ITコラム

Column_main18165

プログラマハック

2019.08.15

大卒フリーターの就職は早いほうがいい!就職するためのポイントとは?

今回は、大卒フリーターの方が早めに就職するための、ポイントについてご紹介します。
近年、様々な理由で、大卒後フリーターになる人は少なくありません。「なんとなく、やりたい仕事がある」、「そろそろ就職したい」、「そろそろフリーターはやばいかな」と感じている方は、この機会に、自信をもって就職活動をはじめてみませんか?

最終更新日:2019年8月15日

目次

1.大卒フリーターとは
1-1.大卒フリーターとなる理由
1-2.大卒フリーターのメリット・デメリット
1-3.大卒フリーターの人口・割合
1-4.大卒フリーターの就職希望率・就職率
2.大卒フリーターが就職する際に大切なこと
2-1.就職は1日でも早いほうがいい!
2-2.会社選び・職種選びが重要!
2-3.就職エージェントを活用しよう!
3.まとめ

1.大卒フリーターとは

大卒フリーターとは、大学卒業後、様々な理由で、正社員とならず、働いている社会人のことです。

上記のグラフは、平成29年度の「大卒の正規雇用と非正規雇用の割合」となります。
大学卒業者の占める就職者の割合は76.1%、このうち、非正規雇用は72.9%となっています。
つまり、大学卒業後、正社員で就業している人はわずか、3.2%ということになります。
ここで、大卒フリーターの実情についてご紹介します。

1-1.大卒フリーターとなる理由

前述しましたが、大学卒業後、約7割の人が非正規雇用であることがわかります。
では、大学を卒業した後に、フリーターになった理由とはどういったものがあるのでしょうか?
大卒フリーターになる原因として、大きく4つの理由があると考えられます。

【大卒フリーターとなる理由】

①:就活せずに、フリーター
②:就活するも、内定が決まらず、フリーター
③:一度は、就職するも職場や仕事になじめず、フリーター
④:弁護士など資格試験や夢を目指して、フリーター

上記の、④以外の大卒フリーターは、自分が希望してフリーターとなったわけではありません。
では、フリーターには、どういったメリット・デメリットがあるのででしょうか?

1-2.大卒フリーターのメリット・デメリット

【フリーターのメリット】

1:時間の融通が利く、休みが自由にとれる
2:仕事を変えやすい
3:仕事が変わっても収入が変わりにくい
4:ダブルワークをするなど自由な働き方ができる

【フリーターのデメリット】

1:フリーター期間が長くなるほど、正社員になりにくい
2:正社員と比較して、生涯賃金が違う
3:給料が上がりにくい、ボーナスがない
4:収入が安定しない
5:突如クビになりやすい
6:保険やローン、クレジットカードが作りにくい
7:老後に年金がもらえない


上記は、フリーターの期間別の、就職率になります。フリーター期間が長くなるほど、就職が難しくなることがわかります。もちろん、フリーターでいることに、様々なメリットがあります。
しかし、希望してフリーターになったわけではない場合は、早めに就職活動をすることを、検討してみるものいいかもしれません。
では、前述したような理由で、大卒フリーターとなった人は、どれくらいいるのでしょうか?

1-3.大卒フリーターの人口・割合


上記のグラフは、平成24年度の男女別の大卒フリーターの人口となります。大卒フリーターの人口は、全体で、37.3万人、男性は20.4万人、女性は16.9万人となっています。
これは、全体の大学卒業者数の、約67%にあたります。

上記のグラフは、平成24年度の男女別の大卒フリーターの割合となります。
大卒フリーターは、全体で、15.4%となり、男性が、5.8%、女性が9.6%となります。
つまり、男性は17人に1人が、女性は10人に1人が大卒フリーターということになります。
ご覧のように、大卒フリーターは少なくありません。
では、大卒フリーターは、就職を希望すれば、希望の仕事に就くことができるのでしょうか?

1-4.大卒フリーターの就職希望率・就職率


上記のグラフは、学歴別のフリーターの転職希望率と就職率となります。

就職希望率
就職率
高卒
短大卒
大卒
高卒
短大卒
大卒
男性
37.9%
38.6%
43.0%
23.5%
20.5%
31.5%
女性
25.1%
25.7%
32.3%
8.7%
10.6%
15.1%

男女別/学歴別の就職率をみると、大卒フリーターが圧倒的に優遇されていることがわかります。
例えば、大卒フリーターの男性は、就職を希望すれば、約10人中7人が就職できるということになります。

では、大卒フリーターが就職しようと思ったとき、どういったことが重要となるのでしょうか?
次章では、大卒フリーターが就職を成功させるためのポイントについてご紹介します。

【参考サイト】

文部科学省/平成29年度学校基本調査(確定値)の公表:http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2018/02/05/1388639_1.pdf
総務省統計局/「平成24年就業構造基本調査」:https://www.stat.go.jp/data/shugyou/2012/index.html
第二の就活/フリーターの就職率:https://daini2.co.jp/freeter/article-2763-author-uzuz29/#i-5

▲目次へ戻る

2.大卒フリーターが就職する際に大切なこと

前章では、大卒フリーターになる理由、フリーターのメリット・デメリット、フリーターの就職希望率や実際の就職率など紹介しました。
では、大卒フリーターが実際に、就職活動する際にの重要となることはどういったことでしょうか?

【大卒フリーターの就活における重要ポイント】

1:就職は1日でも早いほうがいい
2:就職する際の、企業選び・職種選びが重要
3:自分の適性に合った求人にエントリーする

2-1.就職は1日でも早いほうがいい!



上記は、フリーターの年齢別の就職率になります。20代のうちは就職率が、20%前後であるのに対して、30歳を境に13.0%と就職率は激減します。また、前章で紹介した「フリーターの期間別就職率」をみても、フリーターを3年以上続けると、就職率は50%以下となります。
大学卒業後、希望してフリーターとなった方以外は、1日も早い就職活動が成功のカギとなります。

2-2.会社選び・職種選びが重要!

【今後、成長が期待される業界】

1:IT業界
2:インターネット広告業界
3:モバイル業界
4:駐車場業界
5:医療・介護業界
6:人材派遣業界
7:観光業界
8:エンタメ業界

【今後、成長が期待される業種】

1:ITエンジニア
2:データサイエンティスト
3:看護師・介護士

上記は、「今後、成長が期待される業界」、「今後、成長が期待される業種」となります。
せっかく、就活して内定をもらっても、会社の業績不振で減給になったり、最悪の事態として、早期退職を余儀なくされた場合は、努力が無駄となってしまいます。
業界自体が成長している場合、新しい人材の確保が必須となります。そのため、若手でも年齢のわりに、早く高度なスキルをみにつけることのできる可能性が多くあります。
また、成長している会社、成長業種の最大のメリットとして、成功体験を積みやすい傾向にあるということがいえます。成長している会社は景気が良いため、当然のように、企業のサービス・プロダクト(商品をどのようにして提供するか?)の需要が高く、売り上げをあげることが比較的容易となります。

是非、就活する際は、今後の成長業界、成長業種を自分で、吟味・選定して応募してみてください。

大卒フリーターが就活する際に、未経験でチャレンジしやすい仕事については、下記の記事も参照ください。
大卒フリーターから正社員へ!チャレンジしやすい仕事と種類

2-3.就職エージェントを活用しよう!

就活する際に、まず初めに取り組むべきことに「自己分析」があるといわれています。
「自己分析」とは、簡単にいうと、過去を振り返り、自分がどういう人間なのか?を知り、客観的に、それを言葉や文字で表現することです。
「自己分析」することで、自分の長所、やりたいことのイメージが湧きやすくなり、自分の適職がイメージしやすくなるからです。しかし、自己分析=自分を客観的に理解することは、案外難しいことです。
そんな時、適職診断をしてくれる、フリーターに特化した就職エージェントを利用すると、就活がスムーズにいきます。
では、フリーターに特化した、就職エージェントとはどういった特徴があるのでしょうか?

【フリーター特化型就職エージェントの特徴】

・若年者・未経験者に特化した転職エージェントである。
・掲載求人が、フリーターでも応募可能案件である。
・面接対策・書類添削、面接のスケジュール調整などサポートを全て無料で受けられる。

◎充実 〇普通 △不十分
就職エージェント
求人サイト
内定までのサポート
手軽さ
求人数
就職成功率

上記は、就職活動する際に、転職エージェントとWeb上の求人サイトを利用した際の比較表となります。
転職エージェントは、登録までに手間がかかります。また求人数は、求人サイトに比べ劣ります。
しかし、登録~内定までの、サポート体制、就職成功率は、求人サイトよりすぐれているといえます。
自分がやりたいことがイメージが湧かない、早く就職したい!といった場合は、転職エージェントを、是非、活用してみてください。

【参考サイト】

第二の就活/フリーターの就職率:https://daini2.co.jp/freeter/article-2763-author-uzuz29/#i-5

▲目次へ戻る

3.まとめ

皆さん、最近「働き方改革」という言葉を、よく耳にしないでしょうか?
2019年4月より、政府の政策である「働き方改革法案」が適用・開始されました。

”働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。
多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。”

上記は、首相官邸HPの「働き方改革の目的」を、引用したものとなります。
働き方改革の目的を簡単にいうと、少子高齢化により、今後、減少する人口に伴って、労働力が減少することが見込まれます。そのため、政策の一つとして、「労働生産力の向上」を掲げています。「労働生産力の向上」のために、多様な働き方を可能とするというものです。

では、「多様な働き方」の実現のため、企業はどういった取り組みをしているのでしょうか?
下記は、求人情報メディア・人材紹介サービス等の運営を行っている企業、エン・ジャパン(株)が2017/3/22~4/25までの約1か月間、企業の人事(回答者数:417人)へ行った「働き方改革」についてのアンケート結果となります。

民間企業の60%が、自社の「働き方改革」を推進していることがわかります。
では、具体的に、民間企業はどういった取り組みをしているのでしょうか?

具体的な取り組みとして、上位に挙がったのは、「長時間労働の是正」、「女性の登用・活用」といったものなどになります。

上記は、第二新卒、既卒として就職活動中の20代を対象に、「働き方改革でよく耳にする制度のうち『効果があると思う制度』」についてのアンケート結果となります。
一番多かったのは、「在宅勤務」、次いで「産休・育休制度」となっています。

今後、「働き方改革」の最大の目的である「労働生産力の向上」のため、在宅勤務や、フレックス制度の導入、副業・兼業制度の導入など、働き方は多様化していくことでしょう。

今回は、大卒フリーターが、早く就職するためのポイントについて、紹介しました。
フリーターでいることで、様々な職種、様々な人とコミュニケーションすることができ、楽しいことも沢山あります。また、アルバイトを掛け持ちするなど、自分の頑張り次第で、収入を上げることも可能です。
しかし、「働き方改革」の施行により、今後、フリーターのメリットである、時間のとらわれない、柔軟な働き方が正社員でも可能となってくるのではないでしょうか?
社会人にとって、働く時間は1日の大半を占めます。働くことは、楽しいことばかりではありません。しかし、「やりたいこと、すきなこと」を仕事にする、「プライベートの時間は、趣味や、好きなことに費やす」という、オンオフの切り替えがうまくできれば、人生は楽しいものになっていくのではないでしょうか?
是非、この機会に、新しい人生の第一歩を踏み出してみませんか?

【参考サイト】

首相官邸/働き方改革の実現:https://ferret-plus.com/9048
en人事のミカタ/働き方改革について:https://partners.en-japan.com/enquetereport/old/122/

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

IMG_004

卒業生インタビュー

2019.08.20

【卒業生の声:渡邉さん】宮城の大学とプログラマカレッジへ通学を両立!限られた時間を有効活用し、希望するWEB系の会社へ内定。

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 某WEB系会社 プログラマカレッジ卒業生の渡邉さんにお話しをお伺いしました! 目次 新卒採用の切符を捨て、アイデアを形にできる仕事を目指す 質問が […]

続きを見る

DSC_3661

卒業生インタビュー

2019.08.16

【卒業生の声:前田さん】大学中退の未経験エンジニアが4社から内定獲得!初めての就活を成功させた秘訣とは?

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 株式会社リヴァンプ プログラマカレッジ卒業生のマエダさん(23歳)にお話しをお伺いしました! 目次 勉強に興味が持てなくて大学中退 就職できるか不 […]

続きを見る

DSC_0077

卒業生インタビュー

2019.08.08

【卒業生の声:オチアイさん】高校教師からプログラマーへ転身!最初の2ヶ月は理解に苦しむ日々。楽しめるまでに至った秘訣とは?

受講スクール プログラマカレッジ 受講期間 3ヶ月間 料金 無料 就職先 プライムソリューションズ株式会社 プログラマカレッジ卒業生のオチアイさんにお話しをお伺いしました! 目次 大学院卒業後は高校教師に そこから思い切 […]

続きを見る

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.