ITコラム

column_main30901

スキルアップ

2021.05.17

プログラミング副業で得られる収入は?未経験者が稼ぐのは無理?

この記事を書いた人
プログラマカレッジ編集部
プログラマカレッジ編集部

未経験からプログラマになりたいと考えてる皆さまに、プログラミング言語の基礎知識や、プログラマとしての転職ノウハウ、転職に役立つ資格、IT業界情報など、お役立ちコラムを配信しています。

最近は、副業を許可する企業も増えつつあります。未経験者が稼ぐのは無理だと思われがちなプログラミングですが、学習サイトや案件を受注できる手段が増えたことによって、内容によっては初心者でも副業を始めることは可能です。本記事では、未経験者がプログラミング副業で収入アップを狙うためのステップや、副業案件ごとの収入の目安について解説します。

最終更新日:2021年5月17日

目次

1. 未経験からでもプログラミング副業で稼げる?
 1-1. プログラミング副業のメリット
  1-1-1. 売り手市場のため転職・独立がしやすい
  1-1-2. 働き方の自由度が高い
  1-1-3. 本業にも役立つ技術知識が吸収できる
 1-2. 【案件別】プログラミング副業で稼げる月収の目安
  1-2-1. LP制作
  1-2-2. コーポレートサイト制作
  1-2-3. Webアプリケーション開発
 1-3. 実力を身につければプログラミング副業を「始める」のは簡単
  1-3-1. 案件の受注手段が多い
  1-3-2. まずは副業で「10万稼ぐ」ことを目指す
2. プログラミング副業は無理?伸び悩む初心者も多い理由
 2-1. 思うように案件を受注できない
 2-2. 「収入アップ」以外に副業を行う目的が見出せない
 2-3. スキル不足
3. 【基礎編】プログラミング副業を始めるためのプロセス
 3-1. 副業の目的・目標を言語化する
 3-2. 自分のスキル・実績・志向性を言語化する
  3-2-1. 【初心者の場合】プログラミング学習を行う
  3-2-2. 副業案件の受注に適したおすすめプログラミング言語の例
 3-3. 副業向けの開発案件を探す
  3-3-1. クラウドソーシングサイト
  3-3-2. スキルシェアサービス
 3-4. 案件に対して提案を行う
 3-5. 受注
4. 【発展編】プログラミング副業で月10万円以上継続的に稼ぐには?
 4-1. 案件の受注数を増やす
 4-2. 案件の単価を徐々に引き上げる
 4-3. 作業の自動化・効率化を進める
5. まとめ

1. 未経験からでもプログラミング副業で稼げる?


プログラミングスキルがあると、終業後の時間帯や休日に自宅にいながら副業が可能になります。未経験からでもプログラミング副業で稼ぐことは可能なのでしょうか?

実は、プログラミング副業は始めるだけなら簡単にできます。その理由と、プログラミング副業のメリットや稼げる月収の目安についても合わせて解説します。

▲目次へ戻る

1-1. プログラミング副業のメリット

プログラミング副業のメリットとして、売り手市場であることや働き方の自由度が高いこと、本業にも役立つ技術知識が吸収できることなどがあります。それぞれの項目について、詳しく解説します。

▲目次へ戻る

 

1-1-1. 売り手市場のため転職・独立がしやすい

dodaの転職求人倍率レポートによると、IT・通信に関する技術職の転職市場における有効求人倍率は2020年12月時点で5.78です。つまり、求職者1人に対して5件以上の求人があるという売り手市場です。そのため、ITエンジニア(プログラマ)職は安定して転職先が見つかりやすく、独立しても案件が見つかりやすい傾向があります。

同様に副業案件も見つかりやすく、経験が1年未満程度のエンジニアでも内容によっては案件を得やすい環境です。プログラミングで副業を始めたい人にとってはチャレンジしやすい環境だと言えるでしょう。

出典:転職求人倍率レポート(2020年12月)|doda

▲目次へ戻る

 

1-1-2. 働き方の自由度が高い

IT系の企業では、一般的に働き方の自由度が高い傾向です。例えば、正社員でも顧客との交渉に同席する際はスーツが必要ですが、普段は私服通勤が許可されているなど服装に関する規定が緩い企業が多くあります

高度なセキュリティが求められる案件を除けば、開発環境があれば打ち合わせ時など以外は働く場所の自由度も高く、リモートワーク・テレワークに移行しやすいのも特徴です。副業人材やフリーランスの活用も進んでいます。

▲目次へ戻る

 

1-1-3. 本業にも役立つ技術知識が吸収できる

企業によって、採用する言語やフレームワーク、インフラなどが異なります。異なる要件の、さまざまな案件をこなす経験を得ることで本業にも役立つ可能性があります。

特に、本業でもIT業界で仕事をしている人の場合には、副業で技術知識を得てスキルアップすることが本業のキャリアに繋がることもあるでしょう。

▲目次へ戻る

1-2. 【案件別】プログラミング副業で稼げる月収の目安


副業を始める時に、どのくらい稼げるのか気になるという方も多いですよね。ここでは、案件別にプログラミング副業で稼げる月収の目安を紹介します。プログラミングができるとどんな案件を受注できるのかという点も含めて、ぜひご覧ください。

▲目次へ戻る

 

1-2-1. LP制作

LP(ランディングページ)とは、主に集客用に使われる1ページに商品やサービスの情報をまとめたWebページのことです。

LP制作では、デザインがすでにあるページをコーディングする場合は1件につき1万円から5万円。プログラミング学習をする上でHTMLの基本は皆さん学習されていますよね。1枚で完結するLPコーディングであれば、プログラミングスクールや独学での学習後、プログラマとしての実績がなくてもチャレンジしやすい案件です。

実際にクラウドソーシングサイトに掲載されている案件の例としては以下のようなものがあります。

【LPのコーディング作業】

・アニメーションを含むLPのコーディング作業
・レスポンシブ対応
・契約金額:2万円程度

出典:CrowdWorks

上記はコーディングのみの例ですが、コーディング以外にデザイン、SEO対策、バナー作成、などのスキルが求められる案件もあります。

▲目次へ戻る

 

1-2-2. コーポレートサイト制作

コーポレートサイトとは、企業概要やIR情報、サービス内容などが掲載された、会社の顔ともいえるWebサイトです。

コーポレートサイト作成の相場は、コーディングのみの場合10万円から20万円が多く見られます。
実際にクラウドソーシングサイトに掲載されている案件の例としては以下のようなものがあります。

【コーポレートサイトのコーディング作業】

・HTML/CSSによるコーディング
・レスポンシブ対応
・ピクセルパーフェクト、BEM記法、Sass利用、Retina対応画像、ギミック、アニメーション
・契約金額:4万円から6万円程度

出典:CrowdWorks

コーポレートサイトの作成では、LPと異なり複数ページあるWebサイトの構築を行います。LP作成よりも高度なスキルが求められるケースも多くありますが、その分得られる収入も大きくなります。独学やプログラミングスクールでWEBサイトの構築を経験された方ならチャレンジしやすいでしょう。

▲目次へ戻る

 

1-2-3. Webアプリケーション開発

Webアプリケーション開発の場合には、開発の規模などによって金額が大きく異なります。

実際にクラウドソーシングサイトに掲載されている案件の例としては以下のようなものがあります。

【Laravel(PHP)とJavaScriptでのWebアプリ開発】

・会員制のウェビナーサービスを提供できるWebアプリの開発
・Laravelによる開発
・JavascriptとCSSでのUI作成
・Gitでのバージョン管理
・契約金額:20万円から30万円程度

出典:CrowdWorks

Webアプリケーション開発では、1回で大きな金額を稼げる案件もありますが、未経験者の場合は実際に独学やプログラミングスクールでアプリ開発の経験を持ち、ポートフォリオを依頼主に提示できることができる程度の経験値は最低限必要になると考えておいたほうがよいでしょう。

▲目次へ戻る

1-3. 実力を身につければプログラミング副業を「始める」のは簡単

プログラミングは、学習を始める手段と案件を受注する手段、いずれも増加しています。そのため、副業を始めることは簡単です。ただし、収入という対価をいただく以上、納品物に責任が持てるクオリティであることが条件です。ここでは、プログラミング副業を始めるために知っておきたい学習サイトや案件の受注手段をご紹介します。

▲目次へ戻る

 

1-3-1. 案件の受注手段が多い

プログラミングを利用した副業案件を受注する手段としては、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイト、ココナラなどのスキルシェアサービスが比較的気軽に利用できます。

また、SNSなどを介して個人間で案件を受発注するケースや、フリーランス向けに案件の紹介を行うエージェントも増加傾向となっているなど、案件の受注手段が多いことも特徴です。

▲目次へ戻る

 

1-3-2. まずは副業で「10万稼ぐ」ことを目指す

株式会社GVの調査によると、副業の平均月収は4万7455円。さらに、副業者のおよそ8割が月3万円未満の副収入であることもわかっています。

一方で、月10万円以上の副収入がある人の特徴として「インターネットメディア運営(広告収入)」「専門職(資格保有)」「投資・シェアビジネス」など初期費用や時間がかかる職種を5年から10年以上続けているベテランであるということが挙げられます。

つまり、10万円の副収入を得ることができれば統計的には副業人材としてトップクラスの層と言えます。そのため、まずは10万円稼ぐことを目指すのをおすすめいたします。具体的には、5万円のLP制作を月に2本以上請け負ったり、10万円のアプリ制作を行えば目標を達成できます。

出典:【働き方改革・実態調査】副業している1000人に聞いた収入事情と満足度|PR TIMES

▲目次へ戻る

2. プログラミング副業は無理?伸び悩む初心者も多い理由


プログラミング副業を始めても、なかなか稼げるようにならず「無理」と感じてしまう方もいるようです。実はプログラミング副業では、伸び悩む初心者も多くいます。その理由について解説します。

▲目次へ戻る

2-1. 思うように案件を受注できない

副業可という求人自体は増加傾向にあり、徐々に副業人口は増えています。しかし、自分のスキルを活かした副業をしたくても企業のルールで同業他社での副業が禁止されている場合もあります。

また、適切な副業紹介サービスがなく人脈を駆使しないと良い条件の副業が探しにくいのも現状です。

TECH Streetの調査によれば、過去に副業をしていたが現在は本業のみに専念しているという人が24%存在します。

出典:「ITエンジニアの副業実態調査」副業経験率は約40%、副業理由の上位に「収入アップ」の他、本業以外の人脈形成のためという声も。|PR TIMES

良い副業紹介サービスと巡り会えず、クラウドソーシングサイトなどで案件の受注に失敗することや、受注できたとしても発注主との間に良い関係を築けずに疲弊するといったことを繰り返すうちに疲れてしまうケースもあります。

▲目次へ戻る

2-2. 「収入アップ」以外に副業を行う目的が見出せない

TECH Streetの調査では、7割弱の人は収入アップを副業の目的としています。一方で、「自分の能力を試したいから」という人が25%、「本業以外の人脈/コミュニティが欲しいから」という人が16%と、収入以外を目的としている人もいます。

出典:「ITエンジニアの副業実態調査」副業経験率は約40%、副業理由の上位に「収入アップ」の他、本業以外の人脈形成のためという声も。|PR TIMES

収入アップ以外の目的がある場合、副業をしていてきついことがあっても「能力を試すことができている」「本業以外の人脈を作れている」など、自分の目的を達成していると感じられれば副業に対して前向きに取り組めます。

副業の目的が収入アップのみである場合には能力を試す機会や人脈に魅力を感じられないため、挫折しやすい傾向があります。

▲目次へ戻る

2-3. スキル不足

初心者の状態からプログラミングを学習し副業を始めた場合、案件がなかなか受注できないケースもありますし、受注できたとしても初歩的な案件ばかりになりやすいのが現状です。そうした環境ではスキルの幅が広がらず、収入も思うほどには伸びないという状態に陥りやすくなります。

▲目次へ戻る

3. 【基礎編】プログラミング副業を始めるためのプロセス


プログラミング副業をしたいと考えているけれど、何をしたら良いかわからないという方もいらっしゃいますよね。ここでは、プログラミング副業を始めるためのプロセスを解説します。

▲目次へ戻る

3-1. 副業の目的・目標を言語化する

副業を始める前に、まずは副業の目的や目標を言語化しましょう。代表的なものとして「収入アップ」「能力を試したい」「人脈が欲しい」などがありますが、もちろんそれ以外の目標でも構いません。

目的をはっきりさせてから副業を始めることで、「目標が達成できそうか」という観点からも案件を選べるようになります。

▲目次へ戻る

3-2. 自分のスキル・実績・志向性を言語化する

次に、自分のスキルや実績、志向性を言語化します。
「他人と比べてこれならば負けないと言える、自分の強みは何か」「今までの業務経験の中で身につけたスキルはどんなものか」「会社で働く中で磨かれた能力はあるか」などを考えることで、自分のスキルの棚卸しができ、言語化が可能になります。

エンジニアであれば、これまでに手がけたWebサービスのURL、採用言語やフレームワーク、開発時に担当したポジションなどをまとめてポートフォリオを作成します。Qiitaや個人ブログの技術記事をまとめることもアピールに繋がります。

▲目次へ戻る

 

3-2-1. 【初心者の場合】プログラミング学習を行う

初心者であれば、まずはプログラミング学習を始めて技術をしっかりと身につけましょう。最低でも、1つ以上はWebアプリケーションを要件定義から実装まで行い、リリースするところまで経験することが必要です。

アプリの企画を思いつかない場合は模写でも構いません。プログラミングで言う模写とは、既存のサービスと同様のものを、ソースコードを見ずに作り上げていく学習方法です。

模写の対象として有名なのがiSaraです。iSaraが模写に利用される理由として、ボリュームがあり多くの技術が学べることに加えて、条件を守れば模写をポートフォリオに掲載可能だという点が挙げられます。ある程度の知識がついたら、ぜひiSaraの模写に挑戦してみることをおすすめいたします。

出典:iSara

▲目次へ戻る

 

3-2-2. 副業案件の受注に適したおすすめプログラミング言語の例

LP制作は、工数が少なく技術的にもシンプルなものが多いので初心者の方におすすめです。必要な言語はHTML/CSS/JavaScriptなどがあります。

コーポレートサイト制作などを受注していくことを目指すならば、PHPも学習しておきましょう。PHPのシェア率は80%で、全サイトの1/3はWordPressを使用して作成されています。Wordpressに触れたことがなければ、こちらも同時に学習しておくことをおすすめいたします。

出典:PHPシェア80%、全Webの1/3がWordPressの時代に埋もれないためのエンジニアキャリアセミナー|impress

▲目次へ戻る

3-3. 副業向けの開発案件を探す

副業を行う目的や自分のスキルを整理し、プログラミング副業に必要な技術を身につけたら次は実際に副業向けの開発案件を探します。開発案件を探す方法としては、クラウドソーシングサイトやスキルシェアサービス、エージェントなどを利用する方法があります。

それぞれどんなサービスなのか、詳しく解説します。

▲目次へ戻る

 

3-3-1. クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトとして有名なのがクラウドワークスとランサーズです。どちらも仕事をしたい人と仕事を依頼したい人をマッチングするサービスで、仕事を依頼する側が案件の内容と予算を提示します。

出典:クラウドワークス

出典:ランサーズ

▲目次へ戻る

 

3-3-2. スキルシェアサービス

スキルシェアサービスとして有名なのがココナラです。ココナラでは、クラウドソーシングサイトとは逆に、仕事を受注する側ができることと料金を提示します。

出典:ココナラ

▲目次へ戻る

3-4. 案件に対して提案を行う

受注したい案件が見つかったら、案件に対して自分を売り込みます。自分が提供できる価値や、案件を円滑に進めるための方法、さらなる改善提案などを行います。見積りが必要な場合はこの時点で提示します。

人気の案件であれば、依頼者側が複数の提案の中から実際に発注する1つを選びます。そのため、ライバルに負けないような、なおかつ自分にとって不利にならないような提案を行う必要があります。

▲目次へ戻る

3-5. 受注

自分の提案が選ばれ、発注主との間に信頼関係が築ければ発注に至ります。決められた納期までにプロダクトを完成させ、納品しましょう。納品した制作物の質やコミュニケーション次第で、継続的な取引に繋がる可能性もあります。

▲目次へ戻る

4. 【発展編】プログラミング副業で月10万円以上継続的に稼ぐには?


先に、プログラミング副業を始めるならまずは月10万円を達成することで副業人材としてトップクラスになれると書きました。ここでは、1回だけではなく継続的に月10万円以上を稼ぎ続けるためにはどのように行動すれば良いかについて解説します。

▲目次へ戻る

4-1. 案件の受注数を増やす

副業を始めてしばらく経つと、作業に慣れて仕事のスピードが上がります。また、継続的な案件の受注や、クラウドソーシングサイトの使い方に慣れるなどで事務作業の時間が減らせれば、その分をプロダクトを作るための時間として使えます。

上記のような方法で作業を効率化し、受注数を増やすことで月10万円以上を継続的に稼ぎ続けられる可能性があります。例えば、はじめのうちは1件5万円のLP制作案件を月に1~2件受注していたものを、3~4件に増やせれば、単純計算で20万円程度まで収入をアップできます。

▲目次へ戻る

4-2. 案件の単価を徐々に引き上げる

同じような内容でも、単価は案件によって異なります。単価の高い案件は人気が出やすいため受注のハードルが上がりますが、初心者向けの案件で実績を作ったら、より高単価の案件を中心に引き受けるようにすることで副収入を増やせる可能性があります。

また、信頼関係がある企業と継続的な取引に移行した場合には、「よりコミットする代わりに、単価を引き上げてください」などの交渉をしてみるのも良いでしょう。

▲目次へ戻る

4-3. 作業の自動化・効率化を進める

例えばLP制作の場合、積極的にテンプレートを活用することで作業の効率化が可能です。

中規模~大規模な案件であれば、要件定義の段階で「自分が担当する部分」と「外部に再委託するもの」を切り分けることが可能な場合もあります。外部に再委託するものに関しては、作業効率化やコストカットなどのメリットを打ち出してクライアントに提案すれば、自分の担当する作業の割合を少なくできる可能性があります。

▲目次へ戻る

5. まとめ

プログラミング学習サイトや案件の受注手段の増加によって、プログラミング副業は未経験からでも挑戦しやすい環境にあります。副業を考えているのであれば、まずはプログラミング学習を始めてみてはいかがでしょうか。

副業によって収入アップはもちろん、スキルアップや人脈作りも期待できます。新たに副業に挑戦するあなたを応援しています!

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.