ITコラム

column_main39360

スキルアップ

2022.02.21

MOSは本当に役に立たない資格なのか?【徹底検証】

この記事を書いた人
プログラマカレッジ編集部
プログラマカレッジ編集部

未経験からプログラマになりたいと考えてる皆さまに、プログラミング言語の基礎知識や、プログラマとしての転職ノウハウ、転職に役立つ資格、IT業界情報など、お役立ちコラムを配信しています。

MOSの資格は役に立たない、取るだけ無駄といったネガティブな意見を耳にしますが、はたして本当にそうなのでしょうか?MOS資格が役に立たないと言われる具体的な理由やMOS資格のメリットなどを探り、役に立つ資格であるかどうかを検証しました。資格取得を検討している方は是非一度ご一読ください。

最終更新日:2022年3月24日

1. MOS資格が役に立たないと言われる理由

なぜMOS資格は役に立たない、無駄などと言われているのですか?
MOS資格が役に立たないと言われるのは、下記のような理由があります。

MOSは簡単に取得しやすく、就活で有利な材料にはなりにくいから

MOSの資格取得だけを目指すと、実務で使いこなせるスキルが身に付かないから

MOS資格が無くてもOfficeソフトを使える人が多いから

MOS資格は受験料が高いから

せっかく資格取得を検討している時に、「役に立たない」という噂を聞くと不安を感じてしまいますよね。まずは”なぜ役に立たないと言われているのか” その理由を詳しく知り、本当に役に立たないかどうかを見極めることが大切です。

以下では巷の声を参考にしながらその理由を詳しく解説していきたいと思います。

▲目次へ戻る

1-1. MOSは簡単に取得しやすく、就活で有利な材料にはなりにくいから

【QAサイトからの意見】

MOSを持っていると就活とかで最低限pcスキルがあることを証明できます。
ですが、働いていればすぐ身に付くスキルなので、人事からはさほど重視されない。

出典:Yahoo!知恵袋

【QAサイトからの意見】

意味が無くはないけど、それだけで就職に有利になるかと言えばそうでもないといった感じだと思いますよ。

出典:Yahoo!知恵袋

「働いていればすぐに身につくスキル=難易度が低そう」と思われている点が、持っていてもあまり役に立たないと思わせてしまう理由のひとつです。比較的簡単な資格であることから「合格して当たり前」という印象が強く、ファイナンシャルプランナーや行政書士のように”持っていると必ず強みなる” といった資格などに比べ、軽くみられがちです。

資格は就職や転職時、スキルの証明以外にも、努力や意欲のアピールとして使われます。そういった点でも、難易度が低く取得者も多いMOSは他人との差別化になりにくく、選考でも有利に働きにくい可能性があります。

▲目次へ戻る

1-2. MOSの資格取得だけを目指すと、実務で使いこなせるスキルが身に付かないから

【QAサイトからの意見】

MOS資格を持っていても資料作成等をしたことがない場合、運転免許を持っているけど公道で運転をしたことがないペーパードライバーと一緒です。

出典:Yahoo!知恵袋

【QAサイトからの意見】

MOSの問題演習を繰り返して合格した場合(要領かまして出ることだけやる)は、実務で使えないと思います。

出典:Yahoo!知恵袋

MOSの資格は、資格取得だけを目的とした勉強法で合格してしまうと、社会に出た時に役立ちません。合格点が取れるようにと満遍なく勉強しただけの知識では、資料作成などを実践する際に知識が足りず、実務に活かせないといった状況に陥ってしまいます。

資格を取得しても実際に使えないのであれば、役に立たないと言われてしまうのは無理もないでしょう。「合格だけを目指す勉強法では、無駄なものになってしまいますよ」ということなのですね。

▲目次へ戻る

1-3. MOS資格が無くてもOfficeソフトを使える人が多いから

【QAサイトからの意見】

今やどんな会社もExcelやWordを使いこなせる人はいくらでもいます。Excelが使えれば良いのではなく、それをどう業務に活かすのかが重要なんです。しかもExcel程度なら数日間もあれば誰でも使えるようになります。

出典:Yahoo!しごとカタログ

世の中で働く人のほとんどが使うOfficeソフトは、資格が無くとも実務レベルで出来る人も多く、資格を持っていること自体はあまり評価されません。そもそも、社会に出る前から日常的に使う機会も多いため、「今さら取得しなくても」と思われがち。

「ある程度使えるから資格はあえて必要ない」と思う人が多いことが、役に立たないと言われる所以になっているのでしょう。

▲目次へ戻る

1-4. MOS資格は受験料が高いから

MOSの受験料はMOS2016のWord、Excelのエキスパートの場合、一般価格1万2,980円(税込)。高い受験料のわりに得られるメリットが少ないことから、費用対効果が低いのではと感じている人が多いようです。

せっかく受験料を払うのなら、履歴書に書いて役立つ資格を受験しようと考えるのかもしれませんね。
詳しい料金の詳細は公式サイトをご覧ください。

▲目次へ戻る

2. MOS資格は使えない?役に立つ資格なのか

MOS 資格 役に立たない プログラマカレッジ

MOS資格が役に立たないと言われてしまうには理由があったのですね。では、実際は使える資格なのですか?私にとって役に立つのでしょうか?
MOSが役に立つことはもちろんありますし、資格取得のための勉強をすることによってOfficeソフトの基本操作を学べることは確かです。まずはMOSがどんな資格でどんなメリットがあり、どういった職種の方に役立つ資格なのかをしっかり理解しましょう。そして、あなたにとって必要な資格なのかどうかを見極めることから始めていきましょう。

▲目次へ戻る

2-1. そもそもMOSとは

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
ExcelやWordなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格。難易度は比較的低めではあるものの、世界で通じる国際資格であり、認定されたスキルは世界で通用します。社会人に必須なPCスキルを身につけることができるため、就職を控える若い世代に人気の高い資格です。社員教育として導入する企業もあります。

参照:MOS公式サイト

▲目次へ戻る

2-2. MOSは仕事上の実務に活きる資格

MOSは多くの会社で採用されているOfficeソフトについて知識を深められる、実用性のある資格です。パソコンを使う仕事であれば職種を問わず、ほとんどの企業でOfficeソフトは利用されているため、勉強して損になることはまずないでしょう。
公式ホームページでも、MOSの資格は”テストを利用した新しく最適な勉強法” と言われています。資格を取得することでOfficeソフトの高度なスキルが身につけられるため、社会に出たときに短時間で効率よく業務を進めることが可能に。効率よく仕事をこなすための基礎を学べます。

参照:MOS公式サイト

▲目次へ戻る

2-3. MOSが役に立つ人と役に立たない人

とはいえ、MOSが仕事に役立つ人とそうでない人がいるのもまた事実です。あなたの目指している職種や置かれている立場などによって変わってきますので、友人や先輩から聞いた「MOSは役に立たない」といった情報だけで判断しないことをおすすめします。

下の表を参考に、まずはあなたが今後どんな職業に就きたいのか、そのためにはどんな資格を取得しておいたほうが良いのかを考えてみると、MOSが役立つ資格がどうかが見えてきますよ!

あなたはどちらのタイプ?MOSが役に立つ人と役に立たない人の特徴

MOSが役に立つ人 MOSが役に立たない人

・パソコンが使えないけどパソコンを使う仕事に就きたい人

・Officeソフトを使用したことがほとんど無い人

・エクセルやワードの新しい機能を覚えて活用したい人

・就職に向けて基礎的なパソコンスキルを身に付けたい人

・事務や経理などの仕事を目指す人

・パソコンを使わない仕事をしている人(またはする予定)
例:工場でのライン作業、肉体労働を主に行う仕事など

・そもそもパソコンスキルが高い人

・資格取得だけを目的にし、ざっくり勉強して合格しようとしている人

・転職時のキャリアアップに役立てようと考えている人

▲目次へ戻る

3. MOS資格を取得するメリット

ここからはMOS資格を取得するメリットについてご紹介します。自身にとってMOS資格が必要かどうかの判断基準として、ぜひ参考にしてみてください。

3-1. MOSの学習によりパソコンを使う実務力が身につく

MOS 資格 役に立たない プログラマカレッジ
MOSは資格取得のための学習によって、まったくパソコンに未知だった人でもOfficeソフトを使うスキルが身に付くメリットがあります。もちろん資格がなくてもOfficeソフトを難なく使えている方も多いと思いますが、資格を取得すると大幅にスキルを上げることが可能。合格とともに、Officeソフトを使ったパソコン業務が難なくこなせるようになるのです。

【QAサイトからの意見】

MOSは、アプリの基本的機能が理解し使えることの証明になり、ご自身でも基本的な機能を習得でき自信につながります。
自己流で偏った機能だけを使用していた方も、広く機能を覚えることができるので、決して無駄にはならないはずです。

出典:Yahoo!知恵袋

【QAサイトからの意見】

MOSレベルの作業が出来なければ、仕事に支障をきたします。そういった意味でも自分のスキルアップと考えて取得したほうがいいかと思います。

出典:Yahoo!知恵袋

【合格者の意見】

WordやPowerPointを使った資料作成にかかっていた時間が、以前の3分の1ぐらいまで短縮化できました。文字要素を減らし、グラフや表などを多く取り入れることで取得前は読みにくかったレポートや資料が改善されました。

出典:MOS公式サイト

【合格者の意見】

資格取得後は、いままでやっていた面倒な作業がコマンドや関数1つで解決できることを知り、もっと早く勉強していれば良かった・・・と後悔したほどです。

出典:MOS公式サイト

平均的なユーザーのほとんどは10%程度の機能しか使っていないという事実もあるほど(公式サイト調べ)、Officeソフトには知られざる便利な機能がたくさんあります。資格取得をきっかけに知識を深められたら一石二鳥ですよね!

▲目次へ戻る

3-2. 就職・転職時にパソコンスキルを客観的に証明できる

MOS 資格 役に立たない プログラマカレッジ
MOSを保有していると、どのくらいのパソコンスキルを持っているのかを客観的に証明することができます。ひとことに「Officeソフトが使えます」といっても、そのレベルは人によってさまざま。せっかく高度なスキルを有していても、言葉だけでは面接官にその実力は伝わりにくいものです。

資格があると一定のスキルを持ち合わせていることを証明できるので、就職や転職の際にアピールしやすくなります。

【合格者の意見】

就活で、面接官の方から「どこの会社に行ってもExcelとWordの基礎知識は社会人として必須です」といった内容を聞きました。MOSを取得していたことで、自分の技術と知識をきちんと証明することができました。

出典:MOS公式サイト

【合格者の意見】

実際仕事の書類選考で、有資格者は通って、私はスキルに自信があったのに落ちたことがあり、そのときに痛感した悔しさをバネにMOSの取得を決意しました。

出典:MOS公式サイト

MOSは世界共通の「合格認定書」や「デジタル認定書」がある国家資格。海外でもパソコンのスキルを証明できる資格であることもメリットですね。

▲目次へ戻る

3-3. 業務や作業効率が向上する

MOS 資格 役に立たない プログラマカレッジ
MOSはOfficeソフトの実践力を高めることが目的の資格。資格を取得すると、今まで知らなかったOfficeソフトのテクニックを知ることができ、業務や作業効率が向上するというメリットがあります。

【MOS調査データ報告書より】

「MOSの取得トレーニング後は、 以前は仕上げるのに90分かかっていた作業が45分でできるようになった」 と言う管理職もいます。MOSは従業員の生産性を高め、時間とコストの節約につながるのです。
また、MOSを取得した従業員の83%が、「Officeソフトの知識とスキルを頻繁に、または常に活用している」と回答し、管理職の85%が、「MOSを取得した従業員は、仕事の生産性が以前より高まった」と回答しています。

出典:MOS公式サイト

MOSで培ったスキルは、働き始めたときにその威力を発揮します。長時間かけてコツコツ仕事をするよりも、テクニックを駆使して効率よく仕事を進められた方が評価も得られ、時間の節約にもなっていいですよね。

▲目次へ戻る

3-4. 自信や満足度を高められる

MOS 資格 役に立たない プログラマカレッジ
前述したように、MOSは資格取得することで仕事における実践力がUPするため、結果的に自身の仕事に対する自信や満足度を高めることができます。

【MOS調査データ報告書より】

MOSを取得した従業員の82%が、「仕事の能力に対 する自信が強まった」と回答。MOSを取得した従業員の81%が、「資格を取得する機会を得たことで会社に対するロイヤルティが高まった」と回答しています。

出典:MOS公式サイト

【合格者の意見】

資格取得によって習得したスキルを仕事に活かせていることはもとより、パソコンに対する苦手意識がなくなり、「自分でも、やればできるんだ」という自信が持てた点が何よりも良かったと思っています。

出典:MOS公式サイト

資格勉強を通して身についたテクニックのおかげで、自分に自信が持てるようになるのはとてもポジティブでいいことですよね。自分に自信がないと悩んでいる方は挑戦してみる価値ありです。

 

▲目次へ戻る

4. MOS資格に関するよくある疑問を解決

MOS 資格 役に立たない プログラマカレッジ

ここからはMOS資格に関するよくある疑問について、私たち編集部がお答えします。資格取得を迷っている人は、ここで疑問をしっかり解決しておきましょう。

 

【Q1】MOSは履歴書に書かない方が良いですか?

難易度が低いと言われているMOS資格。恥ずかしいから履歴書に書かない方が良いでしょうか?

そんなことはありません!履歴書の資格欄にMOSの資格を記載することは、まったく恥ずかしいことではないのですよ。WordやExcelの一定以上のスキルがあることを証明する上ではとても効果的です。

ただし、努力を証明したり、他の転職者よりも優位に立とうとしたりといった目的で書くと、あまり効果は期待できないことも理解しておきましょう。

履歴書への記載方法は以下の公式サイトを参考にすると良いでしょう。
履歴書への記載方法を教えてください。|MOS公式サイト

 

【Q2】どんな人がMOSを学習していますか?

MOSの資格を取得する人って、どんな人が多いのですか?
以下のグラフを見てわかるように、幅広い世代の方々がMOSの資格取得を目指しています。就職を控えパソコンスキルを身に付けようとしている20代、業務上必要となって勉強を始める30~50代、定年を迎え自己啓発のために受験するシニア世代など、年代別に目的は違えど、資格取得を通してスキルアップしたいという気持ちを持った方が多いのではないでしょうか。

MOS 資格 役に立たない プログラマカレッジ

出典:MOS公式サイト

 

【Q3】MOSは独学で取得できますか?

スクールに通う時間やお金がないのですが、独学でも取得できますか?
MOSは認知度が高い資格のため、テキストや問題集も豊富にあり、インターネットでも情報がたくさん出てくるので、初心者でも独学で資格を取得することができるでしょう。個人のパソコンスキルや経験により、合格に必要な勉強時間は異なりますが、資格timesの調べによると、経験者であっても40時間以上、初心者は80時間ほどの勉強が必要と言われています。

 

▲目次へ戻る

5. まとめ【結論】MOSは無駄な資格ではない

MOSは、社会人に必須なPCスキルを身につけることができる国際資格です。社員教育として導入する企業もあるほど、社会人としてのスキルアップが見込めます。仕事上の業務効率が上がり、就職や転職でも評価されるなどメリットは多くあり、決して無駄な資格ではありません。仕事でOfficeソフトを扱う人、ITリテラシーを身につけたい人はぜひ勉強することをおすすめします。

パソコンの知識はないけれど、IT業界に興味があるという方の場合は、無料のプログラミングスクール「プログラマカレッジ」を利用して資格勉強をはじめてみるのもおすすめです。パソコンにはじめて触る高校生や大学生、またデスクワーク経験のないフリーターの方でも大丈夫!パソコンに関する基本知識から実務に対応できるITリテラシーまで、まったくの未経験から一通りマスターできますよ。

IT業界やプログラマーに興味がある方には、MOS資格の他にもおすすめの資格がございます。下記のリンクもぜひ参考にしてみてくださいね。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.