ITコラム

jquery resize

jQuery

2018.10.10

jQuery【 resize 】画面のリサイズイベント

jQuery の resize メソッドを使うと、画面のサイズが変わった際の処理を実装することができます。
今回は、jQuery の resize メソッドの使用方法について紹介します。

目次

1.resize メソッド
2.画面をリサイズした際の処理
3.ロード時とリサイズ時の処理

1.resize メソッド

 
resize メソッドは、画面のリサイズを行った際にイベントを発生させるメソッドです。

resize メソッドは、引数によって 3 通りの記述方法があります。

$(セレクタ).resize( );

$(セレクタ).resize( handler( eventObject ) );

$(セレクタ).resize( [ eventData ], handler( eventObject ) );

引数なしの「 .resize( ) 」は、「 .trigger(“resize”) 」の省略形です。
(trigger メソッドの使用方法についてはjQuery【 trigger 】手動でイベントを発生させる trigger メソッドをご参照下さい。)

また、「 .resize( handler( eventObject ) ) 」及び「 .resize( [ eventData ], handler( eventObject ) ) 」は、「 on( “resize”, handler ) 」の省略形です。
(on メソッドの使用方法についてはjQuery【 on 】on メソッドの使い方をご参照下さい。)

resize メソッドの引数の内容は、それぞれ以下の通りです。

.resize( handler( eventObject ) )

handler( eventObject )
リサイズ時に実行する処理を関数として指定

.resize( [ eventData ], handler( eventObject ) )

[ eventData ]
イベントハンドラに渡すデータをマップ値で指定

handler( eventObject )
リサイズ時に実行する処理を関数として指定

▲目次へ戻る

 

2.画面をリサイズした際の処理

 
resize メソッドを使用して、画面をリサイズした際の処理を実装します。
このページのウィンドウサイズを色々と変えてみて下さい。

縦(px): 
横(px): 

 
上のサンプルのソースコードは次の通りです。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
<!--
$(function(){
  $(window).resize(function() {
    $("#out1").html($(window).height());
    $("#out2").html($(window).width());
  });
});
//-->
</script>

<div style="background-color:#CCC; padding:20px;">
  縦(px): <span id="out1"></span>
  横(px): <span id="out2"></span>
</div>

「 $(window).height() 」及び「 $(window).width() 」でブラウザの縦幅と横幅のサイズが取得できます。

▲目次へ戻る

 

3.ロード時とリサイズ時の処理

 
リサイズ時と共に 画面を読み込んだ際にもイベントを発生させる場合は、次のようなソースコードになります。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
<!--
$(function(){
  $(window).on("load resize", function() {

    $("#out3").html($(window).height());
    $("#out4").html($(window).width());
  });
});
//-->
</script>

<div style="background-color:#CCC; padding:20px;">
  縦(px): <span id="out3"></span>
  横(px): <span id="out4"></span>
</div>

「 $(window).on(“load resize”, function() {…}); 」のように、load メソッドと resize メソッドの両方を記述すると、リサイズ時と共にページが読み込まれた際のサイズも表示されます。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

DSC_0657

卒業生インタビュー

2019.07.11

【卒業生の声:ヒロタさん】事務職からプログラマーに転身!仕事と夜間スクールを両立し、WEB系自社開発会社へ内定。

受講スクール 夜間プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 EMTG株式会社 夜間プログラマカレッジ卒業生のヒロタさんにお話しをお伺いしました! 目次 新卒で入社した会社で事務を7年 専門性があって、も […]

続きを見る

img_top_001

卒業生インタビュー

2019.07.02

【卒業生の声:直江さん】1年間のプログラミング独学後、沖縄から上京し、更にプログラマカレッジで学習。希望していた会社に内定。

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 株式会社アイティートゥモロー プログラマカレッジ卒業生の直江さんにお話しをお伺いしました! 目次 手を動かす仕事に就くという強い決意を持ち、会社を […]

続きを見る

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.