできそう」と思えたカリキュラムと学習環境” を挙げているとおり、ご自分のペースに合わせてマンツーマンで学べるのが魅力です。

プログラマーを目指す方におすすめの講座は、以下の4つ。他にも「データベース設計入門」や「SQL」などの講座があるので、必要に応じて自由に選択できますよ。

受講料金の目安 ・Javaプログラミング:16万円(税抜)
・Javaプログラマ(Java+Webシステム):25万円(税抜)
・C言語プログラミング:16万円(税抜)
・C#プログラミング:16万円(税抜)
カリキュラム 講座の組み合わせは自由、個別相談可能
受講期限 なし
夜間講座の有無 水・木:21:00まで受講可能
就職サポート・無料体験 ・就職サポート:就職相談と面接対策を実施
・無料体験:あり
おすすめポイント 最新の学習環境で受けられるマンツーマン指導
電話番号 0120-20-9821(フリーダイヤル)/095-895-7726(直通)
教室の場所と最寄り駅名 長崎県長崎市興善町6-5 興善町イーストビル 1F
各種路線バス「興善町」バス停留所

▸参考URL:Winスクール 長崎校

▲目次へ戻る

5-2. パソコン教室アビバ 長崎校


そして第2位は、路面電車「西浜町」駅前の「パソコン教室アビバ 長崎校」。

目指す職種や身につけたいスキルを伝えると、それに適した講座を個別に提案してもらえることから、”個別のカウンセリングを大切にしている” という口コミもありました。

卒業生からも”頻繁にカウンセリングを行ってもらい…親身にアドバイスしてくれ、無事に内定をもらっ(た)” と高評価。

プログラマーを目指す方向けの講座は、以下の5つ。受講料は非公開のためご紹介できないのがとても残念ですが、興味のある方はぜひ無料カウンセリングを受けて個別にご確認くださいね。

受講料金の目安 ・Java Quest:要問合せ
・PHPベーシック:要問合せ
・JavaScriptベーシック:要問合せ
・SQL Quest:要問合せ
・Androidアプリ入門:要問合せ
カリキュラム 個別相談
受講期限 要問合せ
夜間講座の有無 水・金:21:00まで受講可能
就職サポート・無料体験 ・就職サポート:提携派遣会社を紹介
・無料体験:あり
おすすめポイント 講座の選択から学習方法まで個別カウンセリングで丁寧に対応
電話番号 0120-333-336
教室の場所と最寄り駅名 長崎市銅座町4-1 りそな長崎ビル6F
路面電車(長崎電気軌道1系統)西浜町駅から徒歩1分

▸参考URL:パソコン教室アビバ 長崎校

▲目次へ戻る

6. 長崎県のIT系専門学校ランキング2選!年間授業料と目指せる職業を徹底比較


社会福祉士や介護士、看護士や歯科衛生士を目指せる医療系や、製菓や服飾など。専門学校にはさまざまな分野ありますが、今後プログラマーを目指すのならIT系の専門学校が一番です。

でも実際に学費を払って通うとなると、こんなお悩みで志望校を決められない方も多いのでは?

「IT系専門学校の年間授業料っていくら位かかるの?」
「高額な費用を払うのだから、学校選びだけは失敗したくない」
「日中働きながら夜間に無駄なく学べる、IT系の専門学校があるといいな」

そこで、ここからは長崎県内のIT専門学校学費が安い順に2校ピックアップ。

まずは、学費の料金が安い順に並べたランキング一覧表をチェックしてみましょう。

※スマホからは横スクロールしてご覧下さい。

順位   学校名   学費の目安 学べる言語・スキル 就職支援の有無
1 いさはやコンピュータ・カレッジ 約150万円 C言語、Java、PHP、Oracle、HTML5/CSS3、PHP、MySQLなど あり
2 専門学校メトロITビジネスカレッジ 約220~280万円 Java、PHP、Python、C言語、Oracleなど あり

 
どの専門学校も就職サポート付き。さらにIT専門学校では、2年間かけてプログラミング言語やコンピュータの仕組みについて、基礎からしっかりと学習します。

これまでパソコンにあまり触れたことがない方やITの知識が全くない方でも、卒業する頃には一人前の情報処理技術者として活躍できるスキルが必ず身に付くことでしょう。

短大・大学レベルの学歴と知識を身に付けたい方や、キャリアアップの味方となる国家資格を取得したい方にも、IT系専門学校は最適。

入学を検討している方は、一度オープンキャンパスを体験してから専門学校への進学を検討してみるのもおすすめですよ。

▲目次へ戻る

6-1. いさはやコンピュータ・カレッジ


第1位は、2年間の学費総計が約150万円の「いさはやコンピュータ・カレッジ」。

1988年、全国初の国の施策によるコンピュータ・カレッジとして開設されたこちらの学校は、今までに国内外で活躍するIT技術者を多数排出。

教育課程としては、まず1年次に情報処理の国家試験「基本情報技術者試験」か「ITパスポート試験」の合格を目指します。

そして、2年次にITのスペシャリストを目指してより専門的な知識を習得する3コースに分かれます。

全3コースのうち、プログラミングを学べるのは次の2コース。

 
システムデザインコースでは、システム設計やプログラミング、ネットワークなどを学び、情報処理技術のプロフェッショナルへと成長するための基礎を身につけます。

“先生方が基礎から丁寧に教えてくださる” という卒業生の声もあるので、安心感がありますね。

■システムデザインコース(2年制)

・学費:約150万円
・夜間課程の有無:
・学べる言語:C言語・Java・PHP・Oracleなど
・就職を目指せる職業:システムエンジニア・プログラマ・Webプログラマ・カスタマーエンジニア・ネットワークエンジニアなど
・こんな方におすすめ!:親切なご指導を受けてITのスペシャリストを目指したい方

▸参考URL:システムデザインコース|いさはやコンピュータ・カレッジ
 
Webクリエイタコースでは、ホームページ制作やWebアプリケーションの開発といったWebクリエイタとして活躍するための技術を学びます。

卒業生の口コミも”(画像処理について)入学時とは比べ物にならないくらい上手く扱えるようになりました”、”未経験者でも安心して学べる” と好評です。

■Webクリエイタコース(2年制)

・学費:約150万円
・夜間課程の有無:
・学べる言語:HTML5/CSS3・PHP・MySQLなど
・就職を目指せる職業:Webクリエイタ・Webデザイナ・Webプログラマ・Webアニメータなど
・こんな方におすすめ!:プログラミングとWeb画面のデザインの両方に興味がある方

▸参考URL:Webクリエイタコース|いさはやコンピュータ・カレッジ
 
なお、1年次に目指す「基本情報技術者試験」や「ITパスポート試験」以外にも各種国家資格・公的資格取得のための全面的なサポートを受けることが可能。在学中に資格を取得しておくと、自信をもって就活できそうです。

取得可能な資格と就職実績については、それぞれ以下の公式ページをご確認ください。

▸参考URL:
資格|いさはやコンピュータ・カレッジ
就職|いさはやコンピュータ・カレッジ

▲目次へ戻る

6-2. 専門学校メトロITビジネスカレッジ


続いて第2位は、卒業までの学費総計が約220~280万円の「専門学校メトロITビジネスカレッジ」。

メトロ書店系列のコンピュータ会社が経営しているこちらの学校は、「卒業すればエキスパート」をモットーに人材育成を展開。

IoTやAIなどの最先端技術をはじめ、本格的なデザインや簿記会計など、プログラマ、デザイナー、事務スタッフとして活躍するために必要なスキルを一通り身につけることが可能です。

なおIT技術を専門的に学べる課程は、ITクリエイター科の以下2専攻。
 
ITクリエイター科・高度エンジニア専攻は、最先端のIT技術を使用する現場で活躍することができる人材を育成。

高いプログラミングスキルと共に、それを活用するためのIoTやAIに関する基礎技術を学びます。

コミュニケーションロボットやドローンをコントロールするプログラムといったような、最先端のIT技術に触れる機会も多々ありますよ。

■ITクリエイター科・高度エンジニア専攻(2年制)

・学費:約280万円
・夜間課程の有無:
・学べる言語:Python・C言語・Oracleなど
・就職を目指せる職業:AIエンジニア・IoTエンジニア・組み込みエンジニア・AIプログラマ・システムエンジニアなど
・こんな方におすすめ!:システムの最先端技術を学びたい人

▸参考URL:ITクリエイター科・高度エンジニア専攻|専門学校メトロITビジネスカレッジ
 
ITクリエイター科・プログラマ専攻は、即戦力のプログラマーとして活躍できる人材を育成。

2年間で、Javaを中心に複数のプログラミング言語を学習します。

現役エンジニアが講師として授業を行っているため、実務上の経験談を聞くことも多々。ITの仕事をリアルにイメージできますね。

■ITクリエイター科・プログラマ専攻(2年制)

・学費:約220万円
・夜間課程の有無:
・学べる言語:Java・VBA・MySQL・JavaScript・PHP・HTMLなど
・就職を目指せる職業:システムエンジニア・Webプログラマ・ゲームプログラマ・システムオペレーターなど
・こんな方におすすめ!:幅広く活躍できるプログラマーになりたい方

▸参考URL:ITクリエイター科・プログラマ専攻|専門学校メトロITビジネスカレッジ
 
なお、就活時には経営会社(株式会社メトロコンピュータサービス)の職業紹介専門部門「メトロキャリア」が全面協力。

企業紹介だけではなく、面接や試験対策、ビジネスマナー教育などの就職支援が受けられます。

就職支援については、以下の公式ページをご参照ください。

▸参考URL:就職支援|専門学校メトロITビジネスカレッジ

▲目次へ戻る

7. IT系専門学校に進学するならぜひ参加したい!オープンキャンパスのメリット4選


「高校卒業後はIT系の専門学校へ進学したい!」と考えている方は、入学前にぜひ一度学校環境を無料で体験できる「オープンキャンパス」に参加してみましょう。

オープンキャンパスは、志望する学校を実際に見学できる貴重な機会。さいごは、専門学校のオープンキャンパスに参加するメリットを4つほどご紹介します。

実際の校舎へ足を運ぶことで学校のリアルな雰囲気を体験できるので、ミスマッチを避けながら賢く検討することができますよ。

▲目次へ戻る

7-1. 専門学校の学習環境を実際に体感できる

1つめのメリットは、学校の雰囲気を体感できること。

通学にはどれくらいの時間がかかるのか、またどんな先輩たちが通っているのかは、パンフレットやホームページの情報だけでは完全に掴みきれませんよね。

そんな時はぜひオープンキャンパスに参加し、実際の学校生活を体験してみましょう。

またパソコン設備や施設の雰囲気を自分自身でチェックできるのも、オープンキャンパスの魅力の1つ。そうすれば入学後のキャンパスライフも、よりイメージしやすくなるはずです。

▲目次へ戻る

7-2. 学科やコースの体験授業が受けられる


2つめのメリットは、体験授業が受けられること。

調理系であれば料理を作ったり、グラフィック系であればCG作品を作ったり、ゲーム系であればゲーム制作の体験をしたりと、実際に入学した時と同じ学科の授業を体験することができるんです。

業界の第一線で活躍している先生や先輩方のお話を聞けたり、最新の技術を披露してくれる学校も多い様子。

授業の雰囲気を体験することで、将来の夢もさらに描きやすくなるはず。そうすれば今以上にモチベーションが上がること間違いなしですよ。

▲目次へ戻る

7-3. 先輩方や同級生の雰囲気がわかる

3つめのメリットは、先生や先輩方、同級生の雰囲気がわかること。

せっかく2年間も通うのだから、楽しんで勉強できる学校を選びたいですよね。

入学したら自分が習うことになる先生がどんな方なのかがわかるのも、オープンキャンパスの魅力。

また、実際に通っている先輩方、将来の同級生の雰囲気がわかるのも、オープンキャンパスならではのメリットです。

学科やコースによっても中の雰囲気が違うので、ご自分の目でよく見て環境を比較してみると良いでしょう。

▲目次へ戻る

7-4. 先生や講師に直接質問や相談ができる

4つめのメリットは、質問や相談ができること。

オープンキャンパスでは学校にまつわる質問だけでなく、進路や将来の目標に関する相談にも親身にのってくれます。

ご自分の進路の悩みや相談を、しっかりと受け止めて応援してくれる学校なら、入学した後も安心できますよね。

公式のホームページやSNSを見ただけではわからないことや何か気になる点があれば、校内見学が自由なオープンキャンパスにぜひ参加して、先生や講師に直接質問してみましょう。

▲目次へ戻る

8. 就職支援付きの無料プログラミングスクールなら、無駄なく学んで就職できる!


今回は長崎県内で学べるプログラミングスクールとIT専門学校をランキング形式で12校お伝えいたしましたが、いかがでしたか?

オンラインのプログラミングスクールなら、お好きな時間にご自宅で学べるというのも魅力的。また専門学校のオープンキャンパスは、学園祭と同時開催することもあるようなので、2つのイベントを同時に楽しめそうですね。

「お金も時間もかけずに自宅でプログラミングを学びたい」
「卒業後は憧れのIT企業でプログラマーとして活躍したい」

もしあなたがこんなふうに考えているのなら、この機会に無料のプログラミングスクール「プログラマカレッジ」で、私たちと一緒にプログラミングを学んでみませんか?

パソコンが苦手な方や就職活動がはじめての方でもご安心ください。パソコンの基本知識から実務に対応できるITスキルまで、まったくの未経験からマスターできますよ。

実際に通って希望の就職を叶えた卒業生のインタビューでは、

独自の動画教材がありましたので、わからないことがあった時はそれを繰り返しみることができ、その都度理解を深めることができたので、効率的に勉強することができました。
卒業生の声:サクライさん(男性)/卒業生インタビュー|プログラマカレッジ

プログラマカレッジを選んだ理由は、無料で通える点とスケジュールを自身で決められる夜間コースが用意されていた点です。
卒業生の声:山崎さん(女性)/卒業生インタビュー|プログラマカレッジ

就職活動自体人生で初めての経験でしたので、担当のキャリアアドバイザーが手厚いサポートをしてくれました。面接時、どう答えるべきか悩んだ時はLINEで連絡しました。すると、すぐに返信をくれて、「僕だったら、こう答える」という風にヒントになるアドバイスをくれました。
卒業生の声:渡邉さん(女性)/卒業生インタビュー|プログラマカレッジ

という喜びの声が、多数寄せられています。

さらに業界に精通したアドバイザーや経験豊富なプロの講師陣が上京就活生の就職をしっかりとサポートしてくれるので、万全な体制で就活に挑めるところも嬉しいですね。

→ 就職支援付き無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ

ぜひこの記事を参考に将来のキャリアパスをじっくりと考え、ご自分に合った学習方法で希望する企業への就職・転職を実現させましょう!

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.