ITコラム

Column_main18165

プログラマハック

2019.08.15

大卒フリーターの就職は早いほうがいい!就職するためのポイントとは?

今回は、大卒フリーターの方が早めに就職するための、ポイントについてご紹介します。
近年、様々な理由で、大卒後フリーターになる人は少なくありません。「なんとなく、やりたい仕事がある」、「そろそろ就職したい」、「そろそろフリーターはやばいかな」と感じている方は、この機会に、自信をもって就活をはじめてみませんか?

最終更新日:2019年9月3日

目次

1.大卒フリーターとは
1-1.大卒フリーターとなる理由
1-2.大卒フリーターの人口・割合
1-3.大卒フリーターの転職希望率・就職率
2.大卒フリーターが就職する際に大切なこと
2-1.就職は1日でも早いほうがいい!
2-2.企業選び・職種選びが重要!
2-3.就職エージェントを活用しよう!
3.まとめ

1.大卒フリーターとは

大卒フリーターとは、大学卒業後、様々な理由で、正社員とならず、働いている社会人の方です。


上記のグラフは、平成29年度の「大卒の正規雇用と非正規雇用の割合」となります。
大学卒業者の占める就職者の割合は76.1%、このうち、正規雇用は72.9%となっています。
つまり、大学卒業後、非正規雇用で就業している人は3.2%ということになります。
ここで、大卒フリーターの実情についてご紹介します。

1-1.大卒フリーターとなる理由

大学を卒業した後に、フリーターになった理由とはどういったものがあるのでしょうか?
大卒フリーターになる原因として、大きく4つの理由があると考えられます。
【大卒フリーターとなる理由】

1:就活せずに、フリーター
2:就活するも、内定が決まらず、フリーター
3:一度は、就職するも職場や仕事になじめず、フリーター
4:弁護士など資格試験や夢を目指して、フリーター

上記の、(1)(4)以外の大卒フリーターは、自分が希望してフリーターとなったわけではありません。


上記は、フリーターの期間別就職率となります。フリーター期間が長くなるほど、就職が難しくなることがわかります。
②の「就活するも、内定が決まらず、フリーター」と③の「一度は、就職するも職場や仕事になじめず、フリーター」の方は、「自分に合った仕事があれば就職したい」と考えている大卒フリーターです。
希望してフリーターになったわけではない場合は、早めに就職活動をすることを、検討してみるものいいかもしれません。では、前述したような理由で、大卒フリーターとなった人は、どれくらいいるのでしょうか?

1-2.大卒フリーターの人口・割合




上記のグラフは、平成24年度の男女別の大卒フリーターの人口と割合となります。
大卒フリーターは、男性が、5.8%、女性が9.6%となります。
つまり、男性は17人に1人が、女性は10人に1人が大卒フリーターということになります。
ご覧のように、大卒フリーターは少なくありません。
では、大卒フリーターは、就職を希望すれば、希望の仕事に就くことができるのでしょうか?

1-3.大卒フリーターの転職希望率・就職率

上記のグラフは、学歴別のフリーターの転職希望率と就職率となります。

転職希望率
高卒
短大卒
大卒
男性
37.9% 38.6% 43.0%
女性
25.1% 25.7% 32.3%

就職率
高卒
短大卒
大卒
男性
23.5% 20.5% 31.5%
女性
8.7% 10.6% 15.1%


男女別/学歴別の就職率をみると、大卒フリーターが圧倒的に優遇されていることがわかります。
例えば、大卒フリーターの男性は、就職を希望すれば、約10人中7人が就職できるということになります。

では、大卒フリーターが就職しようと思ったとき、どういったことが重要となるのでしょうか?
次章では、大卒フリーターが就職を成功させるためのポイントについてご紹介します。

【参考サイト】

文部科学省/平成29年度学校基本調査(確定値)の公表:
https://programmercollege.jp/wp/wp-content/uploads/2019/08/1388639_1-2.pdf
総務省統計局/「平成24年就業構造基本調査」:
https://www.stat.go.jp/data/shugyou/2012/index.html
労働政策研究・研修機構(JILPT):
https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2014/documents/0144_03.pdf

▲目次へ戻る

2.大卒フリーターが就職する際に大切なこと

前章では、大卒フリーターになる理由、フリーターの就職希望率や実際の就職率など紹介しました。
では、大卒フリーターが実際に、就職活動する際に重要となることはどういったことでしょうか?

【大卒フリーターの就活の重要ポイント】

1:就職は1日でも早いほうがいい
2:就職する際の、企業選び・職種選びが重要
3:自分の適性に合った求人にエントリーする

2-1.就職は1日でも早いほうがいい!



上記は、フリーターの年齢別の就職率になります。20代のうちは就職率が、20%前後であるのに対して、30歳を境に13.0%と就職率は激減します。また、前章で紹介した「フリーターの期間別就職率」をみても、フリーターを3年以上続けると、就職率は50%以下となります。
大学卒業後、希望してフリーターとなった方以外は、是非、1日も早い就職活動が成功のカギとなります。

2-2.企業選び・職種選びが重要!


【今後、成長が期待される業界】

1:IT業界
2:インターネット広告業界
3:モバイル業界
4:医療・介護業界
5:建築業界
6:人材派遣業界
7:観光業界
8:エンタメ業界

【今後、成長が期待される業種】

1:ITエンジニア
2:データサイエンティスト
3:看護師・介護士
4:弁護士
5:教師
6:心理カウンセラー
7:農家・漁師

上記は、「今後、成長が期待される業界」、「今後、成長が期待される業種」となります。
せっかく、就活して内定をもらっても、企業の業績不振で減給になったり、最悪の事態として、早期退職を余儀なくされた場合は、努力が無駄となってしまいます。
業界自体が成長している場合、新しい人材の確保が必須となります。そのため、若手でも年齢のわりに、早く高度なスキルをみにつけることのできる可能性が多くあります。
また、成長企業、成長業種の最大のメリットとして、成功体験を積みやすい傾向にあるということがいえます。
成長企業は景気が良いため、当然のように、企業のサービス・プロダクト(商品をどのようにして提供するか?)の需要が高く、売り上げをあげることが比較的容易となります。

是非、就活する際は、今後の成長業界、成長業種を自分で、吟味・選定して応募してみてください。

※大卒フリーターが就活する際に、未経験でチャレンジしやすい仕事については、以下の記事をご参照下さい。
【2019年版】大卒フリーターから正社員へ!チャレンジしやすい仕事と種類

2-3.就職エージェントを活用しよう!

就活する際に、まず初めに取り組むべきことに「自己分析」があるといわれています。
「自己分析」とは、簡単にいうと、過去を振り返り、自分がどういう人間なのか?を知り、客観的に、それを言葉や文字で表現することです。「自己分析」することで、自分の長所、やりたいことのイメージが湧きやすくなり、自分の適職がイメージしやすくなるからです。しかし、「自己分析=自分を客観的に理解する」ことは、案外難しいことです。そんな時、適職診断をしてくれる、フリーターに特化した就職エージェントを利用すると、就活がスムーズにいきます。
では、フリーターに特化した、就職エージェントとはどういった特徴があるのでしょうか?
【フリーター特化型就職エージェントの特徴】

・若年者・未経験者に特化した転職エージェントである。
・掲載求人が、フリーターでも応募可能案件である。
・面接対策・書類添削、面接のスケジュール調整などサポートを全て無料で受けられる。
◎充実 〇普通 △不十分
就職エージェント
求人サイト
内定までのサポート
手軽さ
求人数
就職成功率
希望企業への応募
地方の求人数

上記は、就職活動する際に、転職エージェントとWeb上の求人サイトを利用した際の比較表となります。
転職エージェントは、登録までに手間がかかります。また求人数は、求人サイトに比べ劣ります。
しかし、登録~内定までの、サポート体制、就職成功率は、求人サイトよりすぐれているといえます。
求人サイトは、扱う全体の求人数、地方の求人数が豊富にあります。また、希望企業への応募が、応募条件を満たせば応募可能となります。
自分がやりたいことがイメージが湧かない、早く就職したい!といった場合は、転職エージェントを、是非、活用してみてください!

【参考サイト】

労働政策研究・研修機構(JILPT):
https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2014/documents/0144_03.pdf

▲目次へ戻る

3.まとめ

今回は、大卒フリーターが、早めに就職するためのポイントについて、紹介しました。
今後は、正社員でも時間や、場所に捉われない多様な働き方が増えてくるかもしれません。
社会人にとって、働く時間は1日の大半を占めます。働くことは、楽しいことばかりではありません。しかし、「やりたいこと、すきなこと」を仕事にする、「プライベートの時間は、趣味や、好きなことに費やす」という、オンオフの切り替えがうまくできれば、人生は楽しいものになっていくのではないでしょうか?
是非、この機会に、新しい人生の第一歩を踏み出してみませんか?

▲目次へ戻る

SHARE

最新記事

無料相談する

INTERNOUS,inc. All rights reserved.