ITコラム

column_main5121

スキルアップ

2021.10.12

スマホで遊べる!初心者におすすめのプログラミング学習アプリ15選

この記事を書いた人
プログラマカレッジ編集部
プログラマカレッジ編集部

未経験からプログラマになりたいと考えてる皆さまに、プログラミング言語の基礎知識や、プログラマとしての転職ノウハウ、転職に役立つ資格、IT業界情報など、お役立ちコラムを配信しています。

本記事では、小学生の子供から大人までスマホで楽しめるプログラミング学習アプリを15本ピックアップ。ゲームや動画、パズルのようなビジュアル形式のほか、実際にコードを入力しながら学べるアプリまで、元エンジニアの筆者が幅広くご紹介。一部有料のアプリもありますが、基本的にはすべて無料。iPadなどのタブレットでも遊べます。特徴や難易度を比較した一覧表を参考に、ぜひ自分に合ったアプリを見つけてみましょう!

最終更新日:2021年10月12日

目次

1.【初心者必見】自分に合ったプログラミング学習アプリの選び方
 ✓ 無料or有料?課金の有無をチェックする
 ✓ 手持ちの端末に対応しているかを確認する
 ✓ アプリの学習形式もチェックする
 ✓ レビューやダウンロード数も確認する
 ✓ アプリの開発元もチェックしておく
2. 大人も子供も楽しんで学べる!プログラミング学習アプリ15選
 2-1. Progate
 2-2. Scratch
 2-3. Khan Academy
 2-4. Vscuit
 2-5. GLICODE
 2-6. CodeMonkey
 2-7. Swift Playgrounds
 2-8. codebelle
 2-9. Schoo
 2-10. ShareWis
 2-11. Udemy
 2-12. Programming Hub:Learn to code
 2-13. Sololearn
 2-14. アルゴリズム図鑑
 2-15. Quizlet
3. 初心者がプログラミングを学ぶならプログラマカレッジへGo!

1.【初心者必見】自分に合ったプログラミング学習アプリの選び方


近ごろはスマホやタブレットで遊べるプログラミングアプリが、次々とリリースされています。ですがたくさん種類がありすぎて、これから始めたい方はどれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そんなITビギナーのみなさんのために、子どもの頃からプログラミング大好きな元エンジニアの筆者が、アプリの選び方、そして「こういうのが自分が学び始めた頃に欲しかった!」と思ったアプリを厳選してご紹介します。

まずは、自分にぴったり合ったプログラミング学習アプリを選ぶコツとそのポイント5つから、解説していきましょう。

▲目次へ戻る

✔    無料or有料?課金の有無をチェックする

プログラミング学習アプリ選びでもっとも重要なポイントは、やはりサービスの利用料金です。一般的にストアで提供されているアプリには、主に次の5種類があります。

• 非営利で提供されている、完全無料のアプリ

• 広告を表示することで利益を得ているが、ユーザー側は無料で使えるアプリ

• 一度料金を支払ったら、あとはずっと無料で使える買い切り型のアプリ

• 毎月ごとに利用料金を支払う、月額課金型のアプリ

• 基本は無料だが、オプションに課金する機能があるアプリ(買切と月額の両タイプあり)

特に利用者が子どもの場合、課金機能のあるアプリは注意が必要です。そのため、月額料金の支払い状況はアカウント情報をこまめにチェックし、また課金操作時には必ずパスワード入力が必要な状態にしておくことも重要です。

また無料アプリであってもタップしやすい位置に広告が表示されるタイプのアプリについては、広告をクリックした先のサイトで思わぬ操作をしてしまわないよう、注意して下さい。

▲目次へ戻る

✔    手持ちの端末に対応しているかを確認する


そのアプリが利用予定のスマホやタブレットの機種に対応しているか?や、OSのバージョン対応状況をあらかじめ確認しておきましょう。

なお無料アプリの場合は、推奨機種になくてもインストールして一通り動くならOKです。ただし使い始めてから一部機能で不具合が出てくる場合もありますので、公式で対応状況が確認できない機種の場合は、こまめにバックアップをとっておくなど注意して下さい。

▲目次へ戻る

✔    アプリの学習形式もチェックする

学習アプリと一言で言っても、その学習形式には多様なものが用意されています。例えば、次のような形式があります。

テキスト:教材のwebページやスライドを読む

動画:教材の動画を見る

ゲーム:ゲームやクイズ形式で問題をクリアしていく

コード入力:実際のコードを入力して実行する

ビジュアルプログラミング:コード入力の代わりにパズルのようなものでプログラミングする

詳しくはこちらで解説しますが、どれか1つのタイプだけではなく、中には複合型になっているアプリもあるので、自分が学びやすい学習形式を選びましょう。

▲目次へ戻る

✔    レビューやダウンロード数も確認する

AndroidもiOSも、各アプリストアでレビューやダウンロード数を確認することができます。特に初心者の場合は、アクティブなユーザーが多そうなものを使うのがおすすめです。理由は、ユーザー数が多ければ多いほど、不明点などをネット検索した際に答えが見つかる可能性が高くなるためです。

利用者が少なくても良いアプリはたくさんありますが、特に初心者のうちは、一緒に楽しんでいる仲間が多いと心強いという一面があります。なので、もしどちらを選ぶか迷った場合は、レビューやコミュニティの書き込みが新しく活発に更新されているアプリがおすすめです。

▲目次へ戻る

✔    アプリの開発元もチェックしておく

アプリの開発元も重要です。やはりプロが監修しているアプリは、信頼性も高い傾向に。その理由は、内容に責任を持って誤記などがないよう厳重にチェックを重ねて作成されているためです。

企業だけでなく非営利団体が子どもの教育目的で提供しているサービスもありますが、そのようなアプリも内容の信頼性高いので、初心者でも安心して学べるでしょう。

▲目次へ戻る

2. 大人も子供も楽しんで学べる!プログラミング学習アプリ15選

プログラミング学習アプリの選び方がわかったら、今度はプログラミング学習アプリを比較してみましょう。

今回は、英字の読めない子どもからプログラミング初心者の大人、そして上級者の大人まで、幅広く楽しめるプログラミングアプリ15種類をピックアップし、一覧表にしてみました。

※スマホからは横スクロールしてご覧下さい。

おすすめ順 学習サイト名 特徴 価格 日本語対応 難易度 教材タイプ 対応OS
Android iOS
1 Progate 環境構築不要の人気サービス 無料あり ★★ テキスト
コード
2 Scratch 子供の教育現場でも活用 無料 ゲーム
ビジュアル
3 Khan Academy 非営利団体運営の無料学習サイト 無料 ★★★ テキスト
動画
4 Vscuit 未就学児から遊んで学べる 無料 ビジュアル
動画
5 GLICODE 国民的お菓子でプログラミング 無料 ゲーム
ビジュアル
6 CodeMonkey 未就学児や小学生も遊んで学べる 無料 ゲーム
ビジュアル
7 Swift Playgrounds Apple公式のswift学習アプリ 無料 ★★ ゲーム
ビジュアル
コード
8 codebelle スキマ時間にも簡単に学べる 無料 ★★ テキスト
コード
9 Schoo 生配信の動画授業が魅力 無料あり ★★ 動画
10 ShareWis 無料の90秒動画で手軽に学習 無料あり ★★ 動画
11 Udemy 選べる講座&自分のペースで学べる 無料あり ★★★ 動画
コード
12 Programming Hub:Learn to code 11言語対応の本格コード学習環境 無料あり ★★★ テキスト
コード
13 Sololearn 多数の演習問題がアプリでも学べる 無料あり ★★★ テキスト
テスト
コード
14 アルゴリズム図鑑 アルゴリズムを分かりやすく解説 無料あり ★★ テキスト
ゲーム
15 Quizlet 単語帳やクイズを共有するアプリ 無料あり 単語帳
テスト
ゲーム

※2021年9月調べ

■ 難易度の基準について

各難易度の基準は、次の通りです。

★  :いきなりコードを読むのは難しいと感じる子どもや初心者向け

★★ :コードに抵抗のないプログラミング初心者向け

★★★:英語サイトでもいいので、とにかく詳しく学びたい方向け

上記表の「おすすめ順」は、1~3のTOP3に「★1から★3までの各難易度の中でも特におすすめしたいアプリ」を掲載しています。またそれ以降については、ざっくりと難易度別にグルーピングした上でのおすすめアプリ順となっています。

なお元エンジニアの筆者が「ITエンジニアとしてやっていくなら、プログラミングに必要なのはコーディング技術だけじゃない!」という観点から見たときに、あえて推したいアプリは「アルゴリズム図鑑」です。

このアプリは他アプリで学ぶようなプログラミングの技術ではなく、もっと基本的な「アルゴリズム」というプログラムの仕組みを学ぶことができる珍しいアプリです。無料でも十分学べますので、他のプログラミング学習アプリとぜひ併用して遊んでみて下さい。

■ 教材タイプの種類について

各教材タイプの種類は、学習形式ごとに次のように分類しています。

動画:教材の動画を見る形式

ゲーム:ゲームやクイズ形式で問題をクリアしていく形式

コード:実際のコードを入力してプログラミングする形式

ビジュアル:コード入力の代わりにパズルのようなものでプログラミングする形式

テスト:テキストの後にチェックテストを受ける形式

単語帳:単語帳を作る形式

プログラミングアプリにはさまざまな種類がありますが、テキストを見て学ぶスライド形式だけでなく、録画授業で学ぶ動画形式や、手を動かしながら学べるゲーム形式などから選ぶことが可能。

そのため、自分のペースで読み進めたい方には「テキスト」を、講座形式が好きな方は「動画」を、またとにかく手を動かしたいという方は「ゲーム」を…というように、ご自分に合った学習形式のアプリを探してみて下さい。

さらに実際にプログラミングしながら学ぶアプリについては、本番と同じコードを使用する「コード」タイプと、ビジュアルプログラミング言語というコードの代わりになるパズルを使用する「ビジュアル」タイプも。

またProgateのアプリ版のように、「本番と同じコードが記載されているピースをパズルのように組み合わせていく」という、両タイプの良いところを組み合わせた学習方式もあるので、いくつかインストールして学びやすいと感じるアプリを選ぶと良いでしょう。

■ 価格の種類について

今回ご紹介する15種類のアプリは、基本的にすべて無料で楽しめます。

ですが完全無料と一部有料のアプリがありますので、ご利用の際にはくれぐれもご注意ください。とはいえ、やはり本格的な学習サイトについては有料アプリが多い傾向にありますが、まずは無料の範囲を十分に使いつくし、相性を確認してからの課金がおすすめです。

なお、本格的にプログラミングを学び始めてみたい初心者の方は、以下の記事もご参考に。

パソコンが使える方は、無料のプログラミング学習サイトを併用して学ぶ方法もおすすめです。

それではさっそく、各アプリの特徴を詳しく見ていきましょう。

▲目次へ戻る

2-1. Progate

▸ どんなアプリ?
東大工学部に在学中の学生が開発したとして話題になったプログラミング学習サイト「Progate」の、アプリ版です。分かりやすい画像を使ったスライドの教材パートと、コードをパズル感覚でつなぎ合わせて実装するコーディングパートで構成されています。メインである学習サイトのオマケとして隙間時間に活用するだけでなく、これ一本で充分独立したプログラミング学習アプリになっています。

初心者でコードをフリー入力するのは難しそうだけど、完全なビジュアルプログラミングよりは実物のコードが見えていた方が勉強になって良い!という方におすすめです。

料金 料金初級は無料。中級以上は月額1080円
学べるスキル HTML/CSS、JavaScript、Ruby、Python、Java
教材タイプ テキスト、コード入力(パズル)
対象レベル ★★

▸ おすすめポイント

• コード入力ではなくコードをパズルのように組み合わせるので、子どもや初心者も始めやすい。

• PC版のサイトと併用することで、より深く学習を進めることができる。

• レベルアップやランキングなどの機能があり、ゲーム感覚で楽しめる。

※このアプリのプログラミング学習サイトはこちらです

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ
開発元:Progate

▲目次へ戻る

2-2. Scratch

▸ どんなアプリ?
世界トップクラスの理系大学であるマサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された、プログラミングの技術を直接学ぶのではなく、仕組みを理解するためのアプリです。ビジュアルプログラミング言語のため英語の分からない年齢の子どもでも直感的に操作でき、プログラミングに重要な「考え方」を学びます。

特にアプリ版は難しい英語や漢字を読む必要がなくなっているため、より低年齢からプログラミング的思考に親しむことができます。それで物足りない方は、より自由度の高いWeb版にスムーズにステップアップ可能です。

なおScratchのシリーズが魅力的なのは、ユーザー数が多いことです。自分の造ったゲームや映像などの作品を世界中のユーザーに発表できる、公式のコミュニティが充実しています。つまり「自分ががんばって作った作品をプレイしてもらえる(ユーザーが生まれる)」という、開発者冥利に尽きる体験もできるのです。

料金 無料
学べるスキル ビジュアルプログラミング言語
教材タイプ ビジュアルプログラミング
対象レベル

▸ おすすめポイント

• MIT(学術機関)が子どもの教育目的で開発&提供しているため、完全無料で使える。

• 子どもの教育現場で実際に利用されている。

• ユーザー数が世界的に多く、作った作品を発表する場などが充実している。

※このアプリのプログラミング学習サイトはこちらです

Scratch小児プログラミングの啓蒙教育

Scratch
開発元:ZHAO HAITAO

▲目次へ戻る

2-3. Khan Academy

▸ どんなアプリ?
「世界中の誰でも無料で学べる」をコンセプトにした、非営利団体が運営する学習サイトです。無料にも関わらずその学習内容はかなり充実しています。さらにプログラミングだけでなく、科学、数学、芸術、経済学などを幅広く学ぶことができます。

ただUIや講義に使われる英語がかなり難度の高いものであるため、英語が得意な方向けかもしれません。逆に英語力を上げたいという方にはかなりおすすめです。

料金 無料
学べるスキル JavaScript、HTML、CSS、SQL、情報理論、データ分析など
教材タイプ テキスト、動画
対象レベル ★★★

▸ おすすめポイント

• 無料なのにとても質の高い講義動画やテキストを見て学ぶことができる。

• 学習できる分野が充実しており、コーディングだけでなく情報理論やデータ分析なども学べる。

• 英語に抵抗ない場合は、英語の勉強にもなる。

※このアプリのプログラミング学習サイトはこちらです

Khan Academy

Khan Academy
開発元:Khan Academy

▲目次へ戻る

2-4. Vscuit

▸ どんなアプリ?
Vscuitでは、まず自分で絵を描いて部品を作り、次にその部品にビジュアルプログラミングで動きを付けることができるアプリです。プログラミングもメガネを動かすという直感的な操作に特化したもので、未就学児の年齢のお子さんから、プログラミングを楽しく学ぶことができます。

さらに作った動画やゲームは、世界中の人と共有することが可能です。はじめてのプログラミング体験に、最適なアプリとなっています。

料金 無料
学べるスキル ビジュアルプログラミング
教材タイプ ビジュアルプログラミング
対象レベル

▸ おすすめポイント

• 用意されたキャラクターではなく、簡単に自分で作ったキャラクターを動かすことができる。

• ビジュアルプログラミングの中でも特に直感的に操作できるよう作られている。

• 作った作品を他ユーザーと共有できる。

viscuit

viscuit
開発元:Digital Pocket Limited Liability Company

▲目次へ戻る

2-5. GLICODE

▸ どんなアプリ?
ポッキーでおなじみのグリコが提供する、ポッキーでプログラミングするアプリです。そう聞くと、画面上に表示されるポッキーをつなげていくのかな?と思われるかもしれません。しかしなんとこのアプリは、実物のポッキーを白い紙の上に並べてプログラミングし、それをスマホのカメラで読み取ってゲームをクリアして行くのです。

特にあまりプログラミングに興味を持っていないお子さんの、興味を引くきっかけとして使うのがオススメです。さらに必修化したプログラミング授業に苦手感を持っているお子さんも、このアプリなら楽しくプログラミング的思考に慣れることができるのではないでしょうか。

料金 無料
学べるスキル ビジュアルプログラミング
教材タイプ ゲーム、ビジュアルプログラミング
対象レベル

▸ おすすめポイント

• お菓子を使って楽しくプログラミングできる。

• プログラミングに興味のない人の興味を引けるかも?

• 総務省に選定され、子どもの教育現場で実際に使われた実績がある。

GLICODE®(グリコード)

GLICODE®(グリコード)
開発元:EZAKI GLICO CO.,LTD.

▲目次へ戻る

2-6. CodeMonkey

▸ どんなアプリ?
おサルのキャラクターを動かしてバナナを集めるゲームを通して、プログラミングを学ぶアプリです。コードの代わりに動作を示すタイルを並べていくので、パズルゲーム感覚でプログラミングを楽しめます。

Web板は日本語に対応しているのに対してアプリ版は日本語には未対応ですが、直感で分かるようなデザインになっているので、英語の苦手な方や子どもでも楽しむことができるようになっています。

料金 無料(Web版は有料コースあり)
学べるスキル ビジュアルプログラミング言語
教材タイプ ゲーム、ビジュアルプログラミング
対象レベル

▸ おすすめポイント

• 難しいコード入力などなく、小学生からゲームとして楽しく学べる。

• 実績開放など、ゲームとしての機能が本格的。

• アプリで慣れたらWeb版でさらにステップアップできる。

※このアプリのプログラミング学習サイトはこちらです

CodeMonkey Jr. Pre-coding Game

CodeMonkey Jr. Pre-coding Game
開発元:CodeMonkey Studios Inc

▲目次へ戻る

2-7. Swift Playgrounds

▸ どんなアプリ?
iPhoneやiOSの開発元であるApple社が公式で提供する、ビジュアルプログラミング風に学べるSwiftの学習アプリです。レッスンでは、指示にそってコードを入力すると、その通りに画面内を3Dキャラクターが動き回ります。コードの入力はキーボードではなく入力候補をタップして選択していくだけなので、サクサクとコーディングしていくことが可能です。
さらにビジュアルプログラミングと見せかけて、アプリ中で使われるコードやフレームワークは本物です。そのため、実際にAppを作る際にそのまま使える技術を学ぶことが可能です。

料金 無料
学べるスキル Swift
教材タイプ テキスト、ビジュアルプログラミング、コード入力
対象レベル ★★

▸ おすすめポイント

• Apple社公式のアプリで、無料なのにとても充実した内容となっている。

• ビジュアルプログラミング風の分かりやすい構成ながら、本物のコードやフレームワークを学べる。

• 本物のコードを易しく学ぶため、アプリ作りの基礎力がつく。

Swift Playgrounds

Swift Playgrounds
開発元:Apple

▲目次へ戻る

2-8. codebelle

▸ どんなアプリ?
iPhoneアプリの開発言語である「Swift」に特化し、無料でしっかりと学べるアプリです。テキストが柔らかい文体のチャット形式で進むため、テキスト&コード入力タイプの中ではかなり初心者がとっつきやすいインターフェースになっています。

さらに難しい用語も動物などへの例え話で分かりやすく説明されており、一度他の方法で挫折した方の再挑戦にも向いています。最終的にiPhoneアプリを作りたい方には、かなりオススメのアプリです。

料金 無料
学べるスキル Swift
教材タイプ テキスト、コード入力
対象レベル ★★

▸ おすすめポイント

• Swiftに特化している代わりに、無料でかなり詳しく学ぶことができる。

• テキストがチャット形式で進むため、親しみやすい。

• 1回3分程度で終わるレッスンなので、隙間時間を活用しやすい。

codebelle - スキマ時間で学ぶプログラミング

codebelle – スキマ時間で学ぶプログラミング
開発元:Manabelle Co. Ltd.

▲目次へ戻る

2-9. Schoo

▸ どんなアプリ?
プロ講師による生配信の授業動画が、無料で視聴可能というアプリです。生配信の動画は全て無料ですが、いつでも何度でも気に入った講義を見返せる録画配信は有料の月額会員限定となっています。

プログラミングだけでなくビジネスやマーケティング、語学などさまざまな社会人に役立つ動画が見放題なので、プログラミング以外にも興味のある分野が見つかった方へ特におすすめです。

料金 生配信無料、録画は見放題で月額1080円
学べるスキル プログラミングカテゴリの小分類は39種類
教材タイプ 動画
対象レベル ★★

▸ おすすめポイント

• 生配信は無料なので、その講師の授業スタイルをじっくりと確認してから有料登録を検討できる。

• わかりやすい動画で、対面のようなクオリティ高い授業を受けることができる。

• 授業によっては、リアルタイムに質疑応答できる掲示板が用意されている。

※このアプリのプログラミング学習サイトはこちらです

Schoo(スクー) - ライブ動画で学べるアプリ

Schoo(スクー) – ライブ動画で学べるアプリ
開発元:SCHOO INC.

▲目次へ戻る

2-10. ShareWis

▸ どんなアプリ?
90秒でさっくり学べる無料のスナックコースが人気のアプリです。こちらもプログラミングだけでなくデータサイエンスや語学、その他のビジネススキルが充実しています。

プロコースを購入すると動画をアプリでダウンロードすることができるようになります。通信環境の整っていない外出先でもスムーズに視聴可能になる点がオススメです。

料金 90秒のスナックコースは全て無料
プロコースは1講座ごとに買い切り
学べるスキル • 90秒で分かるJavaScript
• 90秒で分かるCSS
• 90秒で分かるHTML など
教材タイプ 動画
対象レベル ★(スナックコースの場合)

▸ おすすめポイント

• 90秒で初心者が分かりやすく学べる、さまざまな動画が無料。

• プロコースは一度購入すればそれ以上の料金がかからない。

• プロコースで購入した動画は、ダウンロードして通信なしで見ることができる。

※このアプリのプログラミング学習サイトはこちらです

ShareWis(シェアウィズ)

ShareWis(シェアウィズ)
開発元:SHAREWIS INC

▲目次へ戻る

2-11. Udemy

▸ どんなアプリ?
数千からなる多様な講座の中から、好きな講座を選んで受講するタイプのアプリです。有料のコースがほとんですが、HTML入門、PHP入門、Python入門などの入門編の講座がいくつか無料で公開されています。

購入した講座の動画は端末にダウンロードできるため、どんな場所でもオフラインで受講できる点が便利です。
なおコース料金は買い切りながら数万円と高めに感じるお値段に設定されていますが、Udemyはかなり頻繁に大幅値引きになるセールをやっています。時間に余裕のある方は、セールを待ってから購入するのもおすすめです。

料金 無料~コース課金
学べるスキル PHP、Python、HTML、アプリ開発(Android、Swift)、データサイエンス(R、機械学習、人工知能)など
教材タイプ テキスト、動画、テスト
対象レベル ★★★

▸ おすすめポイント

• コース数が豊富で、入門編は無料で受けられるコースも多くある。

• 購入済の講座については、アプリでダウンロードしてオフラインで学習できる。

• Rや機械学習といった、専門的なコースも用意されている。

※このアプリのプログラミング学習サイトはこちらです

Udemy Online Video Courses

Udemy Online Video Courses
開発元:Udemy

▲目次へ戻る

2-12. Programming Hub:Learn to code

▸ どんなアプリ?
学べる言語が20種類以上という、プログラミング専門の学習アプリでは最多レベルの言語を学べるアプリです。まずテキストで学び、次にコード入力で課題を解いていくスタイルです。5000を超えるコードサンプルと各言語の強力なコンパイラを搭載しているため、隙間時間でコーディングをしっかり練習することができます。

テキストなどの表記は英語のみの対応ですが平易で丁寧な文章となっており、難解な表現は使われていません。そのためプログラミングの練習をしながら英語に自然に慣れていけるので、英語を学びたい方にもおすすめです。

料金 無料分あり。課金は100円~
学べるスキル HTML、CSS、Java、AI、VB.net、C、C++、C#、Python、JavaScript、Linux Shell Scripting、R、Swift、SQL、JQuery、Assemblyなど
教材タイプ テキスト、コード入力
対象レベル ★★★

▸ おすすめポイント

• 20を超える言語に対応しており、アプリ学習で人気の言語以外も見つかる。

• 各言語に高速のコンパイラが搭載されており、どこでもコーディング練習ができる。

• 分かりやすい英語が使われていて、さらなる英語力アップにつながる。

Programming Hub: Learn to code

Programming Hub: Learn to code
開発元:Nigel Crasto

▲目次へ戻る

2-13. Sololearn

▸ どんなアプリ?
完全無料ながら、11のプログラミング言語を深く学べるアプリです。テキストを読み、小テストを受け、さらに自分でコードを書いてみるという流れで構成されています。対応している言語の数が多いので、自分の学習状況を一か所でまとめて把握できるという利点もあります。

さらにSololearn(独学)という名前ながらユーザーコミュニティが充実しており、分からないところを質問しあったりと仲間を見つけて学習を進められます。ただし英語のみの対応となっているため、コミュニティへの参加やテキストの理解などには、相応の英語力が必要になります。

料金 無料
学べるスキル C++、Python、HTML、JavaScript、Java、SQL、jQuery、C#、CSS、PHP、Ruby、Swift
教材タイプ テキスト、テスト、コード入力
対象レベル ★★★

▸ おすすめポイント

• 多数のプログラミング言語のテキストと演習が一か所でできて、完全無料。

• コミュニティが充実しているため、共にがんばる仲間ができる。

• 英語に抵抗のない方であれば、さらなる英語力アップにつながる。

※このアプリのプログラミング学習サイトはこちらです

Sololearn: Learn to Code

Sololearn: Learn to Code
開発元:Sololearn Inc

▲目次へ戻る

2-14. アルゴリズム図鑑

▸ どんなアプリ?
アルゴリズム図鑑は、その名の通りプログラミングの基本の考え方である「アルゴリズム」を学ぶことができます。動くテキストでソーティング(順番に並べ替える)や探索(目的のものを探す)などに使われる手順が詳しく解説された後に、実験モードで実際にそのアルゴリズムの動きを試してみることができるアプリです。

プログラミングする以前の基礎である「アルゴリズム」という手順を学ぶことができるので、どんな言語を学ぶ方でもこのアプリの併用がオススメです。

料金 無料。$2.99の買い切り課金で全機能開放
学べるスキル アルゴリズム
教材タイプ テキスト、ゲーム(実験)
対象レベル ★★

▸ おすすめポイント

• めずらしい「アルゴリズム」の、分かりやすい解説に特化したアプリ。

• テキストを読むだけでなく実験できるので、より理解が深まる。

• プログラミングを学ぶ全ての方に、このアプリの併用をオススメしたい。

アルゴリズム図鑑

アルゴリズム図鑑
開発元:Moriteru Ishida

▲目次へ戻る

2-15. Quizlet

▸ どんなアプリ?
プログラミング言語に限らず、何でも登録できる単語帳アプリです。文章だけでなく、画像や音声も入力することができます。単語帳の確認は覚えるときの学習モードだけでなく、テストしたい時の筆記モードやタイムアタックなど、様々な機能が充実しています。

なお自分でオリジナルの単語帳が作れるだけでなく、作成した単語帳は他のユーザーと共有することも可能です。共有されている単語帳にはプログラミング言語に関するものも多数公開されているので、合うものを探してみてはいかがでしょうか。

料金 無料
学べるスキル 登録されたもの、何でも
教材タイプ 単語帳
対象レベル

▸ おすすめポイント

• どんなものでも気軽に登録できる単語帳アプリ。

• 覚えるためだけでなく、テストする機能も充実している。

• 他ユーザーと作った単語帳を共有することができる。

Quizlet クイズレット:語学と語彙を単語カードで学ぶ

Quizlet クイズレット:語学と語彙を単語カードで学ぶ
開発元:Quizlet Inc

▲目次へ戻る

3. 初心者がプログラミングを学ぶならプログラマカレッジへGo!


今回は、スマホやタブレットで遊べるプログラミングアプリをご紹介しましたが、楽しみながら学べそうなアプリは見つけられましたか?

「ゼロからプログラミングを学んでいずれはIT業界へ就職したいけど、今はできるだけ金銭的なリスクを背負いたくない…」

もしあなたがそんなふうに考えているのなら、ぜひ就職支援付きの無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ」で、私たちと一緒にプログラミングを学んでみませんか?

パソコンにはじめて触る高校生や、デスクワーク経験のないフリーターの方でも大丈夫。パソコンに関する基本知識から実務に対応できるITリテラシーまで、まったくの未経験からまるごとマスターできますよ。

実際に通って希望の就職を叶えた卒業生のインタビューでは、

独自の動画教材がありましたので、わからないことがあった時はそれを繰り返しみることができ、その都度理解を深めることができたので、効率的に勉強することができました。
卒業生の声:サクライさん(男性)/卒業生インタビュー|プログラマカレッジ

プログラマカレッジを選んだ理由は、無料で通える点とスケジュールを自身で決められる夜間コースが用意されていた点です。
卒業生の声:山崎さん(女性)/卒業生インタビュー|プログラマカレッジ

就職活動自体人生で初めての経験でしたので、担当のキャリアアドバイザーが手厚いサポートをしてくれました。面接時、どう答えるべきか悩んだ時はLINEで連絡しました。すると、すぐに返信をくれて、「僕だったら、こう答える」という風にヒントになるアドバイスをくれました。
卒業生の声:渡邉さん(女性)/卒業生インタビュー|プログラマカレッジ

という喜びの声が、多数寄せられています。

さらに業界に精通したアドバイザーや経験豊富なプロの講師陣が、未経験からの就職をしっかりとサポート。上京就活生には首都圏の物件を無料で貸し出してくれるので、地元から離れても安心して学習に専念できるのも嬉しいですね。

→ 就職支援付き無料プログラミングスクール「プログラマカレッジ
 
現在は新型コロナウィルス感染予防のため、完全オンラインの運営へ切り替え中。ぜひこの記事を参考にご自分に合った方法で楽しみながらプログラミングを学んでみてくださいね!

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.