ITコラム

PHP 多次元 配列

初心者向け技術

2019.02.14

PHP【 多次元配列 】配列の中に配列

配列自体が要素となっている配列を多次元配列といいます。
今回は PHP の多次元配列の使用方法を紹介します。

配列については以下の記事もご参照下さい。
PHP【 配列 】複数の値を保持するデータ構造
PHP【 配列 】配列にデータを追加
PHP【 配列 】配列からデータを削除
PHP【 配列 】count で要素数を取得
PHP【 配列 】配列のソート
PHP【 連想配列 】キーでデータを特定

尚、本サイトでは XAMPP( ザンプ )という開発環境を使用しています。
XAMPP のインストール方法や起動方法については以下の記事をご参照下さい。
PHP【 開発環境 】XAMPP インストール
PHP【 開発環境 】XAMPP の使い方

最終更新日:2019年2月19日

目次

1.多次元配列とは
2.多次元配列のサンプル
 

1.多次元配列とは

 
配列は 1 つの変数や定数の中に複数の要素を保持しますが、要素として配列を保持することもできます。

通常の配列が要素となっている配列を 2 次元配列といいます。
そして 2 次元配列が要素となっている配列は 3 次元配列となります。
このように、要素として配列を保持している配列を多次元配列といいます。

多次元配列は、次のように記述して作成します。

//配列変数を配列に代入して多次元配列作成

$kana_a = array("あ", "い", "う", "え", "お");
$kana_k = array("か", "き", "く", "け", "こ");

$kana = array($kana_a, $kana_k);

echo $kana[0][3].$kana[1][1];
//データを直接代入する形で多次元配列作成

$kana = array(
  array("あ", "い", "う", "え", "お"),
  array("か", "き", "く", "け", "こ")
);

echo $kana[0][3].$kana[1][1];

$kana[0][3] で「 え 」、$kana[1][1] で「 き 」がそれぞれ抽出され ドット( . )で連結されているので、上記を実行すると「 えき 」が出力されます。

上記は 2 次元配列ですが、2 次元配列を要素とすると 3 次元配列となり、3 次元配列を要素とすると 4 次元配列となります。

3 次元配列でデータを特定する場合は $kana[0][0][0] のように 指定するインデックス番号が 3 つになり、4 次元配列では 4 つになります。

連想配列でも同様に多次元配列を作成することができます。
(連想配列についてはPHP【 連想配列 】キーでデータを特定をご参照下さい。)

▲目次へ戻る

 

2.多次元配列のサンプル

 
多次元配列を作成して データを出力させてみます。

下記のようなソースファイルを作成して ブラウザからアクセスすると、次のような表示になります。
( ソースファイルの作成方法についてはソースファイルを作成を、サーバの起動方法等についてはサーバを起動を、それぞれご参照下さい。)

<pre>
<?php

  $weather = array(
    array("晴れ", "曇り", "雨", "雪"),
    array("のち", "時々", "一時")
  );

  echo $weather[0][1].$weather[1][1].$weather[0][2];

  echo "<br><br>";

  print_r($weather);

?>
</pre>

$weather[0][1] で抽出される「 曇り 」と $weather[1][1] で抽出される「 時々 」、$weather[0][2] で抽出される「 雨 」がドット( . )で結合されて、テキスト「 曇り時々雨 」が出力されます。

また、配列変数 $weather の中身を出力すると 上のように表示されます。

print_r 関数や <pre> ~ </pre> についてはprint_r で出力をご参照下さい。

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.