ITコラム

PHP 文字列 連結

PHP

2019.04.10

PHP【 文字列 】文字列の連結

PHP では、プラス( + )ではなくドット( . )で文字列を連結します。
今回は PHP で文字列を繋げる方法を紹介します。
 
尚、本サイトでは XAMPP( ザンプ )という開発環境を使用しています。
XAMPP のインストール方法や起動方法については以下の記事をご参照下さい。
PHP【 開発環境 】XAMPP インストール
PHP【 開発環境 】XAMPP の使い方

最終更新日:2019年4月10日

目次

1.文字列演算子
2.文字列の連結
3.テーブルを作成
 

1.文字列演算子

文字列を操作する際に使用する演算子を文字列演算子と言い、PHP では「 . 」と「 .= 」の文字列演算子を使用して文字列を結合します。
 

ドット( . )

「 . 」は、文字列を単純に結合する場合に使用します。

$str = "みなさん"."こんにちは"

上記のサンプルでは、変数 $str に文字列「 みなさんこんにちは 」が格納されています。
 

ドットイコール( .= )

「 .= 」は、文字列を結合した上で代入する場合に使用します。

$str = "みなさん";
$str .= "こんにちは";

上記のサンプルでは、文字列「 みなさん 」が格納されている 変数 $str に、文字列「 こんにちは 」を結合した上で代入しています。
その結果、変数 $str には 文字列「 みなさんこんにちは 」が格納されています。

▲目次へ戻る

 

2.文字列の連結

ドット( . )やドットイコール( .= )を使用して文字列を連結してみます。

下記のようなソースファイルを作成して ブラウザからアクセスすると、次のような表示になります。
( ソースファイルの作成方法についてはソースファイルを作成を、サーバの起動方法等についてはサーバを起動を、それぞれご参照下さい。)

<?php

  echo "みなさん"."こんにちは";

  echo "<br><br>";

  $str1 = "青山";
  $str2 = "さん、こんにちは";
  echo $str1.$str2;

  echo "<br><br>";

  $str3 = "黒木";
  echo $str3.= "さん、こんにちは";

?>

「 echo 」は、データを出力するために使用する PHP の命令です。

「 “みなさん”.”こんにちは” 」のように 文字列同志を直接連結させることも、「 $str1.$str2 」のように 文字列変数を連結させることもできます。

また、「 $str3.= “さん、こんにちは” 」のように 既存の文字列変数に新たな文字列を追加することもできます。

▲目次へ戻る

 

3.テーブルを作成

ドットイコール( .= )を使用すると、作表処理も読み易く記述することができます。

下記のようなソースファイルを作成して ブラウザからアクセスすると、次のような表示になります。
( ソースファイルの作成方法についてはソースファイルを作成を、サーバの起動方法等についてはサーバを起動を、それぞれご参照下さい。)

<?php

  $str = "<table border='1'><tr><td>";
  $str .= "青山";
  $str .= "</td><td>";
  $str .= "aoyama@gomail.com";
  $str .= "</td></tr><tr><td>";
  $str .= "黒木";
  $str .= "</td><td>";
  $str .= "kuroki@sendmail.com";
  $str .= "</td></tr></table>";

  echo $str;

?>

テーブル作成時に使用する <td> 等のタグ類と表示するデータとを連結させていくことで、読み易いソースコードになります。

配列と foreach 文を使用したテーブル作成についてのforeach 文のサンプルもご参照下さい。

▲目次へ戻る

SHARE

ITコラムのおすすめ記事

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.