column

ITコラム

mv54195

プログラマーになりたい人のための情報収集向けサイトや学習サイト、書籍などまとめ

この記事を書いた人
プログラマカレッジ編集部

未経験からプログラマーになりたいと考えてる皆さまに、プログラミング言語の基礎知識や、プログラマーとしての転職ノウハウ、転職に役立つ資格、IT業界情報など、お役立ちコラムを配信しています。

プログラマーを目指すためのプログラミング学習では、情報収集が欠かせません。そこでこの記事では、効率の良い情報収集の手段と、おすすめのサイトや書籍を紹介します。これからプログラミング学習を始めたい方はぜひご覧ください。

なお、プログラミングを学習してプログラマーを目指したい方には、無料のプログラミングスクールプログラマカレッジがおすすめです。

最終更新日:2024年5月31日

目次

1. プログラマーを目指す際の主な情報収集法

プログラマーを目指すにあたって、情報収集が必要なシーンは多くあります。効率よく情報収集を行うには、主に3つの方法が考えられます。

情報収集向けWebサイトを利用する

専門的な書籍や参考書を読む

初心者向け学習サイトを利用する

それぞれの方法について、以下で詳しく解説します。

▲目次へ戻る

1-1. 情報収集向けWebサイトを利用する

プログラマー サイト プログラマカレッジ

Webサイトを活用すると、効率の良い情報収集が可能です。プログラミングに関する情報を収集するのであれば、以下のようなWebサイトを利用すると良いでしょう。

• 技術ニュースサイト
• ブログ
• フォーラム
• オンラインコミュニティ
• ソーシャルメディア

これらのWebサイトを活用することで、IT業界の動向や注目されている新しい技術についての情報を得られます。また、プログラミングに関するさまざまな事例や手順についても学べるため、プログラマーとしての知識を広げるのに役立つでしょう。

▲目次へ戻る

1-2. 専門的な書籍や参考書を読む

プログラマー サイト プログラマカレッジ

プログラミングに関する専門書や参考書は多く販売されています。興味を持った項目について、さらに深く学びたいと感じた時には、関連する書籍や参考書をチェックしてみるとよいでしょう。
書籍や参考書を使うと、基礎的な知識から順に体系的な学びを得られます。興味のある分野について、基本的な知識を網羅的に学んでおきたい場合には、書籍を活用してみてください。

ITの仕組みや構造を知りたい場合には、イラストや図解の多い書籍や参考書を活用するのがおすすめです。文字だけでなく図を用いた解説を確認することで、より理解が深まりやすくなります。

▲目次へ戻る

1-3. 初心者向け学習サイトを利用する

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:Progate

プログラミングに関する情報収集は、初心者向けの学習サイトでも行えます。学習サイトとは、プログラミングに関する基礎知識やコードの書き方などを学べるサイトのことです。学習サイトの中には、初心者向けのものも多くあります。動画やスライドなどでわかりやすく学べる点が特徴で、楽しみながら少しずつ学習を進められるよう工夫されています。基本的な知識が網羅されていることに加え、隙間時間で活用しやすいのも魅力といえるでしょう。

特に初心者向けの学習サイトは解説が丁寧で細かい部分まで説明されているため、多くの知識を得たい場合にはぜひ活用してみてください。

プログラマー サイト プログラマカレッジ

▲目次へ戻る

2. プログラマーの情報収集向けWebサイト

プログラマーの情報収集向けWebサイトには、ニュースサイトやQ&A系サイトなどさまざまな種類があります。それぞれ、どのようなサイトがあるのか具体例を紹介します。

2-1. ITの最新トレンドを押さえられるニュースサイト

ニュースサイトは、最新の技術動向や業界のトレンドを知るために適した媒体です。
パソコンだけではなくスマートフォンからも閲覧できるため、時間や場所を問わず情報収集を進められるのがニュースサイトの大きなメリットだといえるでしょう。


2-1-1. ITmedia

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:ITmedia

ITmediaは、複数のIT系メディアの中から注目記事を集めたニュース系サイトです。さまざまな分野で注目されている記事が凝縮して掲載されているため、見出しを眺めるだけでも現在どのような技術が注目されているのかわかりやすいでしょう。
また、記事ランキングが掲載されており、多くの注目記事の中で特に注目されている記事もわかります。

ランキング上位の記事の中から、自分の興味がある分野のニュースを読んでおくと、トレンドの見落としを避けられます。

▲目次へ戻る

2-1-2. CNET Japan

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:CNET Japan

日本だけでなく、米国発のニュースも掲載しているサイトです。

取り扱っているニュースの内容も、スタートアップから大手企業に関するものまで幅広く、AIや働き方、フード、金融など幅広いジャンルのニュースが掲載されています。

学びたい内容だけでなく、自分の趣味に関連する情報もチェックしておくと、より幅広い知識が得られる可能性があります。

▲目次へ戻る

2-2. プログラミングの疑問が解決できるQ&A系サイト

Q&Aサイトとは、問題に対する解決策を見つけるのに適したサイトです。質問するだけでなく、答えられる質問があれば積極的に答えるようにすると、自分の知識の定着にも役立ちますよ。


2-2-1. Stack Overflow

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:Stack Overflow

Stack Overflowは、シンプルなIT系のQ&Aサイトです。

ホーム画面に質問が一覧で表示されるほか、キーワードやタグを使っての質問の検索もできます。学習中の言語については、タグから気になる質問を確認しておくと、多くの知見が得られるでしょう。

学習中に不明点が発生した場合には、タグをつけて質問を投稿してみると、不明点を解決できる可能性があります。

▲目次へ戻る

2-2-2. Qiita

プログラミング サイト プログラマカレッジ

出典:Qiita

Qiitaは、質問だけでなく記事の掲載も可能なQ&Aサイトです。

トップに人気の記事が表示されるほか、サイドバーには人気のタグも表示されており、どのような技術が注目されているのかが確認しやすいのが特徴です。記事や質問をキーワードで検索できるため、不明点があったばあいにはQiitaで検索してみると、解決方法が見つかりやすいでしょう。

プログラミングの質問ができるサイトや、質問のコツについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

▲目次へ戻る

2-3. 初心者でも参加しやすいプログラミングコミュニティサイト

プログラミングコミュニティサイトに参加すると、知識や情報を得られるだけでなく、一緒にプログラミング学習をする仲間を見つけられます。
オンラインだけでなくオフラインでイベントを開催することもあるため、情報収集だけでなく仲間との交流を求める方にもおすすめです。


2-3-1. connpass

プログラミング サイト プログラマカレッジ

出典:connpass

connpassは、ITエンジニア向けの勉強会を多数掲載しているプラットフォームです。

勉強会の申し込みや参加費の支払いがサイト上で可能なほか、iPhoneアプリを使えばリマインドのプッシュ通知やイベント会場までのマップも利用可能です。
勉強会の種類や内容が充実しており、中には無料で参加できるものもあります。また、開催形式もさまざまで、自分にあったものを選べます。

▲目次へ戻る

2-3-2. TECH PLAY

プログラミング サイト プログラマカレッジ

出典:TECH PLAY

TECH PLAYは、IT関連のイベントを掲載しているプラットフォームです。
掲載されている中から好きなイベントを選んで参加できるほか、技術ブログやマガジン、動画などの閲覧も可能です。
オフラインでのイベントに参加するのはもちろん、オンライン上でも学習したいという方に適したサイトです。

おすすめのプログラミングコミュニティについては、以下の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

▲目次へ戻る

2-4. 初心者向けのプログラミング系YouTubeサイト

プログラミング系YouTubeサイトを利用すると、無料でチュートリアルや講義動画を閲覧できます。
中には、有料講座のように内容が充実したものもあるため、まずは気になるものから閲覧を始めてみましょう。


2-4-1. しまぶーのIT大学

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:しまぶーのIT大学

しまぶーのIT大学は、文系未経験からエンジニアになった投稿者がプログラミング講座やITに関するニュースを発信している動画チャンネルです。

ラジオ形式で耳だけで学べる動画や、一緒に勉強している気分になれる勉強動画もあるため、通勤中や集中して学習を進めたい時にも活用できます。

また、学習のコツを解説した動画も掲載されているため、学習法に悩んだ時にチェックしてみるのもよいでしょう。

▲目次へ戻る

2-4-2. 雑食系エンジニアTV

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:雑食系エンジニアTV

雑食系エンジニアTVは、テクノロジーに関する話題や副業に関する思考法などを発信している動画チャンネルです。

IT関連のトレンドに関する解説を聞きたい方はもちろん、ビジネスに関する考え方を知りたい方や、プログラミングの学習方法を知りたい方にも適しています。わかりやすい言葉を使って話してくれる動画は初心者にとっても魅力です。

▲目次へ戻る

2-5. 知識の定着に役立つ技術系ブログサイト

エンジニアの中には、自身の知識や経験をブログに残している人もいます。
実際にエンジニアとして経験したことや、必要があって学んだ内容が記載されているため、これからエンジニアになりたい方や、ステップアップを目指したい方はぜひチェックしてみましょう。


2-5-1. はてなブログ開発ブログ

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:はてな開発ブログ

はてな開発ブログは、ブログサービスを提供しているはてなが新機能などのお知らせをしているブログです。

サービスに関するお知らせのみが掲載された記事も多くありますが「新機能」や「機能修正・改善」のカテゴリには、技術的な解説がなされた記事も多く掲載されています。

実際に運用されているサービスのサイトでどのような技術が使われているのかに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

▲目次へ戻る

2-5-2. LINEヤフー Tech Blog

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:LINEヤフー Tech Blog

LINEヤフー Tech Blogは、ヤフー株式会社が運営している技術ブログです。

コードを書く際に気を付けることや、社内で挑戦したことなどが書かれています。また、技術系のイベント予定も掲載されているため、ブログから知識を得たい方はもちろん、イベントに参加したい方もチェックしておくと良いでしょう。

▲目次へ戻る

2-6. 最新トレンドやニュースを得られるSNSサイト

SNSで専門家や、自分と同様にプログラミングを学習している人をフォローしておくことで、トレンドの話題を見つけやすくなります。
また、プログラミングを一緒に学習する仲間を見つけるのにも役立ちます。


2-6-1. X

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:X

Xは、140文字の短いテキストや画像を投稿できるSNSです。普段使用している方も多いのではないでしょうか。

自分がフォローしている人のほかに、フォローしている人がいいねやリツイートをした投稿も自分のタイムラインに流れてくるため、トレンドの話題を見つけやすいのが特徴です。

プログラミングの情報収集のためにXを利用するのであれば、専門家や業界の有名人をまずフォローし、投稿を閲覧してみるとよいでしょう。

▲目次へ戻る

2-6-2. LinkedIn

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:LinkedIn

LinkedInは、編集部が厳選したトピックや専門家による発信を閲覧できるSNSです。また、専門家の活動を応援し、繋がりを作ることもできます。
サイト内にはオンラインコースが用意されており、自分の学びたい分野の講座を購入して閲覧可能です。

求人機能もあるため、身につけたプログラミングスキルを活かして仕事を見つけたい方にも適しています。

▲目次へ戻る

2-7. その他のおさえておくべきプログラマー向け情報収集サイト

上記で紹介したどのジャンルにも属さないものであっても、プログラマーがおさえておくべき情報収集サイトは数多くあります。拡張機能やツールも含め、あわせてチェックしておきましょう。


2-7-1. GitHub

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:GitHub

GitHubは、ソースコードの共有が可能なWebサイトです。世界中で使われており、共同開発にも便利です。

ビジネスシーンで使われることもあれば、趣味で作成されたプログラムが公開されている場合もあります。
まだ自分自身で開発できるほどのスキルが身についていない段階であっても、他の人が公開しているソースコードや制作物を閲覧するだけで、さまざまな知識が得られます。

▲目次へ戻る

2-7-2. daily.dev

プログラマー サイト プログラマカレッジ

出典:daily.dev

daily.devは、ブラウザで利用できる拡張機能です。

インストールしておくと、ブラウザで新しいタブを開くたびに、海外のテック系ニュースサイトやブログが表示されます。自分で情報を探しに行かなくても記事が表示されるため、思わぬ情報に出会える確率も高まります。

Webサイトを閲覧するついでに、手間なく情報を得たい方はぜひチェックしてみてください。

▲目次へ戻る

3. プログラミング入門者におすすめの書籍

プログラミング入門者は、書籍で学習するのもおすすめです。プログラミング入門者におすすめの書籍を以下で紹介します。

3-1. アメリカの中学生が学んでいる14歳からのプログラミング


▸著者:ワークマンパブリッシング(千葉敏生 訳)
▸出版社:ダイヤモンド社

出典:Amazon

「アメリカの中学生が学んでいる14歳からのプログラミング」は、オールカラーのイラストや図解を用いてプログラミングの基礎を解説している書籍です。

中学生にもわかるように書かれているため、プログラミング初心者であってもスムーズに学習を進められるでしょう。特定のプログラミング言語だけではなく、コンピューティングシステムの基礎から学べるため、どの言語を学びたい方にもおすすめです。

プログラミング初心者におすすめの書籍は、次の記事で多数紹介していますのであわせてご覧ください。

▲目次へ戻る

4. 簡単にプログラミングを始められる学習系サイト

プログラミング学習には、学習系サイトを活用するのも便利です。初心者におすすめのプログラミング学習サイトの特徴を詳しく紹介します。

4-1. Progate

プログラマー サイト プログラマカレッジ

学習サイトURL https://prog-8.com/
無料で学べる言語やフレームワークスキル HTML&CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails、PHP、Java、Python、Git、SQL、Goなど
主な無料コース ・JavaScript Ⅰ
・Ruby Ⅰ
・PHP Ⅰ
学習スタイル スライド式
環境構築 不要
利用料金 17コースの基礎部分が無料
有料コース あり/月額990円(税込)~
難易度レベル はじめての方や入門者向け

※2024年2月時点

■ Progateはこんな人におすすめ

• プログラミングの経験がまったくない人

• 実際に手を動かしながら学びたい人

• 自分のペースでスライドを進めながら学習したい人

Progateは、画像が多用されたスライドによる学習パートと、コーディングの実践パートから構成されたプログラミング学習サイトです。インターネット上で学習を行うため、環境構築が不要という特徴も。スライド方式のため、解説されている内容が理解できるまでじっくり自分のペースで読み進められます。
スライドで説明を見てから、学んだ知識をすぐに活かしてコードを書くため、学んだ内容を定着させやすいのも魅力です。わからなくなってしまったら、スライドに戻って再度解説を読んでコーディングを進めてみましょう。

▲目次へ戻る

4-2. ドットインストール

プログラミング 学習サイト プログラマカレッジ

学習サイトURL http://dotinstall.com/
無料で学べる言語やフレームワーク、スキル JavaScript、PHP、Docker、iPhoneアプリ開発、Androidアプリ開発、Unity、Git、Processing、Perl、C言語、Lua、SmallTalk、BASIC、COBOL、Pascal、Ada、Scratch、Brainf*ck、Sonic Pi、PICO-8、OpenSCAD、YAML、mustache、textlint、Arduino など
主な無料コース ・はじめてのJavaScript
・はじめてのPHP
・C言語入門
学習スタイル 動画形式
環境構築 不要
利用料金 初心者向け講座無料
有料コース あり/月額1,080円(税込)
難易度レベル 初心者向け

※2024年2月時点

■ ドットインストールはこんな人におすすめ

• 1レッスンが短時間で終わる教材を選びたい人

• 将来的に上級者向けの内容も学習できるサイトを選びたい人

• コードの基本的な書き方を学びたい人

多彩な開発技術について分かりやすい動画で解説してくれる、ドットインストール。
2024年2月現在、524レッスンを7,920本の動画にて提供中。すべて3分以内に抑えられているので、毎日の通学や通勤電車などのちょっとしたスキマ時間に効率よく学習を進められます。
なおプレミアムサービスでは中級・上級者向けの講座も多数開講。ソースコードや動画の内容を文字起こしで閲覧できるだけでなく、自分で書いたコードと比較しながら利用できますよ。
業界でも最大級のプログラミング学習サイトなので、「まずは試しにコードの書き方を学んでみたい」という方におすすめです。ただし解説が少々あっさりとしているので、まずはプロゲートで学習してからチャレンジするのも良いでしょう。

▲目次へ戻る

5. 情報収集やその先にある独学に難しさを感じたらプログラミングスクールを利用してみよう

情報収集を始めてみたけれど、どのように情報を活用すれば良いのかわからない
情報収集して独学を始めてみたものの、悩んでしまうことが多い

という方は、プログラミングスクールに通う方法がおすすめです。

プログラミングに挫折しないためには、わからないことを解決できる環境を用意し、学習のモチベーションを保つことが大切です。しかし1人で学習していると、つまずいた時に質問できる人がいませんし、モチベーションをキープするのは簡単なことではありません。
プログラミングスクールには、未経験者にアドバイスをした経験が多いメンターがたくさん在籍しています。さらに、各プログラミングスクールが用意した独自のカリキュラムも用意されています。
未経験者のサポートができる体制が整っているため、特にこれからエンジニアを目指したいと考えている人にはおすすめです。

▲目次へ戻る

5-1. 完全未経験からプログラマーを目指すなら就職率98.3%無料のプログラマカレッジへ

プログラマー サイト プログラマカレッジ

企業ごとの面接対策やキャリアカウンセリングも、1対1で就活のプロ(アドバイザー)が対応します
プログラマカレッジ 就職サポート風景

未経験からプログラミング学習を始めたいと考えているのであれば、完全無料で受講できるプログラマカレッジがおすすめです

プログラマカレッジでは、キャリアアドバイザーと元エンジニアの講師が技術とモチベーションの両面からプログラミング学習をサポートします。
さらに、面接対策や履歴書の添削、キャリアカウンセリング、各受講生のスキルに合わせた企業紹介といった就職サポートが充実しています。

就職率が98.3%と高水準となっており、プログラミングスキルを身につけて就職に活かしたいと考えている方にはぴったりです。

プログラマーやエンジニアを目指したいと考えている方は、ぜひ一度無料オンライン説明会にご参加ください。プログラマー サイト プログラマカレッジ


プログラマー サイト プログラマカレッジ

気になること、解決できないことがあればzoomの個別ルームにて講師と1対1でのやり取りができます
プログラマカレッジ プログラマーコース受講風景

プログラマー 中卒 プログラマカレッジ

▲目次へ戻る

6. まとめ

プログラミング学習にあたって、情報収集が必要になる場面は多くあります。

情報収集の際には、Webサイトや書籍、学習サイトを活用してみましょう。例えばWebサイトであればニュースサイトやQ&Aサイトなどさまざまな種類があるため、目的に応じて使い分けることも重要です。

1人で情報収集やプログラミング学習をするのが難しいと感じたら、プログラミングスクールを活用するのもおすすめです。

この記事を参考に、自分にあった情報収集の方法を見つけてみてください。

▲目次へ戻る

無料説明会

SHARE

最新記事

無料説明会に参加してみる

INTERNOUS,inc. All rights reserved.

無料オンライン説明会へ