ITコラム

column_main41449

スキルアップ

2022.07.01

ゲーム開発に使われるプログラミング言語とは?特徴を詳しく紹介

この記事を書いた人
プログラマカレッジ編集部
プログラマカレッジ編集部

未経験からプログラマーになりたいと考えてる皆さまに、プログラミング言語の基礎知識や、プログラマーとしての転職ノウハウ、転職に役立つ資格、IT業界情報など、お役立ちコラムを配信しています。

「ゲーム開発をしてみたいけど何から始めたらいいの?」「ゲーム開発にはどのプログラミング言語が必要なの?」と悩んでいる方向けに、ゲーム開発でよく使われる7つのプログラミング言語とその特徴を解説します。ゲームエンジンや初心者におすすめのプログラミング言語についても解説しますので、参考にしてください。

最終更新日:2022年7月25日


1. ゲーム開発に使われているプログラミング言語とは

ゲームを作ろうと思ってインターネットで調べてみたのですが、いろいろなプログラミング言語が出てきてどこから手をつければいいのかわかりません。
プログラミング言語にはそれぞれ得意分野があります。その中でゲーム開発に向いている言語も複数ありますが、ゲームを作るためにすべて習得する必要があるというわけではありません。

▲目次へ戻る

1-1. ゲーム開発におすすめのプログラミング言語7選

ゲーム開発では、どのプラットフォーム向けのゲームを作るかやゲームのジャンルなどによって、適切なプログラミング言語が異なります。
まずはゲーム開発におすすめのプログラミング言語を7つと作成できるゲームをご紹介いたします。以下では、それぞれの特徴についてより詳しく解説しますね。
プログラミング言語 作成できるゲームの種類
1 C# スマホアプリ
PC
コンシューマーゲーム
VR
ブラウザゲーム
2 C++ スマホアプリ
PC
コンシューマーゲーム
VR
3 JavaScript スマホアプリ
ブラウザゲーム
4 Swift スマホアプリ
PC
ブラウザゲーム
5 Kotlin スマホアプリ
PC
ブラウザゲーム
6 Java スマホアプリ
PC
ブラウザゲーム
7 Ruby スマホアプリ
ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

 

1-1-1. C#

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ
マイクロソフトが開発したプログラミング言語です。C++やJavaと同じオブジェクト指向の言語で、構文構造もそれらの言語と似ています。習得難易度はやや高めです。

特徴

• Windowsと相性が良い

• Unityと組み合わせて使われることが多い

• Visual Studioで使いやすい

• ライブラリが豊富

• 汎用性が高い

• 実行速度が速い

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ

• PC

• コンシューマーゲーム

• VR

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

 

1-1-2. C++

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ
C言語の機能を拡張して作られたプログラミング言語。高度な処理を実現可能で、自由度の高さが魅力です。習得難易度はやや高めです。

特徴

• C言語と互換性がある

• プログラムの実行速度が速い

• 汎用性が高い

• ハードウェアを意識した開発に適している

 
作成できるゲーム

• PC

• コンシューマーゲーム

• VR

▲目次へ戻る

 

1-1-3. JavaScript

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ
ブラウザ上で動かせるプログラミング言語です。ゲームの作成だけでなく、Webサイト上で動きを表現する、拡張機能の作成などさまざまな用途に使えます。習得難易度は低めで、初心者でも学びやすいプログラミング言語です。

特徴

• 環境構築が不要

• フレームワークが豊富

• OSに依存せず使える

• C言語などに比べて初心者でも簡単に習得できる

• フロントエンド開発だけでなくバックエンド開発にも使える(Node.js使用)

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

 

1-1-4. Swift

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ
Apple社が開発したオープンソースのプログラミング言語です。コードがシンプルに書けるよう工夫されています。そのため比較的難易度は低く、初心者でも学びやすいプログラミング言語です。

特徴

• iOSやmacOS用のアプリ開発に向いている

• Objective-Cで書かれたコードに組み込みできる

• リアルタイムで動作確認可能

• 実行速度が速い

• Objective-Cと比べて不具合が起きにくい

• Objective-Cと比べてメンテナンスしやすい

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ

• PC

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

 

1-1-5. Kotlin

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ
Javaを簡潔・安全に利用できるよう改良が加えられたプログラミング言語です。Androidの開発言語として公式認定されています。学習難易度が低く、コードがシンプルなので初心者でも学びやすい言語です。

特徴

• 比較的新しい言語なので、これまでにあった問題をカバーしている

• 簡潔に記述できるのでプログラミングにかかる時間を短縮できる

• 想定外のバグを減らせる

• Javaで作成したプログラムと相互に呼び出しが可能

• 汎用性が高い

• Androidの公式開発言語であるため、Googleが学習機会などを提供している

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ

• PC

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

 

1-1-6. Java

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ
C言語をベースとして開発されたプログラミング言語です。汎用性の高さが特徴で、ゲームだけでなく家電や金融機関のシステムなどにも使われています。習得難易度がやや高い言語なので、まずは簡単なプログラミング言語を習得してからJavaを学ぶのがおすすめです。

特徴

• プラットフォームを問わず実行可能で幅広く使える

• 実行速度が速い

• セキュリティ性が高い

• ライブラリやAPIが豊富

• 大規模システムの開発に向いている

• 日本語で学習できる環境が豊富

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ

• PC

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

 

1-1-7. Ruby

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ

日本で開発されたプログラミング言語です。Perl、Smalltalk、Eiffel、Ada、Lispをブレンドして作られた言語で、アプリケーションソフトウェアを作るのに向いています。比較的難易度の低い言語なので、初心者にもおすすめです。

特徴

• 幅広い用途で使用可能

• プログラムの実行やデバッグが簡単

• コードの記述量が少ないため読みやすく書きやすい

• 日本語での情報量が多い

• Ruby on railsを利用した開発が可能

• 自由度が高い

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ(RubyMotion使用)

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

2. ゲームプログラミングの種類

ゲームを製作者の意図に沿ってキャラクターやアイテムなどを動作させるために必要なのが、ゲームプログラミングです。上記でも紹介した通り、ゲームプログラミングでは、対象とするプラットフォームによって使用する言語などが異なります。

ゲームプログラミングは、プラットフォームなどによって次の5つに分類できます。

スマホアプリ

PC

コンシューマーゲーム

VR

ブラウザゲーム

それぞれどんなゲームなのか、代表的なゲームの例とともに解説します。

▲目次へ戻る

2-1. スマホアプリ

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ

出典:パズル&ドラゴンズ

スマホアプリとは、アプリをスマートフォンにダウンロードして遊ぶタイプのゲームです。常に持ち歩くデバイスで手軽に遊べるため、多くの人が手に取りやすいのが特徴です。

スマートフォンは大きく分けてAndroidとiPhoneの2種類があり、それぞれのOSに合わせた方法でアプリを作らなければなりません。有名なスマホアプリは企業が作ったものが多いのですが、環境さえ整えれば個人でもスマホアプリを作成し、公開することは可能です。

スマホアプリの代表的な例としては、パズル&ドラゴンズやモンスターストライクなどが挙げられます。

▲目次へ戻る

2-2. PC

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ

出典:モンスターハンターライズ

専用のゲーム機を購入せずに、パソコンにインストールして遊べるタイプのゲームです。スマートフォンよりも大きな画面で、キーボードやマウスなどの入力装置も利用可能なため、より本格的に楽しめるのが特徴です。

インターネット回線なしで遊べるゲームもあれば、ネット回線に接続して他のプレイヤーと交流しながら遊べるゲームもあります。環境を整えれば、個人でも製作可能です。

PCゲームの代表的な例としては、モンスターハンターライズやマインクラフトが挙げられます。

▲目次へ戻る

2-3. コンシューマーゲーム

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ

出典:マリオカート8デラックス

コンシューマーゲームとは、ニンテンドースイッチやプレイステーション5など、専用のゲーム機を使って家庭で楽しめるゲームのことです。ハードはゲーム用に作られているためクオリティの高いゲームが楽しめる点や、操作性の高さが魅力です。

コンシューマーゲームを作成するためには、ライセンスを獲得する必要があります。ライセンスは高額なため、個人でコンシューマーゲームを開発するのは難しいでしょう。

コンシューマーゲームの代表的な例としては、マリオカート8デラックスやドラゴンクエストXIなどが挙げられます。

▲目次へ戻る

2-4. VR

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ

出典:Beat Saber

VRとはバーチャルリアリティの略で、仮想現実のことです。専用のゴーグルをつけてプレイすることで、まるでゲームの中に入ったかのような感覚でプレイできます。

一般的なゲームが画面上で動くのに対して、VRはゴーグルをつけている限りプレイヤーの顔の動きに合わせて、上下左右や後ろなど、どこを向いてもゲームの世界が表示されます。

オンラインで遊べるゲームもあり、これからの発展が期待されている分野です。
VRゲームの代表例としては、Beat SaberやJob Simulatorが挙げられます。

▲目次へ戻る

2-5. ブラウザゲーム

プログラミング言語 ゲーム プログラマカレッジ

出典:ビビッドアーミー

ブラウザゲームとは、Webサイトを閲覧するためのWebブラウザ上で動くゲームのことです。インストール不要で遊べることに加え、OSを問わずほぼ同じように遊べる点も魅力です。

ゲームの操作や表示がシンプルであれば、スマートフォンでもプレイ可能。複雑な操作を組み込むのが難しい分、ゲーム初心者でも遊びやすいのも特徴です。

ブラウザゲームの代表的な例としては、ビビッドアーミーやビクトリーマンなどがあります。

▲目次へ戻る

3. ゲーム開発におすすめのゲームエンジン3選

ゲームエンジンとは、ゲームを開発するために必要なグラフィックやサウンド、コントローラーからの入力などの機能を簡単に使えるように設定された開発環境のことです。ゲームエンジンを利用することで、簡単なゲームならプログラミングができなくても作成できます。

近年のゲーム開発において、ゲームエンジンは欠かせないものとなっています。ゲーム開発をしたいなら、プログラミング言語だけでなくゲームエンジンについても学んでおきましょう。

ここでは、代表的な3つのゲームエンジンを紹介します。

▲目次へ戻る

3-1. Unity(ユニティ)

ユニティ・テクノロジーズ社が提供しているゲームエンジンです。マルチプラットフォームに対応しているので、さまざまなデバイスで遊べるゲームを作れます。

特徴

• プログラミングができなくてもゲームを作成できる

• アセットストアで素材を購入可能

• プレイヤーの分析機能がある

• 無料でも利用できて個人開発に適している

• ゲームだけでなくさまざまなアプリの開発に使える

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ

• PC

• コンシューマーゲーム

• VR

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

3-2. UnrealEngine(アンリアル・エンジン)

Epic Games(エピックゲームズ)が開発した3Dゲームエンジンです。プロ仕様でハイクオリティなゲームを作れる点が魅力です。

特徴

• コンシューマーゲームの作成に多く使われている

• さまざまなプラットフォームに対応可能

• FPSを中心に、幅広いジャンルのゲームを作れる

• 日本語対応されたポータルサイトあり

• ハイクオリティなグラフィックのゲームを作成可能

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ

• PC

• コンシューマーゲーム

• VR

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

3-3. Cocos2d-x(ココス・ツー・ディー・エックス)

2Dゲームの制作に最適化されたオープンソースのゲームエンジンです。クロスプラットフォームに対応していて、複数のプラットフォーム向けのゲームを同時に作成できます。

特徴

• 少ないコードでゲームを作成できる

• 軽くてサクサク動く

• 自分好みの開発環境を用意して使える

• 本格的なゲーム開発が可能

• 自由度が高くゲームエンジンのカスタマイズも可能

 
作成できるゲーム

• スマホアプリ

• PC

• コンシューマーゲーム

• VR

• ブラウザゲーム

▲目次へ戻る

4. ゲーム開発のプログラミング言語はどれを学べばいい?

将来のゲーム制作に活かすには、どの言語を学ぶのがよいですか?
初心者がゲームを作るためには、どの言語を選んだらよいですか?

ゲーム開発のための言語を選ぶときには、次の3つのポイントをおさえておきましょう。

ここでは、それぞれのポイントがなぜ重要なのか詳しく解説します。

▲目次へ戻る

4-1. 自身のキャリアプランに合う言語を選ぶ

ゲーム開発のためのプログラミング言語は、自身のキャリアプランに合うものを選ぶのが重要です。

一言でプログラマーといっても、さまざまなタイプがあります。例えば、ひとつのプログラミング言語だけを徹底して学び、エキスパートとして活躍するプログラマーもいれば、複数の言語を使いこなして仕事の幅を広げるプログラマーもいます。

まずは、自分自身がどんなプログラマーを目指したいか考えてみましょう

また、企業によってゲーム開発に使うプログラミング言語やゲームエンジンは異なります。ゲームの制作会社への就職を狙うのであれば、就職を希望する企業で求められている言語を調べ、学んでおくとよいでしょう。

▲目次へ戻る

4-2. ゲーム業界はトレンドの移り変わりが激しい

ゲーム業界は、トレンドの移り変わりが激しい業界です。上記でゲーム開発に使える言語やゲームエンジンを紹介しましたが、これらがずっと使われ続けるわけではありません

とはいえ、プログラミングの基本はどの言語を選んでも大きく変わることはありません。初心者であれば、基礎からしっかりプログラミングを学んでおくのがおすすめです。

プログラミング学習を始めただけで満足せず、常に業界の動向やトレンドについてキャッチアップできるようにしておきましょう。また、新しい技術やツールが登場したら、積極的に学んで基礎を身につけておく姿勢も重要です。

▲目次へ戻る

4-3. 未経験者は簡単なプログラミング言語から

プログラミング言語によって、習得の難易度は異なります。初心者は、まず簡単なプログラミング言語から学習を始めましょう。難易度の高い言語からチャレンジして、挫折してしまっては元も子もありません。

ゲームを作れるプログラミング言語の中で、初心者におすすめなのは以下の4つです。

• JavaScript

• Swift

• Kotlin

• Ruby

特にJavaScriptは、ゲーム開発だけでなくWebサイトの作成にも使いやすい言語です。ゲームをWebサイトなどで公開する予定があるなら、HTMLやCSSを学んでからJavaScriptを学習するとスムーズに学習を進められるでしょう。

独学に不安を感じるのであれば、プログラミングスクールを利用するのもおすすめです。

弊社が運営するプログラマカレッジでは、完全無料でプログラミングを学習できます。難易度が低く覚えやすい言語から学習を始めるので、未経験者の方でも安心して学習をスタート出来ますよ。ゲームプログラミングに挑戦したい方はぜひお問い合わせくださいね。

▲目次へ戻る

5. まとめ

今回は、ゲーム開発におすすめのプログラミング言語やゲームエンジンについて紹介しました。

ゲーム開発に使う言語は、プラットフォームや企業によって異なります。未経験の方は、まず難易度の低い言語から学習を始めましょう。
ゲーム開発には、ゲームエンジンも欠かせません。それぞれに特色があるので、自分の作りたいゲームに合わせて、ゲームエンジンの使い方も学んでみてください。

この記事を参考に、ゲームプログラミングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▲目次へ戻る

卒業生の声

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.