インタビュー

DSC_0014

卒業生インタビュー

2018.03.05

【プログラマカレッジ(インターノウス)体験談】評判・口コミを検証! 〜卒業生・サカイさんの声〜

受講スクール プログラマカレッジ
受講期間 2ヶ月間
料金 無料
就職先 株式会社TJMデザイン

プログラマカレッジ卒業生のサカイさん(26歳)にお話しをお伺いしました!

目次

生命保険会社で就業中、”もっと業務を効率化させたい”という思いからITに興味を持つ

【Q】プログラマーを目指す前のご経歴を教えていただけますか?

大学を卒業した後に、生命保険会社に入社し営業サポートの仕事をしていました。

例えば、会社にある様々なデータにアクセスし、必要な情報をCSVで出力しExcelでグラフなどに加工し営業所にいるセールスレディや営業所長に定時するという仕事でした。元々、Excelは経験がなかったので入社後に本買って独学で覚えました。

この他にもセールスレディの皆さんのモチベーションを上げる為にインセンティブ旅行を企画したりもしました。

▲目次へ戻る

【Q】何故、プログラマーを目指そうと思ったのですか?

入社後、半年頃から、漠然とではありますがこの職場は自分にとって何かが違うと感じていました。

例えば、いまだにFAXを使っていたり、システムを導入すれば効率よくできることを非効率なExcelで行っていたり、また情報共有の仕方も今の時代と逆行するやり方を推奨していたりしました。

次第に、自分がプログラミングを出来たらもっと効率的な職場に出来るのではないかと思うようになりました。
そこからプログラミングの初心者本やドットインストールなどで勉強始めました。元々、学生時代から音楽制作をしていたこともあり、モノ作りで価値を提供するということにも興味があったんですよね。

何らかのスキルを活用して何かを作るほうが、価値としてわかりやすいかなと・・・

▲目次へ戻る

【Q】なるほど・・・音楽制作とはどんなモノを作っていたのですか?

5歳から高校2年生までピアノをやっており、高校ではバンド活動をしていました。高校の頃はフリーソフトで音楽制作をしており、大学ではバンド演奏する時に自分達の曲を制作したり、先輩が卒業する時に作曲をしてプレゼントしたりもしました。

▲目次へ戻る

ECサイトの写経やチーム制作で理解を深めていった

【Q】プログラマカレッジは如何でしたでしょうか?

ドットインストールは初心者にはよかったのですが、実際に業務のイメージが沸きませんでした。

その点、プログラマカレッジだとチーム制作が出来るのが魅力でした。また、チーム制作に入る前は各プログラミング言語の基礎や、ECサイトの写経をやることで理解度を高める事が出来ました。

僕の場合は、何回も写経するのではなく2回程写経をしたら、多少理解をしてなくとも自分でコードを書いてみるという勉強方法を取っていました。また、わからないことがあっても本やネットで調べて自己解決をする。それでも、わからなければ最後は講師に聞いていました。

もちろん、聞く事も大事だと思いますが、それよりも自己解決能力を高めるのが後々の自分の力になるのではないかと思います。最初は大変でしたが、徐々に自己解決できるスピードも上がったと思います。

▲目次へ戻る

自社開発会社からはなかなか内定が獲得できず… でも最後には「ここだと!」と思える会社に出会えた

【Q】就職活動は如何でしたでしょうか?

厳しい就職活動ではありませんでしたが、余裕と言えるほどのモノでもなかったです(笑)

やはり自社開発の会社に行きたかったので内定を貰うというよりも、行きたい会社に行けるように頑張っていました。SIerさんからは、合計で4社内定を頂きましたが、自社開発の会社はなかなか上手く行きませんでした。内定を頂いたSIerさんの中から条件が良い会社を選ぼうと思っていた矢先に、工具の大手のTAJIMA(株式会社TJMデザイン)さんの社内SEのお話を頂きました。

TJMデザインさんの部長さんとお話をした時に「求めているモノが来た!」と思いました。社内SEという仕事は、顧客が社内の別部門にいるので、自由度が高い会社だと思いました。前職の営業サポートの経験も活かせるポジションであり、さらに前職よりも高い年収450万円程度で提示を頂く事ができたので、こちらにお世話になろうと思いました。

【Q】就職活動で大変だったことはありますか?

最初の面接のほうで「生命保険から何故エンジニアに??」みたいに突っ込まれた時ですね。

単純に、ITの力で誰かの役に立ちたいと思ってプログラマーを目指していましたが、いろいろと細かく突っ込まれると自信を持って答える事ができませんでした。ただ、これがきっかけで自分を見つめ直すきっかけになりました。

あとは、Javaのテストや二進数や基本情報技術者に関する採用試験があり、答えられなかったです。SPIも対策を怠っていたので答えられないこともありました。もう少し対策をしておけば良かったかもしれません。

基本を大事に!! そうすれば、他の言語も理解できるようになる

【Q】これからエンジニアを目指している方に、アドバイスをお願いします!

まず、基本を大事にしましょう。僕の場合は基本を抑えていたからこそ上手く行ったのではないかと思います。例えば、チームの制作でも、Javaのオブジェクト指向の基本を理解出来ていない方は、苦労しているようでした。しっかりとJavaの基本を押さえて居れば、他の言語も理解できるはずだと思います。後は、「習うよりも慣れろ」ですね。

▲目次へ戻る

最新記事

IMG_004

卒業生インタビュー

2019.08.20

【卒業生の声:渡邉さん】宮城の大学とプログラマカレッジへ通学を両立!限られた時間を有効活用し、希望するWEB系の会社へ内定。

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 某WEB系会社 プログラマカレッジ卒業生の渡邉さんにお話しをお伺いしました! 目次 新卒採用の切符を捨て、アイデアを形にできる仕事を目指す 質問が […]

続きを見る

DSC_3661

卒業生インタビュー

2019.08.16

【卒業生の声:前田さん】大学中退の未経験エンジニアが4社から内定獲得!初めての就活を成功させた秘訣とは?

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 株式会社リヴァンプ プログラマカレッジ卒業生のマエダさん(23歳)にお話しをお伺いしました! 目次 勉強に興味が持てなくて大学中退 就職できるか不 […]

続きを見る

DSC_0077

卒業生インタビュー

2019.08.08

【卒業生の声:オチアイさん】高校教師からプログラマーへ転身!最初の2ヶ月は理解に苦しむ日々。楽しめるまでに至った秘訣とは?

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 プライムソリューションズ株式会社 プログラマカレッジ卒業生のオチアイさんにお話しをお伺いしました! 目次 大学院卒業後は高校教師に そこから思い切 […]

続きを見る

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.