インタビュー

11

卒業生インタビュー

2022.04.06

【卒業生の声:山本さん】大学4年生。既にいただいていた内定を蹴って、憧れのIT業界への就活にチャレンジ。一からプログラミングを学び、テクノロジーコンサルティング企業への就職を決めました

受講スクール プログラマカレッジ
受講期間 夜間コース
料金 無料
就職先 株式会社デリバリーコンサルティング

プログラマカレッジ卒業生の山本さんにお話しをお伺いしました!

目次

一度は別業界で就活したものの、プログラミングへの憧れを捨てきれず、一念発起。プログラマカレッジで一から勉強し、就活し直すことを決意しました

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

【Q】既に内定をいただきながらも、再度エンジニアとしての就職活動にチャレンジされたとお聞きしました。プログラミングに興味を持ち始めたきっかけは何だったのでしょう?

実は就職活動を始める前から、プログラミングには興味があったんです。アメリカへ留学していた頃に出会った仲間たちがプログラミングを勉強していて、彼らと話しているうちに、プログラミングって楽しそうだなって。いつしか学んでみたいと思うようになり、気がつけば本を買って独学するようになっていました。

【Q】就活当初はプログラミングに関わる仕事は考えていなかったのですか?

就職活動スタート時は、専攻していた国際教養学で学んだ英語力を活かしつつも、ものづくりに関われる仕事をしてみたいと、ハウスメーカーへの就職を志望していたんです。ありがたくプランニング職で内定をいただいたのですが、プログラミングに対する想いも捨てきれなくて。IT業界でも英語を活かせる仕事はあるし、スクールでプログラミングを学んで、再度就活にチャレンジしてみようと思ったんです。

【Q】思い切った決断をされたのですね。一からプログラミングを学び、就活をリスタートされることに不安は感じませんでしたか?

もちろん不安はありました。今から勉強を始めて、本当に就職できるのかな…と。でも、「チャレンジしてみたい」という気持ちが勝ったんですよね。それにプログラマカレッジなら、プログラミングを教えていただけるだけでなく、就職活動も支援してくださると聞いていたので、きっと大丈夫じゃないかなって思えたんです。

【Q】山本さんのプログラミングに対する想いを後押しできてうれしいです

独学でも勉強してはいましたが、やはりスクールでの勉強は格別に楽しかったですね。まだ大学在学中であったので夜間コースを選択し、空き時間を見つけては勉強に励みました。

▲目次へ戻る

とにかく楽しかったプログラミング学習。講師のみなさんのサポートのもと、順調に勉強を進めていきました

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

【Q】通常昼間コースの受講生が2ヶ月かけて学ぶ内容を、山本さんは1ヶ月ほどで勉強されていて、そのスピードにとても驚きました

ありがとうございます。とにかくプログラミングの勉強がすごく楽しくて、どんどん勉強したい、楽しいという一心でやっていたんです(笑)

もちろん難易度が上がるにつれ、復習しないと先に進めないことも出てきたので、後半は時間をかけてじっくり勉強するようになりました。最初の頃に覚えたことを忘れていたりもしたので、ちゃんと身につくように勉強することを心がけましたね。

【Q】学業と両立させながらのスケジュール管理は大変ではなかったですか?

講師の方々に定期的に進捗報告をする機会が設けられていたこともあり、中だるみすることなく勉強できたんじゃないかなと思います。ちょっとペースが落ちている時は、「大丈夫ですか?困っていることありませんか?」と講師の方から声をかけてくださりました。夜間コースは自分である程度勉強のスケジュールを組んでいかなくてはならないので、見守ってくださる存在がいたのは非常にありがたかったです。日々の課題に個人開発、どれも講師のみなさんのサポートがあったから最後まで学び通すことができました。本当に感謝しています。

▲目次へ戻る

プログラマ職としての就活。キャリアアドバイザーの方に就いてみたい仕事や将来の目標などを洗いざらい話し、進むべき道を決めました

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

【Q】既に就職活動は一通りされていたとは思うのですが、IT業界を受けるに当たって、改めて取り組んだ対策などはありましたか?

まず始めにキャリアアドバイザーの池田さんとの面談をおこないました。私の今までの経歴、就いてみたい仕事、将来何がやりたいのか。とにかくいろんなことを洗いざらいお話ししたんです。池田さんにお話しすることで、自分自身のことを客観的に考えられるようになって、すごくいい機会でした。話し終わる頃には自分が何をやりたいのか考えがまとまり、スッキリしたというか。また、全てをお話ししたことで池田さんへの信頼感も高まり、池田さんと一緒なら就職活動を最後まで頑張れると強く思うようになりました。活動中はzoomで面接練習をしていただくなど、細やかなサポートをしていただきましたね。

【Q】二度目の内定先はどのような企業なのでしょう

内定をいただいた株式会社デリバリーコンサルティングは、テクノロジーコンサルティングを提供しているIT企業です。プログラミングはもちろん、以前から興味のあったコンサル的な仕事にも携わることができると知り、就職を決めました。ベトナムやタイにも拠点があるので、将来的には大学で学んだ語学も活かして会社に貢献できたらと思っています。

【Q】これからプログラミングを学ぼうと思っているみなさんにメッセージをお願いします

私は「どんなに忙しくても毎日勉強する」と決め事を設け、自分を鼓舞しながら勉強を進めました。日々の努力がプログラミング学習には大切だと思うので、みなさんもぜひ自分なりの目標を定め、頑張ってみてください。

また、学んだことを自分の言葉で言語化できるまで理解を深めておくことも大切です。IT業界の就職活動は面接時にいろんな知識を問われます。しっかりプログラミングを自分のものにできるまで勉強することをおすすめします。応援しています、頑張ってください!

▲目次へ戻る

今回の担当者は…

卒業生 インタビュー プログラマカレッジ

キャリアアドバイザー 池田 慶太

本人が「”長期的” に納得のいく転職活動」ができるように全力でサポートします!
人生の大きな決断である就活は、心配・不安なことも多いと思いますが、万全の体制で面接に臨めるよう、しっかり対策を行いますのでお任せ下さい。
内定後に「本当に行きたいと思える企業に出会えた」「急かされず、気持ちに寄り添ってくれたので安心した」という言葉をかけて貰えると嬉しいですね。

 

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.