ITコラム

jquery ui progressbar

jQuery

2018.06.21

jQuery【 jQuery UI 】progressbar を使用してプログレスバーを作成

jQuery UI の progressbar を利用すると、ダウンロード時やファイル転送時などに 作業の進捗状況を表すような プログレスバー を作成することができます。
今回は、progressbar の使用方法について紹介します。

目次

1.progressbar を使用してプログレスバーを作成
2.progressbar のオプション
3.progressbar のイベント
4.progressbar のメソッド

1.progressbar を使用してプログレスバーを作成

 
jQuery UI の progressbar を使用して プログレスバーを作成します。
スタートボタンをクリックしてみて下さい。

 
上のサンプルのソースコードは次の通りです。

<script type="text/javascript" src="https://code.jquery.com/ui/1.12.0/jquery-ui.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="http://code.jquery.com/ui/1.12.1/themes/base/jquery-ui.css">

<script type="text/javascript">
<!--
$(function(){

$("#wkBtn").click(function(){

  $("#wkPg").progressbar({
    value: 0,
    change: function() {
      $("#wkText").text($("#wkPg").progressbar("value") + "%");
    },
    complete: function() {
      $("#wkText").text($("#wkPg").progressbar("value") + "% 完了");
    }
  });

  var id = setInterval(function() {
    var val = $("#wkPg").progressbar("value");
    $("#wkPg").progressbar("value", ++val);
    if (val >= 100) {clearInterval(id)}
  }, 10);

});

});
//-->
</script>

<div style="background-color:lightblue; padding:20px 20px 10px;">
  <input type="button" id="wkBtn" value="スタート">
  <div id="wkPg"></div>
  <div id="wkText" style="bottom:10px;"></div>
</div>

HTML 要素を指定して progressbar を呼び出し、中に表示したい内容を記述します。

change イベントは、プログレスバーの値が変更された時に発生するイベントで、complete イベントは、プログレスバーの値が最大値に達した時に発生するイベントです。

そして、setInterval メソッドで、10ミリ秒おきにプログレスバーの値を更新しています。

jQuery UI の導入についてはjQuery【 jQuery UI 】UI の導入と使用方法をご参照下さい。

▲目次へ戻る

 

2.progressbar のオプション

 
上のサンプルでは オプション「 value 」を設定していますが、progressbar には、以下のようなオプションがあります。

disabled プログレスバーを無効化するか否かを指定
初期値:false
max プログレスバーの最大値を指定
初期値:0
value プログレスバーの値を指定
初期値:0

▲目次へ戻る

 

3.progressbar のイベント

 
上のサンプルでは イベントの「 change 」「 complete 」を使用していますが、progressbar には、以下のようなイベントがあります。

change( event, ui ) プログレスバーの値が変更された時に実行する
complete( event, ui ) プログレスバーの値が最大値に達した時に実行する
create( event, ui ) プログレスバーが生成された時に実行する

▲目次へ戻る

 

4.progressbar のメソッド

 
progressbar には、以下のようなメソッドがあります。

destroy() プログレスバーの機能を完全に削除
「 $(“#wkPg”).progressbar(“destroy”); 」と記述
disable() プログレスバーを無効化
enable() プログレスバーを有効化
option(optionName) optionNameに指定したオプションの現在の値を取得
option() オプションの各キーと値がペアとなったオブジェクトを返す
option(optionName, value) 引数のoptionNameに指定したオプションに値を設定
option(options) 各キーと値がペアとなったオブジェクトをオプションに指定
value() プログレスバーの現在の値を取得
value(value) プログレスバーの現在の値を指定
widget() プログレスバーを含めたjQueryオブジェクトを返す

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

DSC_0657

卒業生インタビュー

2019.07.11

【卒業生の声:ヒロタさん】事務職からプログラマーに転身!仕事と夜間スクールを両立し、WEB系自社開発会社へ内定。

受講スクール 夜間プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 EMTG株式会社 夜間プログラマカレッジ卒業生のヒロタさんにお話しをお伺いしました! 目次 新卒で入社した会社で事務を7年 専門性があって、も […]

続きを見る

img_top_001

卒業生インタビュー

2019.07.02

【卒業生の声:直江さん】1年間のプログラミング独学後、沖縄から上京し、更にプログラマカレッジで学習。希望していた会社に内定。

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 株式会社アイティートゥモロー プログラマカレッジ卒業生の直江さんにお話しをお伺いしました! 目次 手を動かす仕事に就くという強い決意を持ち、会社を […]

続きを見る

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.